熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 不器用ですから | main | 札幌マラソン2017(続き) >>

札幌マラソン2017(ハーフ)

最後まで一度も歩かずにゴールできたのはよかった、のではありますが、ゴールタイムはネットタイムで2時間08分57秒。後半の後半のかなりの部分をとぼとぼと歩いていた士別ハーフマラソンより12秒も遅いのは、納得いかないよぉ〜

今回は、言い訳ばかりの毎日にさよならしたいね今日限り、と歌いたくなるぐらい、言い訳を羅列できます(してどうすんだよ!(^^;))。5週間前の北海道マラソンで完走できたことでモチベーションが上がらないことに加えて、急に寒くなったからか鼻水と喉の痛みがけっこうひどくて、やりたくない体育の授業なら風邪ひきましたと言って見学したいぐらいの状態でした。ランニングをしたのはちょうど1週間前、先週の日曜日が最後。おまけに直前のコンディション作りを間違えて、今朝はものすごく寝不足のまま起床。

走りはじめて、最初の2キロぐらいで、ああ、今日はダメだと思ってしまったのは、ダメなんですけど、足が重くて、ぜんぜん楽しくないんだもの、やっぱり、ダメですよ。もともとふわふわしていた目標がさらに霞んで(何を目標にすればよいのかわからなくなって)、それでも、15kmを1時間29分ちょっとで通過できたときは、残りをキロ6分で行けば士別のタイムは上回れる、そこを目指そうとは思ったのでありますよ。

記録をみると、17キロから急に失速しちゃってて、そこまではキロ6分前後で走れてたのに、17キロから20キロのところだけ、6分30〜35秒かかっちゃってるんだよなあ。20キロからの残りは5分55秒で走れているのだから、17キロから20キロを6分で走れていれば、全体では1分30秒縮められたはずで、そうすれば自己ベスト更新だったのにな〜

もっとも、このダメダメなコンディションで、15キロまでキロ6分ペースで走れたのは驚きで、11キロぐらいから豊平川の河川敷に入ってからは、おもしろいように抜けたんですよねえ。真駒内の公園内で応援してくれていた人が言うには、最後もわりとちゃんと走っていたらしいんで、もうちょっとだったんだけどなあ〜

記憶を紐解けば、札幌マラソンのハーフに出たいと思ったのは、一昨年、Kさんがフェイスブックに都心部を走っている写真を上げていたのを見たとき、でありまして、去年も申し込んでいたんですけど、いろいろあってDNSとなってしまい、今回、ようやく、走ることができました。

駅前通りの往復は、とても、楽しかったです。

すすきの交差点を走行中

北海道マラソンでは市電の軌道とコースの間に柵が立てられていましたが、今日は、仕切りは何もなし。ただし、軌道に入ると、沿道にいる係の方から「出てくださ〜い」と注意されます(交差点はレールを塞いでますがこの辺はいつもと同じままです)。

そんなわけで、今シーズンのマラソン大会出場は、これでおしまい。5ヶ月前までハーフも走ったことなかったのに、ハーフに3回、フルに1回出て、本当はこれに加えて礼文島のフラワーマラソン10kmがあったわけで(今年は大会が中止になってしまいました)、それがあれば、5ヶ月間、月に1回のペースで走っていたことになります。今日の会場で会った先輩ランナーに「すっかりランナーになりましたね」と言われまして、いやいやオレまだ初心者ですから…と思ってたんですけど、こうやって考えてみると、もう、初心者とか言わなくてもいいんだろうな。

今年は冬の間もそこそこちゃんとやって、来年に備えます(^^)
ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195490
この記事に対するトラックバック