熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 網走から札幌に帰る | main | 本質を見失わない >>

記憶の修復

リラ冷えとはよく言ったもので、先々週は夏のような陽気だったのが、ここへ来て早春の寒さが戻ってきています。もう5月の半ばだからとコートは着ないで頑張ってますが、コートを着ててもべつに全然おかしくない。

昨夜は、寒さに加えて、冷たい雨もぽつぽつと落ちていたのでありますが、激安中華料理店で札幌ハウスYHの話が出てきたもので、それならすぐそこですよ、ってことで、ご案内させていただきました。

…目的語のない文を書いてしまいました。その辺の経緯は、記憶の崩壊|いすみ鉄道社長ブログをご覧ください。不肖私も、鉄道愛好家界の二大巨頭に挟まれている姿で登場しております。

上のリンク先ページの最後に、かつての網走駅の写真がありますが(中湧別行きは0番線=いまはありません=から出ていたんですねえ)、40年後の同じ場所は、こうなってます。



函館や釧路は自動改札、稚内は改札口というより通路みたいな形に変わった中で、いまや、長距離列車の終着駅で昔ながらのこうした改札口が残っているのは、網走駅だけです。キヨスクも旅行センターもなくなってしまったけれど、ここは、ぼくにとっては、小清水YH、あるいは美幌YHの記憶と結びついた、大事な場所です。

 
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195340
この記事に対するトラックバック