熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 釧路市立博物館企画展「映像でよみがえる簡易軌道と道東開拓のあゆみ」 | main | 本日最終日 >>

フレーム切手「オホーツク流氷ライン 釧網本線」

北海道内各地の郵便局で発売中。
1シート1,300円で、1,000セット限定である由。

フレーム切手「オホーツク流氷ライン 釧網本線」

10枚綴の切手部分には、写真集「オホーツク流氷ライン」で使われているのと同じものがある一方、昨シーズンから走り始めた流氷物語号の写真もあるのが素晴らしい(失われたものを懐かしむだけでなく今あるものを大事に育てようという姿勢!)。上半分の切手じゃない部分に使われている写真(背景は流氷で埋め尽くされたオホーツク海)で走っているのが普通の(日常的列車である)キハ40であることもいいし、そこに添えられたサボ風のバナーの下に「マイレール釧網本線」の文字が入っているのも、とてもいいです。

ところで、この切手シート(正式には「オリジナルフレーム切手」と言うらしい)の販売箇所は、北海道内各地の、といっても、すべての郵便局ではないようで、札幌市内某所の郵便局に行って「釧網本線の切手シートありますか」と尋ねたら「?」な顔をされてしまい、ややしばらく待たされてから(<この場合の「ややしばらく」は北海道的言葉遣いかも)、札幌では都心部の限られた郵便局だけで扱っていることが判明し、大通の4丁目で入手しました(ここでは尋ねるまでもなく、入口に並んでました)。

1,000セット限定だそうなので、ぜひ、お早めに、お買い求めください。
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195618
この記事に対するトラックバック