熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Suica弁当を発売3日目に買う | main | そんなことわかってるって!! >>

『ボクには世界がこう見えていた 統合失調症闘病記』

かなりヘビーだった。

だいたい闘病記というものは、いろいろ大変だったけどいまはこうして元気にやっています、というものだと思うのだが、この本の著者は、現在も普通の社会生活はできていないのである。いや、そうすると、「普通の」ってなんですか?っていうのが、この本のテーマだったりもするわけだが。

私は統合失調症というのがよくわからなかったのだが、著者が統合失調症で入院したのはいわゆる精神病院で、鍵のかかった個室に入れられたりもしている。そしてその前にはこういう体験をした、という話が、当時の記憶や当時の著者のノートを元に展開されていくのであるが、これがじつにきつい。どう考えても著者の脳内世界でしかないものが「夢ではなく本当に体験したこと」として書き綴られている。

著者は、最初に発狂した(という言葉を著者自身が使っている)とき、母校である早大を訪れている(ここでかなり大きな事件が発生する)。これは私が在学中の出来事なのだが、著者が描いている学生会館とかラウンジにたむろしているサークルのノートがどうこうとかの描写はすばらしく、読んでいるうちに当時の空気が甦ってきたほどだ。そういう意味では、著者の文字による表現能力は、すごく高いのだと思う(が、それゆえに、妄想としか思えないもののパートがきついのである)。

おもしろい(という言葉が適切かどうかは難しい)本なんですけど、体調のいいときに読んだほうがいいと思います。
読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(2) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1193254
この記事に対するトラックバック
統合失調症を薬物に頼らず改善することができる革新的な方法というのは存在します。そしてそれはすぐにでも始められる簡単な方法なのです。
統合失調症と共に歩む会 | 統合失調症を薬に頼らずに改善する方法 | 2011/11/26 8:22 AM
統合失調症を薬物に頼らず改善することができる革新的な方法というのは存在します。そしてそれはすぐにでも始められる簡単な方法なのです。
統合失調症と共に歩む会 | 統合失調症を薬に頼らずに改善する方法 | 2011/12/18 9:49 AM