熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 札幌市電ループ化準備 2015年11月12日 | main | 区切り(あれからも一年) >>

愛情を確認する夜(笑)

はぁ〜。

まさか、こんなに、がっくりくるとは(笑)。

水戸2-1札幌

この試合の前にヴェルディが勝ち点1を得ていたので、残り1試合で6位チームとの勝ち点差が4以上になることが決まって

北海道新聞ウェブサイト 札幌逆転負け、J1昇格ならず

何度か書いてますけど、今季は、7月にホームで大宮に大逆転負けを食らってからの3連敗(しかも3連敗目の讃岐戦はいろんな意味で不愉快にならざるを得なかった)、その次のアウェー北九州戦でアディショナルタイムに追いつかれて引き分けちゃったところで、自分的には気持ちがすっかり切れちゃって、その次のホームの愛媛戦は、なんと、行けたのに行かないで、うちでスカパー見てたのでした。

さらに、もうダメだろうと思ったのは(ということはそれでもまだ信じてたってことか?)、9月のお彼岸のホームの岐阜戦の完敗。その後、でもまだ可能性は…と(同じサポーターの人から)言われれば「そうですよね!」と答えていたものの、正直なところは、もう、無理だろうと思ったし、こんな状態で昇格しても…とも思ってました(ホントになんかすみません)。

それでも、なるほどなあ、まだもしかしたらってことがあるかもしれないと思ってるでしょ?と言われたとおりで、残り2試合で、連勝すればプレーオフ行けるかも、ってところまで、来ちゃったわけですよ。それも、あの千葉戦の、勝ち点3を強引に手繰り寄せた展開には、勝ち点差どうこうではない期待を抱かされちゃったわけですよ。

結局、いつも同じこと繰り返してるんだけど、オレもうコンサドーレなんてどうでもいいんだよね、とか言いながら(それはぼくなんかよりもずっと熱心に応援を続いている人がまわりにたくさんいるからこんな程度しか「想い」のないオレがサポーターですなんて言ったら申し訳ないって思っちゃうからなんだけど)、愛は、切れてないんですよ(笑)。

そもそもコンサドーレがなければ東京から札幌に引っ越してきてないわけだし(たぶんね)、2002年と03年は全74試合を現地観戦するという偉業(笑)を達成したぐらいだったんだけど、05年から07年にかけて仕事として関わっちゃった後にちょっとまあいろいろあったりなんかしてテンション下がって現在に至る、なんだが、自分の立場やら置かれている状況やらが変わってくれば、そりゃ、付き合い方、接し方が変わってくるのも当然で(ぼくはそうではないけれどゴール裏の人がメインスタンドに移るみたいな)、ま、これで、いいんですよ(ね?)。

思えば、今季は、開幕戦で栃木にやっとこさ勝って(あの日の栃木は寒かったですねえ)、しかしそれから40試合を終えてみれば栃木は残り1試合にしてJ3降格がほぼ確実なポジションであるわけで、(栃木さんには申し訳ないですけど)結果的にはそのぐらいの力だったチームにようやく勝てるぐらいの力しか、なかったわけです。これは、去年の開幕戦で磐田に勝って、あるいは、12年(J1)の開幕戦で磐田と引き分けて、「もしかしておれたち強いんじゃね?」と思ってたら、じつはシーズン通してみたら磐田はそんなに強くなかった、ってのと似てます。

ナザリトは、最後の最後まで、どう使っていいのかわかんないまま、終わっちゃったもんね。今日なんか、もう、ナザリトいいだろ、都倉を残してイルファン走らせるってのもあるぞ、と思っちゃったもんなあ。

今だから正直に言いますけど、けっこう早い時期に、こんなんで昇格してもなあ、と思ってたんですね、じつは。

去年の湘南みたいな突き抜け方しないと、上がっても、また、負け続けるだけで、何も得るものがないままJ2に戻っちゃう。去年のJ2であれだけ強かった松本が、今季のJ1では(主力移籍というマイナスはあったにせよ)意外に健闘したね、程度なんだから、この成績、この内容でプレーオフを勝ち上がったとしても…ということは、けっこう早い時期から、考えちゃってました(すみません)。

一昨年のチームなら、プレーオフを経験することで得られる成長は大きかったと思うんだが、今季のチームには、それはないと思うのですよ。むしろ、中途半端に敗退するぐらいなら、早くから来季に向けたチームづくりを始めたほうがいい。

これで最終節(23日@札幌ドーム)に行けなくても悔しくなくなったし(笑)、福岡(静岡?)やら大阪やらへ(今から安い航空券準備するのは難しいだろうからかなりのお金をかけて)日帰りすることもなくなったと思えば、これでよかった…と思うしかないよなあ。

はぁ。まさか、こんなにがっくりくるとは。
consa2015 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック