熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「日本一過酷なファンラン」まで20日 | main | トロッコ「電車」 >>

鉄人、超人、普通の人

黒部名水マラソンに一緒に出たHクン(ぼくよりもずっと速い)は、ゴールした後、すっかり着替えてからわざわざ40キロ地点(生地中橋=日本初の旋回式可動橋)まで戻ってきてくれて、ぼくの応援をしてくれました。

橋を渡るランナーたち

中央の黄色いシャツのランナーの先に小さく見える白い四角(=Hクンが掲げているボード)に、ぼくの名前が書いてあります(といっても、この時点では、ぼくは彼の存在には気づいていなかった)。

Hクンは、自転車を新幹線に載せて(輪行して)きていて、ゴール地点から上の写真の場所までは、自転車での移動でした(そしてそこからしばらくぼくに並走してくれた)。ぼくがゴールした後には、その自転車で温泉へ行き、さらに新幹線の黒部宇奈月温泉駅まで自転車で移動してきてから(ぼくと合流して)新幹線で埼玉県の自宅へ帰った、のですが、マラソンのゴール地点から黒部宇奈月温泉駅までは6km以上もあって、しかも上り勾配なのです。ぼくは42.195kmを(彼よりもかなり遅く)走りきっただけで、もはや足を前に出すことすら億劫になっていたのに(だから当然ながら黒部宇奈月温泉駅まではバスに乗りました)、その間を自転車で移動するって、いったいどうなっているのか…

と思っていたら、その1週間後の利尻島一周マラソン(53.7km)に出た方からは「無事に完走して、翌日は利尻観光してきました」との報告が…53km以上を完走して、その翌日に離島観光って…まったく、みんなどうなっているのか…(ちなみにこの方は利尻島の前日は礼文島でフラワーマラソン(10km)にも出場しています<ぼくはそこでお会いしました)。

もっとすごいのはフルマラソンを2時間台で走る「サブスリー」を1年間で40回も達成した方がいること。いやはや…

でも、みんな最初は普通の人。自分でここまでだと思っちゃったら、そこが限界になっちゃう。それは、マラソンに限らず、どんなことでも、同じです。

ほどほど、なんてことは言わずに、がんばろう。
(そもそも、ぼくは、ほどほど、なんて、性に合わないわけで…(笑))
ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195765
この記事に対するトラックバック