熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新年地元初詣 | main | 「キハ183系 安平で保存を」 >>

『「ななつ星」「四季島」「瑞風」ぜんぶ乗ってきた!豪華クルーズトレイン完全乗り比べ』

本の表紙

あっしには関わりのねえことでござんす…と言いたくなるようなテーマなのですが、読みはじめたら、どんどん乗りたい気持ちが強くなってきて、読み終えた今は、いつか乗ってやるぞという気持ちに変わりました。

著者の中嶋茂夫さんとは二度ほどお会いしたことがあります。最初にお会いした夜は、同年代ということもあって、高校生の頃に北海道ワイド周遊券で北海道をまわって、という話で、大いに楽しませていただきました。

そんな中嶋さんの本ですから、豪華クルーズトレインにぜんぶ乗ってきたといっても、目線はあくまでもレールファン、『時刻表2万キロ』を愛読していた鉄道少年なのです。この本の中で、どうやれば乗れるのか、乗るためのお金はどうするのか(どう考えるのか)を語る中嶋さんは、小遣いやらバイトやらで鉄道旅行の資金を工面した少年の大人版って感じ。そして、序盤では、「豪華列車なんかいらない、普通の夜行列車、寝台列車がほしい」といった世間の(鉄道ファンの)声に、かなり真摯に(頼まれてもいないのに)答えています。そのうえで、ご自身の体験から、クルーズトレインにはかつての鉄道旅行のよさが詰め込まれていること、これが現代の日本の鉄道旅行を楽しめる最高の形であることが、とてもわかりやすく、説得力のある文章で綴られています。

そういう意味でも、これは、(幼少の頃からの鉄道ファンである)中嶋さんにしか書けない本。ありきたりの(といっては申し訳ないのですが)ガイド本とは違います。多くの(とりわけ「自分には豪華列車なんて縁がない」「豪華列車には興味がない」と思っているような鉄道ファンの)方に読んでいただきたい本です。

読み終えてみて、乗ってみたい!と思うとともに、やっぱり、北海道にも、こういうのを走らせたいなあと思いました。だから、もっともっと、がんばって、働きます。
 

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195612
この記事に対するトラックバック