熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< みんなの北海道マラソン2018 | main | 鉄道ダイヤ情報 最新号は北海道特集 >>

快速しれとこ摩周号



先日のブログに載せたのは、釧網本線の快速列車「しれとこ摩周号」の写真です。今年の3月のダイヤ改正で、それまでの快速「しれとこ」が「しれとこ摩周号」と名前を変えました。



上の写真の釧路駅の出発案内の表記は「快速しれとこ摩周号」、時刻表でも「快速しれとこ摩周号」だったから、「号」も愛称の一部になっていて「SL冬の湿原号」のごとくヘッドマークにも「号」の文字が入っているのだろうと思っていたのですが、先日、釧路駅で見たヘッドマークは「しれとこ摩周」だけでした(もっとも「流氷物語号」だってヘッドマークは「流氷物語」だけだと、後から気づいたのですが)。



描かれているのは、摩周湖、オジロワシ、神の子池。知る人ぞ知る秘境的スポットだった神の子池がこんなメジャーな存在になるとは、往時を知る者としては、感慨深いものがあります。あらためて、道東の奥深さを感じます。

今でこそ、ぼくのホームグラウンドは礼文島、みたいになってますけど、原点は、網走〜釧路〜根室界隈です。北海道ワイド周遊券があって、今よりももっと本数の多い釧網本線と根室本線(まだ「花咲線」ではなかった)があったから、ぼくはこのエリアを列車で行ったりきたりして、そのたびに北海道が好きになっていって、いま、北海道に住んでいる。だから、この列車は、とても気になる存在なのです。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195798
この記事に対するトラックバック