熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ある日の車窓から | main | スラント大雪で春の息吹を感じる3時間44分 >>

本日の車窓から

本日道内出張。



この時期の北海道は風景に色がなくて観光的には中途半端なのですが、遠くの山々はまだ真っ白、でも手前からは雪が消えている(道央圏では昨日かなり降ったからこの写真ではうっすらと雪が残ってますが)、という風景は、それはそれできれいで、とても好きです。いわゆる観光客的大自然は茶色かったり白かったりで冴えないんですけど、人々の生活が息づいているところ、田畑があるところの風景は、とても美しい。

こういう何もない風景だって、十分、観光客にはアピールできるのです。そのぐらい、北海道は、すごいんです。
旅と鉄道 | permalink | comments(1) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

先日うちの会社の人が「北海道なんだけど何処に行くかは解らないミステリーツアーに行くんだ」と言うのでチラシを見せてもらって、行程表の『&#9898;&#9898;&#9898;で&#9898;&#9898;&#9898;を満喫』なんてある伏せ字の全てを解読。
ついでに泊まるホテルをチラシの写真通りならとの条件で探しだしてメモを渡しておいたところ、
「全部正解!」
ネタバラシと言うなかれ。まさかチラシで北海道と解らないバカはいないと思ったけど、北と南でちゃいますやん?急に凄く寒くなるとかありますやん?なら持ってく服とか考えなダメですやん?ミステリーにする意味解らん。普通に全行程発表しとけよと思っての事でして。
まぁ当人は釧路で夕日が綺麗だったとか、阿寒湖が凍ってた上に雪が積もってて幻想的だったとか、概ね楽しかったみたいだから良しですな。また北海道来てくれれば、と言うお話<(_ _*)>
Tシャツだらけ | 2017/04/15 2:17 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195308
この記事に対するトラックバック