熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 稚内走り | main | 2018年礼文の旅 2 >>

2018年礼文の旅 1

初めて礼文島を訪れてから今年で32年目になりますが(数えてないけどその間に100回ぐらい行っているんじゃないかと思う)、今回ほど観光客っぽい行動をしなかったのは初めてなんじゃないかと思うぐらいに、今回は何もしなかった(何もしなかったってのもへんですけど〜フラワーマラソンには参加してますから)。

最近の新千歳空港は、プロペラ機でも(バスで駐機場まで連れて行かれるのではなく)ボーディングブリッジから乗れます。

飛行機の入口

奥が天売島、手前は焼尻島。

海の上に島が二つ

海に浮かぶ利尻富士。手前は稚咲内漁港。

海に浮かぶ利尻富士、手前にサロベツ原野

遠くに稚内の市街地、その手前に宗谷本線の線路。この角度から見ると、線路は周氷河地形の谷間に敷かれていることがよくわかります。

宗谷丘陵と市街地

稚内空港。

青空の下の飛行機

以前はこんな写真を撮るのはマニアっぽい人だけだったのですが、最近はカメラ(スマホ)を向ける人だらけになりました。スマホとSNSツールの普及によって、写真を撮ることの意味は、大きく変わりました。

礼文島を訪れる際に札幌から稚内まで飛行機を使ったのは1995年の夏が初めてで、当時は午前中の稚内便は丘珠発でした。そのときも今回のような好天で、暑寒別岳に始まって雨竜沼湿原、天売・焼尻、サロベツ原野の海岸線、そして遠くに利尻富士(飛行機からだと留萌あたりから見えてくる)、最後はいかにも港町的な稚内と宗谷丘陵−という風景が素晴らしかったことは、いまだ強烈な記憶として残っています。

以前はこの飛行機を使うと稚内から礼文島行きの午前中の船に乗れたのですが、現行のダイヤでは、飛行機を使っても最終便の船にしか乗れません。最終便であれば鉄道や都市間バスでも十分に間に合うから、飛行機に高いお金を投じたところで時間的なメリットはあまりないのですが(乗っている時間が短いから身体的に楽というメリットはあります)、この素晴らしい風景が楽しみで、ときどき、飛行機を使っています。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195759
この記事に対するトラックバック