熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 細やかな気配り | main | ながまれ缶クッキー >>

出来すぎの偶然

日差しは初夏なのに気温は冬。

青空と温度計 気温表示は12度

それでも昨日は日差しがあったから、まだ、よかった。日差しがないと、冷たい北風の威力も加わって、気温以上に寒くて、峠では雪が降ったというのもわかります…という感覚は、北海道の人でないと、わからんだろうなあ。

さすがにコート着るのはどうかなあと思ったけど、朝晩は寒いからコート着てる人けっこういたし、外国人観光客の中にはダウンジャケット着てた人もいました。部屋の中は暖房モード。

さすが北海道、ではなく、これは、北海道でも、本来はありえないことで、この時期の雪は、北海道内でもニュースになってたぐらいです。

そんな中、北海道新聞社の本社の1階で「標茶町×弟子屈町×鶴居村3町村合同物産展 食と観光おもてなしフェアin道新プラザDO-BOX」というイベントをやってまして(昨日と今日の2日間)、ちょっと様子を見に行って、行ったからには手ぶらで帰るわけにもいかないから、「摩周そば粉パン」と「川湯銘菓こぐま最中」を購入。

GWには道の駅で完売しました、というパンの広告
このパンはとても美味しかったです。おすすめ(でもすぐなくなっちゃうかも)

毎度ながら、札幌というのは狭い街でありまして、ビルの前で、某代表とばったりお会いして、「あ、ちょうどよかったですね」ってなことで、そのまま打ち合わせになだれ込む展開。

ホットコーヒー

今週は、なんとなく、ぼんやりモード。抱えていたあれこれがようやく片付いたり、グズグズしていた鼻と喉が正常化したり、で、端境期的な休暇的雰囲気(べつに休暇はとってないですけど)。鼻と喉が調子悪い+風が冷たくてとても寒い中ではランニングも怖くて、大会が目の前に迫ってきているのに休むっていうのはもっと怖くて、だけどやたら早寝してやたら長い時間寝て、それがここへ来て早く寝ると早く起きられるような体に戻ってきて、いよいよ、週末を挟んで、来週から新たな本格的始動かな。この美味しい珈琲は、新しいスタートの前の準備運動みたいなもの、かな。

ちょっと何言ってんのかわかんないですけど(自分ではわかってる)、ブログっていうのは、本音と建前が行ったり来たりするものですから(<この「本音と建前が行ったり来たり」という表現、気に入ってます〜また今後も使わせてもらうかも(^^))。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195771
この記事に対するトラックバック