熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 稚内のクラーク書店を勝手に応援 | main | 終戦 そして ナザ号泣 >>

特急サロベツで昭和の汽車旅を愉しむ

礼文島からの帰りは、都市間バスか飛行機を利用することが多いのですが、今回(2015年9月)は、ひさしぶりに、鉄道を利用しました。

特急サロベツ号は、稚内13時45分発、札幌19時08分着。

稚内駅で出発を待つ急行サロベツ

国鉄っぽい内装ですが、シートは新しいものに交換されています。

指定席車両の車内(車端部)

どうですか、この窓の大きさ!

車内から見た窓 かなり大きい

ぼくの脚は確かに短いけど、シートピッチはかなり広い。しかも電源付き。

広い足元にはコンセントもある

スーパー宗谷のシートピッチは960mmですが、このサロベツ用の気動車の指定席車両のシートピッチは1,040mmです。実感だけでなく、実際に、広いのです。

ただし、こちらのページにもあるように、車体はそのままでシートだけ替えているから、窓枠と座席とは、合っていません。最近の車両ではあまりない大きな窓を満喫するには、座席番号選びが重要です(物好きなヒトは、そこまで考えて、座席を選ぶわけです…JR北海道のインターネット予約サービスを使えば、何号車の何番、という座席の選び方ができます)。

せっかくだから稚内駅の駅弁でも、と思ったんだけど(現在の駅舎になってから駅弁の数は増えた)、多客期とあってか売り切れだったので、稚内駅前の相沢食料百貨店(という名前の大型スーパー)で食料を調達。テーブルが大きいので、パックに入った惣菜類を広げても大丈夫。

稚内駅前あいざわで買ったお弁当と唐揚げ

ひさしぶりに乗ってみて、ああ、そうだったと思いだしたのは、この車両には自動放送がないこと。当然ながら、出発直後や、終点の到着直前には、昔ながらの気動車チャイムが聞こえてきます。そして車掌さんの肉声放送。いまどきのスーパーなんとかに比べると加減速がどうこう、といった、マニアックな視点もあるんですが、わかりやすいのは、この、車内のアナウンスです。

ヘッドマークには、利尻富士とエゾカンゾウ、そして手前にサロベツ原野。

特急サロベツのヘッドマーク

稚咲内あたりの風景をイメージしたものなのでしょうか。「サロベツ」というカタカナ4文字、スカイブルーの空の色、丁寧に描かれた利尻富士、SAROBETSUというアルファベットと背景の緑色(サロベツ原野か?)のバランスがすごくよくて、それらの前にどーんと出ている黄色いエゾカンゾウが、いいアクセントになってます。見れば見るほど、これは、いいヘッドマークです。

先頭車両に描かれたHETのロゴ

HET183、すなわち、Hokkaido Express Train。なんのひねりもないけれど、この、さりげないワンポイントも、いい感じです。

JR北海道の183系気動車が函館線で出火事故を起こしたために、サロベツ号はしばらく運休が続いていましたが、こうしてひさしぶりに乗ってみると、楽しい列車です。最近の新しい列車が、無機質に思えてきます。といっても、この車両は、ただ、古いだけなのですが。

いかにも国鉄的な古い感じのドア付近デッキ部分

【礼文島の帰りに鉄道を使うことが少ない理由】
礼文島から船に乗って稚内に着くのが10時35分、札幌行きのバスはその55分後の11時30分発であるのに対し、鉄道は13時45分発の特急サロベツまで3時間余りも時間があいています(稚内10時52分発の普通列車は、フェリー乗り場と駅の間の距離を考えるとかなりギリギリで、船が10分遅れたら間に合わない)。バスと鉄道の所要時間はほとんど変わらないので、札幌に着く時刻は、バスのほうが2時間も早いことになります。さらに早く帰る必要があるならば、稚内で船を下りた後、稚内空港までタクシーを飛ばせば、新千歳空港行きの飛行機に乗れます。いうまでもなく、バスや列車で札幌に帰るよりも、圧倒的に速いです。

【稚内での乗車前食料調達】
かつては、中央レンバイで、刺身など市民が買うものを買ってから列車に乗るのが楽しみでした。中央レンバイが2002年に火事で焼けてしまった後は、駅前(駅を出てすぐの横断歩道を渡ったところ)にある相沢食料百貨店(あいざわ)の、駅前側出入口のところにある惣菜売場で、いろいろ買ってます。
旅と鉄道 | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

あいざわで何か買うという発想が無かった。

帰りなら踏み切りんとこのセイコマで冷やしラーメンを買って(暑がり)フェリーターミナル(以下FT)に引き返し、乗車から出発までに食べる感じだった。
ちなみに札幌から稚内に行く時も(夜行バスね)わざと中央3丁目で降りて踏み切りんとこのセイコマに寄ってからFTへ行って(駅のセイコマは6時から、踏み切りなら5時から)売店が開くか開かないかの時間にコンビニ弁当をワシワシ、あれば冷やしラーメンをズルズル(暑がり)とすする姿を見せつけながら、みんなお腹減って無いのかな〜減ってても知らないけど(笑)と思いながら過ごしてました。俺的には裏技。

そういえば、朝イチのフェリーで礼文・利尻に渡る、バスに乗って誰かに連れてって貰う旅行しか出来ない人達。あの人達って朝飯どうしてるんだろう?
Tシャツだらけ | 2015/09/29 2:38 AM
駅前のセイコマが12時に閉まることは、スーパー宗谷3号が2時間半遅れで1時半(25時半)に着いたときに知りました。

朝イチのフェリーにたくさん乗っている方々は、たしかに、船の中で何か食べてる様子はないですね。朝食抜きってこともないだろうから、前泊の宿で食べてくるんじゃないですかね?5時朝食→5時半出発だったら、間に合いそうな気も。
issei | 2015/09/29 6:45 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1194846
この記事に対するトラックバック