熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 駅が泣いてた | main | 2016 J2 第31節 北海道コンサドーレ札幌 − ザスパクサツ群馬@札幌厚別 >>

仁吉展 2016 再会



「仁吉さん、こんなに大きいのつくるって、かなり体力いるんじゃないですか?」

「こういう形にしようと決めて、つくりはじめたら、わくわくしてきて、仕事だってことを忘れちゃうんだよ。わくわくして、時間も忘れちゃって、だから、疲れないよ。大熊くん、いくつになったの?そうか、あと10年なんて、まだまだだと思ってるでしょ?10年なんて、すぐに来ちゃうよ」

「もう、残された時間も体力もないんだって、思ってます。わくわくすること、本当にやりたいことにエネルギーを使わなきゃいけない、余計なことにエネルギー使ってる余裕は、もう、ないんだって、思ってます。体力も、どんどん、落ちてきますからね。だから、仁吉さんの作品見て、この1年でこれだけつくったんだ、仁吉さんこんなにたくさんつくったんだから、ぼくなんか、もっともっと、まだまだやらなきゃって思うんです」




「木彫 仁吉展 いきもの いのり」は、茶廊法邑で、明日までです。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック