熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 疲れた時には帰っておいで | main | じゃ、また、来年。 >>

欠航 のち 夕日

今朝の利礼航路は《海上時化により見合せ》。


海上時化により運航見合せを伝えるホームページ

欠航便が表示されている時刻表

 

昨日の予報では、今日の波の高さは「2.5メートルのち4メートル」だったから、午後からは欠航だろうけど朝は大丈夫だろうと思い込んでいたんですけど、でも、今朝、目が覚めて最初にしたことがiPhoneでハートランドフェリーのページを開いて運航状況を確認することだったから、気になってはいたんだろうな。

 

波の高さは「4メートルのち2.5メートル」に変わっていた。


NHKの天気予報の画面

 

分厚い本だけど、おもしろくて、あっという間に読み切ってしまった。


昭和プロレス正史 かなり分厚い本

 

ま、のんびりしましょうや。


床にべたっとするハナ

 

ぼくが動くと目線だけ送ってくる(けど身体は動かさない)。


床にべたっとして目だけこっちに動かしてくるハナ

 

宿の前の景色をiPhoneのカメラで撮ったら、何の加工もしてないのに、ドラマチックトーンみたいな感じになった。


灰色の雲に覆われた空と海岸線

 

ん?何かあったか?


立ち上がって耳を立てるハナ

 

動きに変化があったらしい。アクセス集中?で何も出てこない。

ハートランドフェリーのページが真っ白

 

出てきた。

 

「海上時化により見合せが生じております」だったのが「一部欠航が生じております」に変わっていて


 

最終便は「運航」になった(ほどなくして、島内でも臨時放送が流れた)。

 

お昼。


 

何がいいですか?と聞かれたから、カツカレー、と頼んでおいたはずなのだが、いや、カツカレーは来たんですけど、なぜか炒飯もあって、今朝の便で来るはずだった(が欠航になって稚内で足止めされている)某氏の分として頼んでいたラーメンもあって、宿の子供たちが残したラーメンもあって、よせばいいのに「少し引き受けてもいいよ」なんて言ったら、大変なことになってしまった(もう若くないんだからこういうところで無理するのはやめよう…同世代で小さなお子さんを持つみなさんは大変だなあとあらためて思うわけですが、べつに無理して残ったものを食べようとしなければいいだけのことではあるのだよねえ)。

 

腹ごなしに出かけようとしたら、連れて行ってくれと訴えかけられた。

 

クルマ使ってもいいですよと言われたんだけど、食べすぎて気持ち悪いから途中で具合悪くなったら面倒だし、そんな状況で(ただでさえ強風でハンドル取られそうなのに)運転してへんなことになってもイヤなんで、ちょっとその辺だけのつもりで歩いて出たんだけど、こんなふうに青空があったのはほんの一瞬で、あとは強風と波なのか小雨なのかわかんないべちょべちょな状態になっちゃったんで、すぐに退散。

 

うたた寝してたら「遠き山に日は落ちて」が流れてきて、時計を見たら16時50分で、窓の外を見たら、なんと夕日が出ていた。

 

この隙間だけなんで、出ていた、というほどではないんだけど、まったく予期してなかったんで、びっくり。予期してなかったのは、夕日そのものもそうなんだけど、こんな早い時間に沈んでしまうということや、こんな方向に沈んでいくことが、まったくの想定外でありました。

 

正しい旅人的行動としては、外に出ていって、荒れている海とともに稜線を染める夕焼けを眺めることなんだろうけど、寒くて面倒なんで、部屋の窓を開けてカメラを向けるだけで、お茶を濁しました。



 

いまだお昼が消化しきれず(カツカレーとラーメンと炒飯と中華丼ですからねえ)、夕食をかなり残してしまいました。すみませんでした(シーズンオフに来ると、このパターン、多いんだよな〜(^^;)。

旅と鉄道 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

今日は食べ過ぎましたね!
双葉を出前で頼むという贅沢?は久しぶりでした!
かいどうよめ | 2016/10/09 9:46 PM
お世話になりました。
お盆は双葉に行けなかったので、今回、満喫(?)できて、よかったです。
issei | 2016/10/10 6:21 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1195125
この記事に対するトラックバック