熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 祝 2年目の流氷物語号 発進 | main | 幸福友人日 >>

ナイスラン!

《「やる気が出ない」ときの対処法 意欲というのは、必ずしも「この仕事や勉強をしたい」という明確な方向性を持って発生するものではないと思います。たとえば、サッカーの日本代表戦を観た後などに、劇的な勝利に興奮し、「何かがしたい」という気分になる。脳内にある種のエネルギーが発生しているのです。(中略)しかし、その発生を外的な刺激だけに頼るのはやめた方がいいと思います。》(築山節『脳と気持ちの整理術』)

そう言われても、外的な刺激がないと動けないほど意欲が失われてしまうこともあるわけで(とか言うと「あんたそれしょっちゅうだろっ!」とツッコミが入りそうな気もするけど)、この週末は、わりと、そんな感じだったわけですよ。だんだん日が長くなってきて、外も明るくなってきたから、もう大丈夫だろうと思ってたんだけど。

だからといってまるっきりノイローゼ的かというとそんなこともなくて、あ、そうだ、今日は別大マラソンだ、というのは、ちゃんと覚えていて、その時間になったら、テレビをつけているわけです(で、あんたそんなところでテレビなんか見てる場合じゃないでしょ…という囁きが頭の中の別の場所から聞こえてきたりもするんだけど)。



別府大分毎日マラソンですよ。伝統のレースですよ。まさか自分がマラソンやるなんて想像もつかなかったW高校鉄道研究部部長だった頃から、テレビで中継されていたレースです。最後のトラック勝負になりかけたところで、実況のアナウンサーが瀬古利彦とジュマ・イカンガーの名前を出したりする(「今の若者には何のことだかわかんないだろ!」とテレビに向かって突っ込んでしまった(笑))、そんなレースです。

そこに、F社時代の後輩(大手町から竹橋に異動になったとき一緒にタクシーに乗った仲)にしてランナーの先輩である某君が、出場しているのです。心やさしき彼は、ぼくが走り始めたばかりの頃、当時のぼくはいまの自分が見たら「そんな短い距離で何を騒いでるのさ」って思っちゃうようなレベルだったんだけど、そんなぼくに対しても、じつに的確な、というのは、具体的というわけではないのだけれど、けっして「上から目線」になることのない、モチベーションを失わせないアドバイスをくれていたのです。

彼はぼくより1つか2つ下なんですけど、別大マラソンに出られるぐらいのタイムを持ってるわけで、でも、日々の生活のすべてをマラソンに注力できるような暇な人かといえばそんなことはまったくなくて、通勤時間を含めた毎日の労働時間は確実にぼくよりも長いわけで、でも、フルマラソンのベストタイムは3時間10分台なのですよ。

それを考えたら、オレ、言い訳してる場合じゃないよね。

そりゃ、やりたくないことだってある。やりたくないけどやらなきゃいけない、あーやだやだ、やだやだと駄々をこねて、昼寝用シュラフにくるまったまま動かないオレは、何をしているのだ。

彼はもちろんテレビの画面には出てこないんですけど、いまはインターネットという便利なものがありまして、あの寒くて風の強い中、見事に自己ベストを更新して、3時間ヒトケタ分でゴールしたことを知りました。すごいよね。もうすぐ50歳だよ。しかも、時間を持て余している人ではなくて、ものすごく俗っぽい言い方をあえてすれば、東京のど真ん中の大企業で働くエリートサラリーマンだよ。

いろいろあるけど、まずは、いま目の前にあることを、ひとつずつ、片づけていくしかない。もういやだ、やりたくないと思ったら、そこでおしまいになっちゃう。明日のことなんか考えるな。新川通の上り坂で、ゴールが終わった後のことなんか、考えなかったでしょ。苦しくて苦しくて仕方なかったけれど、とにかく止まらずに足を前に進め続ければ、そのうちゴールにたどりつく。いま自分は32キロぐらいのところを走っていると思えばいい。あと1ヶ月がんばれば35キロを過ぎてゴールが見えてきて、さらにもう少しがんばれば40キロ。そこまで行けば、もう、確実に、ゴールできる。ゴールすれば、その先には、また、違う世界が見えてくる。

走ってる人たちがよく使う「ナイスラン!」という言葉が、ぼくは、これまで、恥ずかしくて使えなかったんですけど、今回、初めて、彼のフェイスブックに「ナイスラン!」と書き込みました。

(お好きな方への参考情報)
函館マラソン(7月1日)のエントリー開始は2月19日21時から
北海道マラソン(8月26日)のエントリー開始は3月4日18時から
どちらも先着順。すぐに埋まることはないと思います。むしろ大変なのは宿の予約のほうかもしれません。北海道マラソン前日の東横インの会員予約開始は2月25日日曜日(東京マラソンの日)です。ちなみにぼくは6月30日は千代台まで歩いていけないこともない場所の宿を確保済です(実際には歩いていくことはないと思いますけど)。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195644
この記事に対するトラックバック