熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 礼文島は文化のクロスロード(だったかもしれない) | main | あの島にかえりたい >>

サロベツの文字のない特急サロベツ

話には聞いていたけれど、実物を見て、これはないよな〜と思いました。

稚内駅停車中の特急サロベツ
車体側面にある「旭川行き」の文字

札幌〜稚内間を走っていた特急サロベツが、今年の3月から運転区間を旭川〜稚内間に短縮、は、まあ、仕方がないとしても、ヘッドマークから、「サロベツ」の文字が消えてしまったのは、とても残念です。

新しい(?)ヘッドマークは、特急スーパー宗谷あらため特急宗谷と共通です。

これは3月3日まで使用されていた特急スーパー宗谷のヘッドマーク。

スーパー宗谷のヘッドマーク

このマークの、上部の「SUPER SOYA」の文字を除いた(文字部分を青く塗りつぶした)のが、3月4日以降の特急宗谷並びに特急サロベツのヘッドマーク。札幌〜稚内間の特急サロベツを旭川止まりにしたのは、車輌の運用の都合であったわけで、サロベツと宗谷の車輌の形式を統一したからどちらでも使えるようにした、ってことなんでしょうけど、旭川〜網走間に新設された(というか札幌〜網走間の特急オホーツクを旭川〜網走間に短縮した)特急大雪では美しいヘッドマークが新たに用意されただけに、余計に、なんだかな〜と思ってしまいます。

昨年夏の特急サロベツ(稚内〜札幌間を乗り通したのはこのときが最後でした)。

絵入りヘッドマークの特急サロベツ

昨年の特急サロベツは、札幌方がスラントノーズでしたが、礼文島からの帰りにときどき使った特急サロベツのイメージは、やっぱり、こっちです。シートピッチが広くてコンセントも付いている専用車両。

そんなことを言っても、なくなったものはどうしようもないし、JR北海道にもいろいろ事情もあるのでしょうから、ぼくらができることは、乗ることだけです。

「頑張れ宗谷本線」のポスター、稚内の商店街には、あちこちに張ってありました。

ポスターが張られたお店のショーウィンドウ

線路のない礼文島にも、張ってありました。

頑張れ宗谷本線のポスターと、あつもん

 
旅と鉄道 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

初めまして。コメント失礼致します。
サロベツのヘッドマークには、私も驚きました。
ただこれは、ヘッドマークの構造上の問題です。設計当初は、スーパー宗谷以外の使用を考えていなかった為、マークを単純に嵌め込むだけになっている為に、あのような味気ない状態になっています。ですので、スーパーとかち用の車両よりも先にこちらの車両のヘッドマークLED化を進めて欲しいです。
まつ | 2017/06/10 5:04 PM
コメントありがとうございます。この車輌ではマークを変えられないことは承知していますが、従来のスーパー宗谷の文字を消しただけでは、まるでやる気がないように見えてしまうのが、ただただ、残念です。現場が大変なのもわかっているつもりですが、SOYA & SAROBETSU あるいは、SOYA LINE でもいいと思いますが、やっぱり、何らかの文字はほしいところです。
issei | 2017/06/10 7:49 PM
確かにやる気は感じられませんね。
大雪とは対照的ですね。
まつ | 2017/06/11 8:55 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195367
この記事に対するトラックバック