熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 関東育ち | main | 礼文島・新桃岩トンネルが開通 >>

11月の真冬日

札幌では10月21日に積もるほどの雪が降ってビックリして、さすがにそれはすぐに消えたものの11月6日に長靴出動かと思うようなドカ雪が降って、11月10日の朝にもちょっと降って、でも、その後は、うっすら白くなる程度のことはあっても雪が積もるようなことにはならないまま今日に至っているのでありますが、昨日と今日は猛烈に寒くて、2日連続の真冬日(最高気温が氷点下)…なんだけど、そんなことよりも、さすがに、今日、首都圏で雪が積もったというほうが、はるかに、インパクトのある出来事だよなあ。11月の初雪は54年ぶりだの、積雪は明治8年以来初めてだの言われなくても、十分に、わかります。11月23日は天気がいいから早慶戦をやるわけで、早慶戦の頃といえば絵画館前の銀杏並木がきれいな頃、なのだから、雪が降るのは、あり得ない。

札幌でも11月に2日連続の真冬日は17年ぶりだそうですが、しかし、最初の積雪が早かったことを思えば、そこから起算すれば、この強烈な寒さ、というか、積雪がないから余計に寒く感じる空気の冷たさって、そんなに早くないんじゃないかとも思えてきます。本格的な雪のシーズンの前、あるいは、雪が降り始める頃に、顔が痛くなるような冷たい空気の日って、かならず、あるじゃないですか。あれが、ちょっと早く来たんだと思えば、そんなにおかしなことでもないような気もする。

この時期が嫌なのは、寒いことより、日が短いこと。
でも、あと1ヶ月の我慢だ(って、この時期、毎年、同じこと言ってます)。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195166
この記事に対するトラックバック