熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お祭り のち 日常 | main | 快速しれとこ摩周号 >>

みんなの北海道マラソン2018

UHB(北海道文化放送)で毎週水曜日21時54分から放送中です。



現在、毎回欠かさず録画しているテレビ番組は、この「みんなの北海道マラソン2018」と、金曜日の「コンサにアシスト」(TVhテレビ北海道)だけです。デジタル番組表+HDDになって録画が手軽になった分、録画しても見ないケースも増えましたが、このミニ番組二つは、翌朝までには見てます(本筋から外れますけど、あと10年ぐらいしたら、録画して見るという視聴スタイルそのものが古いものになっているのかも…ついこの間まで先進的だと思えたオンデマンド的なものがいまや普通になりつつあり、テレビタレントならぬユーチューバーなる存在まで出てきているわけですから)。

あらためて、第1回の放送を見直してみました。



北海道マラソンのスタート直前、テレビ塔の時計がカウントダウンに変わるのですが、これは、ぼくのようなランナーは、見ることができません。

去年のプログラム


AとBのブロックなら、確実に、見えます。Cはたぶん見えない。Dは見えそうだけどブロックの前のほうにいないと見えないかもしれない。



上の写真でいうと、手前の横のところが駅前通(左端がスタートライン)で、そこに並んでいるのがAブロックとBブロック。Cブロックは交差点の後ろ側(写真でいうと右側)で、テレビ塔はこの写真のさらに手前にあるから、Cブロックからはビルに遮られてしまいます。Dブロックは、上の写真でいうとタテのところだから、テレビ塔は見えそうなのですが、大通公園側の街路樹が視界を遮るため、後ろのほうだと意外に見えないと思われます。

ぼくは(ブロック分けの考え方が去年と同じだったとしたら)今年はEブロックのはず。上の写真にかろうじて含まれるかどうかの場所なので、たぶん、テレビ塔のカウントダウンは、街路樹で見えないです。音だけ聞いて、一緒にカウントダウンを叫んで、しばらく足踏みって感じになるんだろうな。

来週の木曜日、ちょうど1ヶ月前にあたる26日には、北海道新聞の紙面にどーんと北海道マラソンの特集が載って(交通規制にご協力くださいという趣旨もあります)、参加申込者の手元にはプログラムが届くはずです。

みなさん、がんばりましょう!

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195806
この記事に対するトラックバック