熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2018最北フラワーマラソン@礼文島 | main | 稚内走り >>

礼文島 最北フラワーマラソンのまとめ(2018年版)

来年の大会に出ようかなと思った方のために、まとめておきます。ちなみに、実施されるのは「3キロ」「5キロ」「10キロ」の3部門です(最長が10キロ)。時間制限はありません(今回、10キロの部の最後の方がゴールしたのは、スタートから80分後でした)。

(実施時期)
6月の第1土曜日、9時30分スタート。稚内を当日朝に出港するフェリーでも間に合いますが、参加費が無料でもあるので、できれば前日に礼文島に入って礼文島内で宿泊して、礼文島内でお金を使ってください。

(申し込み)
期日までに、役場に申込書を郵送します。申込締切は、これまでの例だと、概ね1カ月前。参加費は無料です。

(当日受付)
8時半から(実際にはもっと早い時刻から)フェリーターミナルのすぐそばの「ピスカ21」に行って、ゼッケンと、温泉の無料入浴券や観光パンフレットの入った袋をもらいます。大会には地元の小中学生が大勢出場するため、その親も含めてたくさんの人が「ピスカ21」に入っていくので、「ピスカ21」の場所は、すぐわかると思います。

(荷物預かり)
ありません。着替える場所はあります。荷物を置く場所もありますが、ノー管理です。貴重品など気になる場合は、フェリーターミナルのコインロッカーを使いましょう。

(スタートまでの流れ)
9時から開会式があります(今年の場合は9時20分ごろまで)。9時30分に、ピスカ21の裏からスタート。

(コース)
同じところを往復。ほとんどフラットですが、礼文島はいつも風の強いところなので、風の影響を受けます。今年の場合、気温が12度ぐらいで強風、なので、冬だと思ったほうがいいです。以前は10キロコースのみ折り返し地点の先に給水所があったのですが、今回はありませんでした。

(ゴール後の流れ)
10キロだと概ね40分〜1時間ぐらいで(=10時10分〜10時30分頃までには)ゴールすると思いますが、そこから表彰式までは、うだうだ待つしかありません(これはちょっと億劫かも)。今年は10時45分過ぎからゲストランナーの加納由理さんのトークショーがありました。

(表彰式)
11時からの予定でしたが、実際に始まったのは11時20分頃で、終わったのは11時40分頃。終了すると、「わかめごはん」「とろろ昆布汁」「おやき」「ホッケのちゃんちゃん焼き」「イカ焼き」「焼き鳥」のサービスがあります。ボリューム十分で、これだけ食べれば、お昼は不要です。

(終了後)
ピスカ21の目の前にある「礼文島温泉うすゆきの湯」(通常入浴料600円)に無料で入れます。「礼文島温泉うすゆきの湯」は、フラワーマラソンの日は、営業開始時刻を11時からに早めてくれます。フラワーマラソンの翌日は利尻島一周悠遊覧人Gに参加される方が多いかと思いますが、利尻島へ向かう船は13時25分発なので、表彰式終了後に30分かけてあれこれ食べても、1時間弱、温泉を楽しめます。

(利尻島へ行かない場合は)
礼文島にもう一泊して、礼文島で、もう少し、お金を使ってください。フラワーマラソンの開催される時期は、ちょうど、レブンアツモリソウが見頃です。フラワーマラソンは土曜日開催なので、もう1泊しても、日曜日にご自宅へ帰れます。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195757
この記事に対するトラックバック