熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 11月の真冬日 | main | 北海道鉄道観光資源研究会発表会in小樽 明日まで開催中 >>

礼文島・新桃岩トンネルが開通

現地からの速報によると、礼文島南部を東西方向にどーん!と貫く新桃岩トンネルが、本日、開通した由。

(関連情報)
宗谷総合振興局
稚内プレス

くねくね道を慎重に上って、小さな桃岩トンネルを抜けて、またくねくね道を下って、途中で向こうからバスが来たりするとスピードを調整したり、ときに止まったりして、海岸線に出て地蔵岩へ…ではなく、香深の市街地からちょっと上がって長いトンネルで一気に元地、となると、礼文島の印象は、ずいぶん変わるんだろうなと思います。

桃岩展望台へ行くには、やっぱりあの道になるのでしょうが、これまでの桃岩トンネルは本日をもって通行できなくなったそうですから、あのくねくね道は、桃岩展望台にしか行けない、行き止まりの道になります。これまでは、その先の、元地の人々も利用する道路だったところが、これからは、まったく生活感がない、観光客しか使わない道になるわけで、礼文島の中でもっとも最果ての離島っぽい感じだった風景が消える…といっても、そんなことを気にするのは旅人だけであって、そこに暮らす人には、どうでもいいことなんですけど。

初めて元地に行ったのは29年前、スコトンから8時間コースを歩いて(ウエンナイから先の岩場はまだ通行禁止になっていなかった)、迎えに来てくれていたユースの車で船泊へと運ばれました。それ以来、元地には何度も(何十回も)行っているけれど、路線バスには一度も乗っていないことが、今さらながらの心残りではあります。

それにしても、香深港フェリーターミナルのボーディングブリッジもそうだったけど、ずいぶん先なんだろうなと思っていたことがあっという間に実現しちゃっているように感じるのは、トシ取ったってことなんでしょうねえ。

在りし日の桃岩トンネル



トンネルの向こうは海です


桃岩トンネルを抜けてきた路線バス


上の写真だと小さすぎてわからないのでアップで


もう、ここを、こうして走るバスは、見られないんですねえ。
(バスに限らず、そもそも、道路そのものが、封鎖なんだろうな)



元地はこのままなんだろうけど、桃岩登山口バス停は、どうなるんだろ?



このバス停がなくなっちゃうと、桃岩展望台に登るのが面倒になるだけでなく、礼文林道へ入るのも大変になっちゃう。桃岩展望台だけなら新桃岩トンネルの入口の脇から登山道を使えばいいにしても、林道に入るのにあの舗装路を歩くのは、けっこう、キツいですよ(今までも歩いてる人はいたけど)。ただの舗装路で、自動車用だから徒歩の人にとっては無駄に勾配が緩くて(=距離が長くて)、歩いて楽しい場所ではないから、あそこに、バスがあったのは、ありがたかったんですけどねえ(観光シャトルバスみたいな形で、シーズン中だけ、走らせてほしいですよねえ)。

旅と鉄道 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

今までの桃岩トンネル以前に別のトンネルが有ったとか、裕さんに聞いたですよ。
なんかあったら土砂崩れしやすい地質についてはオイラもヤンワリ調べたけど、
『ブラタモリ』で撮影に来ないかなぁ。
礼文と利尻の2本撮りならコスト削減(笑)
Tシャツだらけ | 2016/11/28 1:20 AM
知床やったぐらいだから、あり得ないことでもないのでしょうが、知床やったばかりだから、2年後ぐらいですかね(^^;)
issei | 2016/11/28 8:14 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195167
この記事に対するトラックバック