熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< フラワーマラソンリベンジ | main | 僕について語るときにボクの語ること >>

常連さん

雨と風。それでも礼文島に観光に来たみなさんは雨具完全装備で山歩きに出かけるんですけど、われわれは、どうしていいのかわからず、宿に滞留しています。こんな雨と風の中、わざわざ歩きに行くこともないわけで。

われわれ、というのは、この時期になるとやってくる常連客であり、われわれ、といっても、基本的にはみんな個人だから別に一緒に示し合わせて何かをやるわけでもなく、この時期に来るのもなんとなく来るだけであってみんなで待ち合わせしているわけでもなんでもない。

宿泊客から「宿の方ではないんですか?常連さんですか?」と尋ねられるのは慣れているけれど、昨日は、ちょっと、答えに窮しました。若い女性から「かなり前からいらしてるんですか?10年ぐらいですか?」と問われて、そうか普通の人が想像する常連さんというのは10年ぐらいのことを言うのか、ここで30年って言ったらどうなるんだろう…と、一瞬、考えてしまったわけであります。

この宿がユース・ホステルから民宿になって、今年で20年だから、ユース時代を知っている人は、みんな、少なくとも、20年は来ているわけですよ。民宿になってから、ある程度の年齢になってから常連客になった人もいるけれど、若い多感な時期にたまたまここに泊まって、そのまま、いつの間にか、毎年来るようになっていて、毎年来てももうやることもないから、適当に遊びつつ、宿の手伝いしたりしてるんだけど、べつにバイト代もらってるわけでもなければ宿代をタダにしてもらってるわけでもなく、宿泊費は普通に払っているわけですよ。

それは、やっぱり、不思議なんだろうなあ。

「最初はどうして礼文島に来たんですか?」と聞かれて「その頃は北海道を旅行する若者はみんな利尻・礼文を訪れて、礼文では愛とロマンの8時間コースを歩くのが定番だったんですよ」と答えたら、これまた驚かれて、若者がこぞって離島を目指していたなんて、もう、いまの若い人たちには、想像もつかない世界なんですねえ。

目の前にある車に行くのすら億劫なほどの雨と風。せっかく来たのに…なんて考えてもつまんなくなるだけなので、これはこれで、何かのチャンスだと思って、受け入れたほうが気が楽です。

というわけで、今日は朝から子供たちの相手したりしてます(^^;

2階客室からの風景
 
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195433
この記事に対するトラックバック