熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フリーきっぷの魔力 | main | 特急北斗の展望席 >>

『矜持 すべてはラグビーのために』

しばらく積ん読になってた本です。



ふと思い立って、読みはじめたら(意外にも)おもしろかった。吉田義人という人は、ビジネスマンとしても、優秀な人なんですね。

《二〇〇〇年三月。伊勢丹に辞表を出した。…(略)…勝負をかけないやつに女神は微笑まない。保険をかけるようなやつには、火事場のばか力は出ない。》(p.214)

このくだり、軽く、感動してしまいました。

ぼくは清宮克幸(いま話題の清宮選手の父)の大学の同級生で(といっても別に面識はないですけど)、ひとつ下が堀越や今泉で、つまり、吉田も、ひとつ下です。Wの立場からすれば憎っくき敵なんですけど、吉田は、そんなもん関係ないぐらいの、あの時代のスーパースターでした。大学選手権決勝での、赤黒の選手を引きずりながらのローリングトライもすごかったし、その後の世界選抜でのガスコットのパントをインゴールでダイビングキャッチしたファンタスティックトライもすごかった。

そんな話は、ぼくが語るまでもないですわね。もっと、語るにふさわしい人はたくさんいるでしょう。最近すっかりラグビー見なくなっちゃったけど、こうやって書いていると、ラグビーたくさん見ていた頃のことが思い出されて、いろんなことを語りたくなってきてしまいます。

すっかり見なくなっちゃったのは、札幌に引っ越してきて観戦の機会が激減してしまったこともあるんだけど、1990年代の半ば以降の日本代表(というよりも「ジャパン」という表現のほうがぼくはしっくりくるんですけど)の迷走で興味が失われちゃったことも影響していると思います。

この本の中にも、こんな一節があります。

《一九九五年の日本代表やワールドカップについては、これまで多くを語ってこなかった。余計な誤解を招きたくなかったし、私の中では終わったことだから、ということにしてきた。しかし、自分のラグビー史を振り返るとき、避けて通るわけにはいかない。》(p.186)

あれから、もう20年以上も経ったんですねえ。
 

読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195628
この記事に対するトラックバック