熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2014年 新年挨拶 | main | 青赤初詣 >>

2013-14 天皇杯サッカー 決勝 横浜FM-広島

第93回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝@国立
2014年1月1日(水)14:04
横浜F・マリノス 2(2-0,0-0)0 サンフレッチェ広島
[得点]
前半17分(横浜)齋藤学(1-0)
前半21分(横浜)中澤佑二(2-0)



現国立競技場での最後の決勝が純粋にこのタイトルだけを争う戦いになったこと、今季のJリーグの上位2チームの戦いとなったことはよかった、両チームが(相手のよさを消し合うのではなく)強みを出し合うオープンな試合になるのではないか−と期待していたのですが、広島のよさはほとんど出ることなく、スコア以上にマリノスの圧勝でした。局面局面で繰り返される個と個の戦い、肉体のぶつかり合いは迫力満点、ちょこちょこ動きまわってピッチを広く使えばいいってもんじゃないってことを思い知らされました。

例年に比べて暖かくて過ごしやすく、スタンドにいる限りは風に当たることもなく、きわめて快適な観戦でした。携行していた使い捨てカイロを使うことがなかったどころか、手袋すら使わず、表彰式で天皇杯を高々と掲げる中村俊輔に拍手してから帰ってきたことでありました。



今年秋からの大会の決勝戦は12月半ば、となると、わざわざ年末年始に東京に帰省してくることはないのかも。代々木門から出て明治公園の脇を通って人気のない(観戦客以外は歩いていない)狭い坂道を上がって踏切を渡って代々木駅前を通って新宿駅サザンテラスへ…というのは、確実に、これが最後になるのでしょうね。
Jリーグ2013 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1194175
この記事に対するトラックバック