熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< つれづれなるままに、夜行列車の話 | main | 網走から札幌に帰る >>

京都鉄道博物館の青いラーメン

昨年暮れに京都鉄道博物館で買ってきたインスタントラーメンがそろそろ賞味期限。

まずは500系新幹線バージョン。



パッケージの裏には、スープの色は青色になります、と書いてあります。



青というよりは、絵の具の筆を洗った後の水、みたいな色でありました。



パッケージの感じからして、かき氷のブルーハワイ的な色を想像していたのですが、正直、見た目、これはどうなんだと思うような、くすんだ色です。食べてみれば、普通に美味しい(塩ラーメン系の)普通のインスタントラーメンでありました。

トワイライトエクスプレスは緑スープ。




義経号は黒スープ。




真っ黒な粉末(スープの素)が石炭っぽくて、これがいちばんインパクトあります。
 
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195317
この記事に対するトラックバック