熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 次はフラワーマラソン | main | 「あしょろいちまい」 >>

今日の発券の発見

先月、札幌駅で《大雪》〜《ライラック》の乗継特急指定券(という区分があるわけではないのですが)を買ったら、1枚の指定券(網走→札幌)に《大雪》と《ライラック》の両方の座席が記載された券片が出てきた−という話はこのブログにも書きましたが、今日、えきねっとで予約(購入)済の同じ乗継特急指定券を引き取りに行ったら、今回は、《大雪》と《ライラック》が別々に出てきました。

指定券 網走→旭川、旭川→札幌の2枚

前回はRきっぷだったのに対し、今回は特急券のみの購入という違いはあるものの、「指定券」だけを発券しなければならないという条件は同じであるわけで、なぜこのような違いが生じるのか。前回は有人窓口(みどりの窓口)で購入したのに対し、今回はえきねっとで購入して札幌駅の発券機で受け取ったからなのか…と書いてはいるものの、だからどうしたってことではなくて、別にどっちでもいいんですけど、ただ、同じきっぷを買っているのに違う形態というのが、なんとなく、気になってるだけです。

どちらかの列車だけを変更する可能性を考えると、2枚に分かれていたほうがいいのかなと思いつつ、しかし、基本的にはどちらかだけを変更するということは考えにくいわけで、やっぱり、1枚になってるほうがいいな。紛失リスクも減るし。
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195331
この記事に対するトラックバック