熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 『2011年の棚橋弘至と中邑真輔』 | main | 時刻表を携えて >>

協力金は1万円

MacBook Airに釧網本線ステッカーを貼ってから初めての飛行機。

ステッカー付きのパソコンと「お客様のフレックス番号は1番です」と書かれた紙

手荷物検査でPCを出すときに気づいたんですが、ステッカーは、りんごマークの上に貼ればよかったかなあ。手に抱えるとき、ステッカー部分が手に触れるのが、なんとなく、気になる。

それはともかく、上の写真で手前にある「1番です」ってのは何かというと、「座席が不足しております、ご協力いただいた方には協力金として1万円を…」とのアナウンスにすぐ反応して申し出た結果です。これまでにも何度か申し出ようとしたことはあったのですが、いつも、カウンターに行くと受付終了になってたんですが、今回は(雪まつりで観光客ばっかりだったからなのか)誰もいなくて、受け付けてもらえました。

が、これが残っている、ということは、「座席の調整ができましたので」という、いつものパターンで、1万円はもらえずに、当初の予約便にそのまま乗った、ということでありますね。

裏面にはこんな注意書き。

当便は、ご予約されたお客様の数が座席数を上回り、座席の不足が予想されております…お待ち頂く際の注意点…

「座席の不足が発生せず、予約便に搭乗になった場合に、座席が変更となる場合がございます」と書いてありますが、そんなことはまったくなく、何事もなかったかのように、予定通りの便で、事前予約した席に座ったことでありました。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195650
この記事に対するトラックバック