熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 礼文島2013モニターキャンペーン 本日より受付開始 | main | 夏の買い物 >>

札幌〜稚内 都市間バスの乗り方

以下、「礼文島を歩こう!」向けに書いたまま放置していた文章なのですが、札幌〜稚内間の特急サロベツの8月末までの運休決定(JR北海道発表資料=PDF)を受け、需要がありそうなので、こちらに載せておきます。

都市間バス時刻表−宗谷バス

札幌から稚内までは、都市間バス(高速バス)が運行されています。1日6往復とJRの特急列車よりも本数が多く、夜行便もあるので便利です。運賃は片道6,000円(往復だと少し安くなって11,000円)。

■バスはどこから出るのですか?

札幌側の出発地は大通バスセンターです。地下鉄に「バスセンター前」という駅がありますが、実際の大通バスセンターは大通駅とバスセンター前駅の中間(テレビ塔の東側)にあり、札幌駅から歩いても15分ほどです。札幌駅から地下歩行空間を通っていけば、雨に濡れることなくバス乗り場まで行けます。


大きな地図で見る

■バスのきっぷはどこで売ってますか?

まずは電話で予約しましょう(電話番号やバスの時刻表は宗谷バスホームページをご覧ください)。あとは、乗車当日、少し早めにバス乗り場に行って、名前を告げて、そこで乗車券を買えば大丈夫です。

■予約しないと乗れないのですか?

発車直前でも空席があれば乗れます、が、混雑期は満席のこともわりとよくあります(筆者は夏休み時期の乗車数日前に予約しようとしたら満席で断られたことが何度かあります)。

■バスはどこまで行くのですか?

便によって、稚内フェリーターミナル行きの場合と、その手前の稚内駅前止まりの場合とがあります(時刻表は宗谷バスホームページに載っています)。稚内発の場合も、フェリーターミナル始発の便と、稚内駅前始発の便があります。稚内発の便(札幌行き)は、大通バスセンターを経由して札幌駅前バスターミナルが終点です。


稚内フェリーターミナル到着。午前5時20分頃。

■指定席ですか自由席ですか?

全席自由席です(ただし前方部分は女性専用席の場合もあります)。このため、混雑期は、比較的早い時刻から乗り場に列ができることもあります。

■バスの車内はどうなってますか?

基本は3列独立シートですが、混雑期だと4列シートの車両が使われる場合もあります(最混雑期には最大5台まで増車されることがあるようです)。トイレは車内にあります。荷物棚はありますが小さいです。また、足元に荷物を置くと狭くなるので、大きな荷物がある場合は、トランクに預けたほうがよいです。


夜行便(発車直前)なのでカーテンがすべて閉まっています。

■荷物を預けたいのですが…

バスのトランクに預ける荷物がある場合は、乗車券購入時にその旨を告げると、荷物に付ける番号札をくれます。この番号札を自分の荷物に括りつけて、バス乗り場に置いておくと、バスの運転手さんが発車前にトランクに積みこんでくれます。とくに荷物置き場が決まっているわけではなく、なんとなくその辺に置いておく、という感じです。

■食べもの飲みものは買えますか?

昼行便の場合は途中の休憩箇所(2ヶ所)で買えますが、夜行便は乗ってしまったら下りるまで何も買えません。バス乗り場の同じビルにコンビニ(セイコーマート)がありますので(入口はいったん外に出て角を曲がった先にあります)、心配なら乗る前にここで調達しておきましょう。


札幌側の発車場所である大通バスセンター。

■バスの走行ルートを教えてください

夜行便以外は、大通バスセンターを出た後、札幌インターから道央自動車道に入って、砂川サービスエリアで最初の休憩、深川ジャンクションから深川留萌自動車道に入り、留萌の手前からは一般道(国道232号線=オロロンライン)を走って(留萌からは左手に日本海が寄り添うことになります)羽幌町のサンセットプラザはぼろ(道の駅)で二度目の休憩。さらに日本海に沿って国道232号線を北上し、幌延からは豊富バイパス(自動車専用道)に入って豊富町の先で国道40号に合流し、稚内へと向かいます。

■夜行便はどこを走るのですか?

夜行便は、時間調整のため(昼行便と同じルートを走ると早く着きすぎてしまうため)、一般道(国道275号〜233号)を通って留萌へ向かいます。途中で乗務員休憩のための停車が何度かありますが、乗客は車外へ出ることはできません。夜行便の場合は、札幌(大通バスセンター)発車時にはすべてのカーテン(遮光カーテン)が閉じられており、外が明るくなっても車内は暗い状態が保たれています。たまに4時頃からカーテンを開ける人がいるのですが(道北の夏は3時台には明るくなります)、迷惑なのでやめましょう(どうしても外を見たいならカーテンの隙間から外の様子をうかがうようにしましょう)。

■遅れることはありますか?

筆者の経験では、かなりの道路渋滞があっても(この区間で道路渋滞があるのは旧盆時期ぐらいですが)、ほぼ定刻通りに着きます。ほとんどの場合は(渋滞はないので)15〜20分程度の早着です。夜行便の稚内フェリーターミナル到着は定刻5時30分であり、ターミナル内の売店やフェリーの乗車券発売窓口も5時30分から開くのですが、たいていはそれよりもかなり早くに到着します。



旅と鉄道 | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

何て親切な説明?Q&Aが、親切すぎかな?
ao | 2013/07/18 9:04 PM
わかりやすくて良かったです。
知りたいと思うツボを心得ていますね。
Nyamo | 2014/06/28 7:20 AM
参考になりました。ありがとうございます!
SASA | 2015/01/23 11:31 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1193954
この記事に対するトラックバック