熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< がんばろう ふくしま! | main | 居酒屋じゃないんだから。 >>

福島交通の飯坂電車に乗ろう

自分が生まれた福島県を応援したい+電車が好き、となれば、これははずせない。

福島交通−飯坂電車



福島駅と飯坂温泉駅の間を単純に往復すると720円なので、途中、どこかで一度でも下車すると元が取れる。もっとも、応援が目的であるならば、80円ぐらいは寄付したっていい(というつもりだったのだが、当日、わりと早起きできたので、途中下車して元を取った<いちいち言い訳がしつこいって(^^;))。

こんなのももらえる。



福島交通飯坂線には、まだ電車が福島交通カラー(ベージュ地に赤いライン)だった頃に、乗ったことがある。飯坂温泉で日帰り入浴したような気もする。それから少なくとも20年以上経っており、記憶はほとんど残っていないから、新鮮だった。



飯坂温泉の温泉街は昭和の風景。



昔ながらの団体旅行が似合う雰囲気で、福島交通飯坂線の応援を兼ねてみんなで泊まってみたらおもしろい、と思ったんだけど、みんな、って、誰だ?

とりあえず桜水駅で下車した。



ここはとてもよい駅だった(以前にも下車しているはずなのだが…当時は現在ほどうるさくなかったからか、「わざわざ東京から来たんですけど」と言って車庫を見学させてもらった記憶はある…のだが、駅そのものの記憶はない<現在と関心の方向が違ってたんだな)。出札窓口があるってだけでも、とってもすばらしい。駅舎の形も、いかにも地方の民鉄、って感じがいい。

曽根田駅。福島駅から0.6km。



この雰囲気もいいんだけど(残念ながら出札窓口は無人なのだが)、駅舎がさらにいい。



地図を携行した以外には予備知識なしで行ったのだが、福島から乗ってこの駅舎を見て、おお、これは降りなければ!と思ったのだ(といっても、さすがに福島から600メートル乗っただけで下車というのはいかがなものか、なわけで、帰りに下車して、福島駅まで歩いた)。

ほしかったわけではない(ほとんど寄付感覚)。



あまり売る気は感じられなかったんだけど(^^;)、支援、ってことで。




鉄道趣味 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1193113
この記事に対するトラックバック