熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年もやります!「北海道の鉄道 過去、現在、未来」 | main | カレンダー「オホーツク鉄道ガイド2019」 >>

写真展「33年前―岩内線最後の日」今月28日まで開催中

岩内町の木田金次郎美術館にて、写真展「33年前―岩内線最後の日」が開催されています(今月28日まで)。

以下、チラシから引用:
《1985(昭和60)年6月30日、国鉄岩内線が最後の日を迎えました。(中略)この最後の日を、全線にわたって写真に収めた人がいます。岩内町大浜在住の目黒伸廣さん。SL(蒸気機関車)が走る頃から、自宅の側を通る岩内線の姿に目を向け、記録してきました。この展覧会では、目黒伸廣さんが岩内駅をはじめ沿線各駅で撮影した「岩内線最後の日」の写真を、関係資料とあわせて紹介します。岩内の歴史とともに歩み、産業や人々を支えてきた鉄路の最後の姿を見に集まった人たちの姿を、岩内駅の跡地に建つ木田金次郎美術館でご覧いただきます。》

【日時】2018年9月29日(土)〜10月28日(日)10時〜18時(入場は17時30分まで)月曜休館
【主催】木田金次郎美術館(岩内町教育委員会・NPO法人岩内美術振興協会)
【協力】北海道鉄道観光資源研究会

入場無料。

木田金次郎美術館は、道の駅いわない・岩内バスターミナルから徒歩1分です。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195916
この記事に対するトラックバック