熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 三度目の新函館北斗駅 | main | 蟹田駅の栄枯盛衰 >>

初めての奥津軽いまべつ駅



奥津軽いまべつ駅は青森県内の駅ですが北海道新幹線の駅なのでJR北海道の駅です。だから、JR北海道の「わがまちご当地入場券」も売ってます。「わがまちご当地入場券」が北海道外で販売されている唯一の駅でもあります。

在来線(JR東日本の津軽線)の津軽二股駅が隣接していますが、別の駅です。新岩国に対する御庄みたいなものです、が、御庄と新岩国よりも、お互いの位置は、近いです。近いですというか、ほとんど同じ駅です。



上の写真の左側が新幹線のホームで、中央に見えるのが連絡通路で、その右側にそびえ立つのが奥津軽いまべつ駅の駅舎です。奥津軽いまべつ駅の入口は、ここにしかありません。そこが御庄と違うところで、奥津軽いまべつ駅の(1ヶ所しかない)入口と、津軽二股駅の入口は、ほとんど、並んでいるのです。

津軽二股駅の入口、といっても、看板が立っているだけです。



上の写真の左手前には、道の駅があるのですが、朝早かったので、まだ営業しておらず、この時間帯だと、この界隈で飲食物を購入できる唯一の場所は、奥津軽いまべつ駅の改札前にある自動販売機だけです。



下の写真で、左下にあるのが津軽二股駅(ホームが見えます)。



反対方向は、まるで鉄道模型のレイアウトのようです。



右のカーブしている単線の線路が津軽線。道の駅が営業しておらず、外は雨も降っていて、どこへも行きようのない状況だったのですが、こういうのを見ていると、飽きません(^^;

ここでは駅も観光スポットの一つとして扱われています。



倉庫の入口みたいなトイレの入口。



中から見ると、こうなってます(中は暖房が入ってました)。



待合室には雑誌が(病院の待合室みたいだ(^^;))。




貨物列車はホームの外側を通過。





その他、こまごま紹介しませんが、通路にはいろんなパネルが張ってあったりして、なんとも不思議な、かつ、おもしろい駅でありました。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195554
この記事に対するトラックバック