熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今週でなくてよかった | main | 冬の礼文島へ行く その6 >>

冬の礼文島へ行く その5

奇跡の青空無風。




トド島が生クリーム塗ったケーキみたいになってます。



やや雪に埋まりながら、さらに先端へ。



動物の足跡すらない岬の突端。




この日の夜、たまたま地域の方々と会食する機会があったのですが、みなさん口を揃えて「こんなに穏やかな日は珍しい」とのこと。ここもまた日本海側であることを思えば、冬はどんよりとしている日のほうが多いはずですし、礼文島を花の島たらしめているのは冬の強風なのですから(このページの下のほうに解説があります<ぼくが書いたんですけど)、この荒天ならぬ好天はやはり例外なのでしょう。

(まだまだまだまだ続く予定)

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1194224
この記事に対するトラックバック