熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 丸瀬布の焼印押し | main | 函館マラソン(ぎりぎり)攻略法 >>

七飯町天狗堂宝船の「エネもち」

北海道風きびだんご(と思うのはぼくが道外出身だからで北海道の人にとっては単なる「きびだんご」)でおなじみの天狗堂宝船さん(七飯町)の「Enemoti(恵根餅、えねもち、エネもち)」が、6月22日(金)の北海道新聞の記事で紹介されてました。

新聞記事

「来月、函館マラソンで提供」とありますが、それは函館マラソンの会場で配布される、ということではなく、すでに、ナンバーカード(ゼッケン)やプログラム(冊子)と一緒に、送られてきています。

実物とチラシ

補給食だからレース中またはスタート直前にお腹に入れるのがよいのでしょうが、開けてみたらとても食べづらかった、みたいな事態は避けたいので(大会当日はできるだけ不確定要素を減らしておきたい=余計なことにエネルギーを使いたくない)、もし当日に必要だと思えば前日の函館マラソンおもてなしフェスタの会場で買えばよかろうと(ホテルはスタート地点のすぐ近くにとったから今回は前日受付に参加記念品をもらいに行く予定)、昨日、ランニングの途中で、食べてみました。

これはいいです。

何がいって、まず、開けやすい。開けた後、食べやすい。口に入れても、ねばつかない。一口で食べるには大きすぎるのですが、簡単に噛み切れる。そして、おいしい(これ大事)。井村屋のスポーツようかんよりも食べやすいし、この袋の形状であれば、井村屋のスポーツようかんみたいにブチュッと出てきちゃうこともない。ただ、昨日はウェストポーチに入れていたからよかったけれど、これをポケットに入れていて、温度が上がった状態だったらどうなのかは、わからないです。

もっとも、井村屋のスポーツようかんは、一本100円だけど、この商品は(道新記事によると)1本270円だから、かなり、高い。そんなにたくさん買う(食べる)ものではないからといえばそれまでですけど、1本でもスポーツようかん約3本分は、割高感あります。商品としてはまったく違うんだけど(スポーツようかんみたいな「つるん」とした感じや、スポーツようかんを食べたときに感じる微かな塩加減は、この商品にはない)、用途は同じだからなあ。

でもね、これ、おいしいですよ。おいしいという理由だけで、「きびだんご」的感覚で買うには、それこそお値段がお高いんですけど、食べるものですから、おいしいことは、とても大事です。

 

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195779
この記事に対するトラックバック