熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3年目の「ながまれ海峡号」 | main | 長万部駅「特製もりそば」 >>

もはや貴重な車内販売

現在、北海道内の特急列車で恒常的に車内販売があるのは、スーパー北斗(函館〜札幌)の一部列車だけですが、来月からはさらに減って、スーパー北斗のうち3往復6本のみとなります。



最近いつも買うのは、コーヒーと北菓楼のバウムクーヘンのセット。400円。



窓側の席に座っていて通路側に知らない人がいるときは、車内販売に声をかけるのもちょっと躊躇したりするものですが、一昨日は、通路側には誰もいなかったので、長万部駅の「特製もりそば」を事前注文。



予約は不要なのではありますが、車内販売のワゴンが通りかかったときにお願いしておけば、長万部駅出発後に、席まで届けてもらえます。お願いしておかないと、車内販売のワゴンが自分の席に来るまでの間に売り切れちゃうかもしれないし、売り切れないにしてもいつ来るかわからないのを待ち続けるというのはめんどくさい。

この、お店の名前の入った袋は、嬉しい(マニア気質)。



昨日の帰りの列車では、アイスクリームを買いました。320円。



列車の旅は、太ります(笑)。
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195739
この記事に対するトラックバック