熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< さらにもうすぐ北海道マラソン | main | 礼文町郷土資料館 特別展示会 >>

強くなったんだねぇ…

つくづく、そう思うわけです。



試合が始まる前は、引き分けで十分だと思ってました。優勝を目指しているわけでもなし、相手との力関係を考えたら、引き分けだって上出来です。いざ、試合が始まってみたら、川崎のときほどの差は感じないものの、東京はやっぱり強くて、しかも前半で0−2になってしまえば、勝つなんて、思いませんよ。

すみませんでした!

せいぜい、途中で1点返して、アディショナルタイムに都倉決めてくれ〜みたいな展開になればいいだろうなあ、ぐらいしか想像できなかった、自分の「信じる力」の弱さを、反省しています。お利口さんを演じようとしていたことが、とても、恥ずかしい。

たしかに、このところ、勝ち点は伸ばせていなかった。けれども、柏やガンバが、コンサドーレを相手にして引いて守っていた。コンサドーレは、長崎や吹田のアウェーでは、猛暑の中でもアディショナルタイムに得点して勝ち点を奪っている。ぼくらの知っているコンサドーレとは、相手チームとの関係が、まるで、立場が、逆になっている。でも、まだ、それが、実感できなかった。

思えば、Jリーグが2部制になった最初のシーズン(そこまで話を遡るか(^^;))、J2で上位と目されていたのは東京、川崎、札幌の3チームで、しかし川崎と札幌は序盤でつまずいて、でも川崎は早期の監督交代で持ち直して、というのが、1999年、今から19年も前のこと。その3チームが、いま、J1で上位で戦っている、というだけでも、十分に感慨深いのに、コンサドーレは、0−2の試合をも引っくり返してしまった!

今季のホームゲームは残り6試合。ぼくが行けるのは、そのうち3試合だけ。この数年、シーズンチケットを買っているのは損なんじゃないかと思うこともあるのですが(今シーズンもそうです)、それでも、来季も、シーズンチケットを買うのでしょう。もう、今からそういう話をしてもいいぐらいに、いまのコンサドーレには、夢があります。


 

北海道コンサドーレ札幌2018 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195849
この記事に対するトラックバック