熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サプライズ in 青森 | main | 初めての奥津軽いまべつ駅 >>

三度目の新函館北斗駅

先月の話の続き。



新函館北斗駅に初めて来たのは北海道新幹線開業日二度目は新千歳空港が大雪で閉鎖寸前だったとき。二度目のときは41°ガーデンのカフェ弁が買いたくてわざわざ乗り継ぎ時間をとったのに、列車で札幌から東京へ向かう人が溢れているという非常事態の日だったから「選べるカフェ弁」なのに選べなかったのですが、今回は、ゆっくり、選べました。



もっとも、ゆっくり選べるというのもへんな話で、スーパー北斗と新幹線の接続が悪いから、ここでゆっくりできるような時間ができてしまうわけで、それが本当にいいことなのかどうかは、なんとも言い難いところではあります(が、現状のダイヤがそうなっている以上、それを楽しめるような仕掛けを作っていく、というのも、大事なことでありますね)。

今回はほぼフルメニューが並んでいる状態で、そうなると、これはこれで、選ぶのが大変でありまして、せっかくだからサイドメニュー的なものを入れようかとか、サラダを入れようかとか、いろんなこと考えて(ぼくにしては珍しく)けっこう迷った末に、こんなチョイスになりました。



左側は2番の「炙りサーモンといくらSushi Bento」、右側は期間限定と書いてあった(ような気がする)ローストビーフとウニが入った「贅沢ダブルBento」。前回は、3つ選んだら量が多すぎて大変だったんで、今回は、2つにしておきました。

ご当地入場券は、みどりの窓口で売ってました。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195553
この記事に対するトラックバック