熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< iPhoneで撮った富士山と樽前山 | main | 釧路市立博物館企画展「映像でよみがえる簡易軌道と道東開拓のあゆみ」 >>

おせちはないけどカレーだね

毎年同じようなこと言ってますけど、冬至を過ぎたからといって朝が早くなるわけではなく、昨年12月22日の冬至の日の札幌の日の出の時刻は7時03分だったのに対し、今年の元日は7時06分と、夜が明ける時刻は、年が明けてからのほうが、むしろ、遅いのです。

それがようやく反転するのがこの時期で、分単位でいうと、昨年12月29日から今年の1月8日までの11日間は日の出の時刻は7時06分、それが9日から7時05分になって、さらに4日後の13日には7時04分になって、その2日後の15日には7時03分になる…といった具合に、ここから、ようやく、だんだんと、朝が早くなっていくのです。

本来は朝が得意のはずのぼくは、朝の訪れが遅いこの時期が苦手で、といっても、それほどはっきりとした苦手意識を抱いていたつもりはなかったのですが、フェイスブックが「◯年前のこの日」というのを出してくれるおかげで、どうやら、ほとんど毎年、1月の上旬は心身のバランスがよくないらしいということに気づいたのでした。

逆にいうと、ここから先は、朝が早くなるにしたがって、調子がよくなってくるはずです(そういえば去年ははっきりとそうだった)。調子がいいとか悪いとかいうのは気の持ちようだとも思うんですけど、それでもどうにもならないぐらいにメンタルに来るのがこの時期、ってことなんですかねえ。

ま、カレー食って、元気出しましょう。

いすみ鉄道のキハカレー
(川越線育ちのぼくにはこの手前のがいちばん懐かしい)
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195616
この記事に対するトラックバック