熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 電車のハンカチーフ | main | 残り40時間余 ぜひ最後のご支援を >>

青い電車のハンカチーフ

昨日のブログのタイトルは「路線のハンカチーフ」にすべきだったと、昨日の昼間、ぽかぽか陽気の札幌の街を歩いているときに、突然、気がつきました。

電車のハンカチーフならば、こちらでしょう。



お誕生日プレゼントにいただきました。こちらは、使うつもりで(まだ使ってないけど)、早々に封を切りました。タオル地のハンカチというのは、ランニングのときには使い勝手がよくて、だからといってこれを汗でぐちゃぐちゃにしちゃうのはもったいないような気もするんですけど、ハンカチは使われてこそ価値があると考えれば、これは自分的大舞台(何かの大会とか)で使うのがよいのかなあと考えたりもしてます(手の中に握りしめて想いを受け止める、的な)。

大会といえば、先週末は、だいぶ路面が乾いてきたように思えたので普通の(SNOW RIDEではない)ランニングシューズで外に出てみたのですが、思っていたよりまだまだ積雪があって、苦戦しました。滑るし、靴の中はびしょびしょになるし。

でも、それ以上に驚いたのは、たいした距離を走ってないのに翌朝に脚に痛みが来たこと。こういうことがあると「これじゃ大会に間に合わないんじゃないか」とビビってたと思うんですけど、昨シーズン(北海道は日本国内の他地域とはマラソンシーズンが逆)、それなりに大会に出たことで、夏までにはどうにかなるのだろうと思えるようになりました。経験が自信につながるというのはこういうことなんですねえ(ということをこの年齢になってからまだ学べるっていうのは嬉しいことです)。
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195700
この記事に対するトラックバック