熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 木彫 仁吉展 札幌三越で火曜日から | main | 釧路湿原の宿題 >>

釧路湿原マラソン2018

思えば、ぼくが子供の頃は、市民マラソンといえば青梅マラソンで、青梅マラソンはマラソンといいながら42.195kmではなく30kmで現在も開催が続いているのですが、昨日ぼくが参加した釧路湿原マラソンも30kmの大会です。

今回は、睡眠不足に練習不足に体重オーバーという三重苦の中で(体重オーバーというのはスタートしてしばらくしてから気づいたのですが)、「最後まで同じペースで走る」「ゴール後にダメージを残さない」という二つの課題をクリアすることがテーマでした…が…



20kmまでかなり抑えて走ったのに、そこから先はペースが上がるどころか歩いちゃって、そのうちに、まあいいや、制限時間の3時間40分以内にゴールすればいいやってことになっちゃった。せめて、もうちょっとがんばって、3時間30分は切っておかないといかんよ。

多少の言い訳をすれば、とにかく暑かった。スタート直前、「現在の湿度は100%です、水分補給をしっかりと、自分のペースで無理しないように」との案内があり、それでも気温がふだんの釧路並みに低ければまだマシですが、気温もぐんぐん上がり、おまけに最初は曇っていたのが途中で強い日差しが出てきて、おかげで日焼け止め塗らなかったわたしゃ大変なことになってますよ。5月の黒部でくっきりと彩られた、太ももからショートソックスの上までだけが色が違う状態は、ようやく消えつつあったのが、また戻ってしまっただよ。

ゴールした後、大阪から来たという方とお話したら「こんなに暑いとは思ってなかった」と言ってたから、やっぱり、暑かったのでしょう。

それと、釧路資源を横断する道路は、眺めはいいんですけど、人家がないから沿道の応援がほとんどなくて(ときどきいる学生のボランティアが声かけてくれるのがありがたい)、それもまた、張り合いがなくて、まあいいや歩いちゃっても、となってしまった理由の一つです。まあ、でも、基本的には、敗因は、暑かったことです(敗因って、べつに誰かに負けたわけじゃないんだけど)。

もう一つの課題であったゴール後のダメージのほうは、さほど、ないです(それは途中から歩いて3時間30分以上もかかった=全力を出し切っていない=ことの裏返しなんですけど)。なにしろ、ゴール後、シャトルバスで釧路駅に戻ってから、釧網本線の普通列車で釧路湿原駅まで行って、そこから細岡展望台まで上がったぐらいだ(むかしむかしのぼくのホステラー時代は「細岡大観望」と言われていたような気がするけど、それはもう相当な昔話ですね)。



釧路湿原駅からの帰りは、ノロッコ号の自由席に乗りました。ノロッコ号なんてひさしく乗ったことなかったのに、今年だけでもう3回目です(釧路にもここんとこなんだかんだで毎月行ってます)。

釧路湿原駅で見かけたキタキツネ(この時期は痩せてて貧相)。



すぐそこにいるのに、みなさん、気がつかないものなんですね。旅行者の方々に教えてあげたら、喜んでもらえました。キタキツネやエゾシカは(近年だとタンチョウも)そこらじゅうにいくらでもいる、という感覚が、北海道外にお住まいの方には、ないのでしょうね(そりゃないか)。

というような話を書いてしまうのも、釧路湿原マラソンの結果が不本意だったから(制限時間内で完走認定とはいえ3時間30分オーバーはさすがにダメだろ〜)。でも、これだけ自分のコンディションがよくない中で、ダメージを残さずに走れたのだからよかった、ということにしておきます。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195821
この記事に対するトラックバック