熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 昭和の鉄道ー近代鉄道の基盤づくり/須田寛 | main | 北海道の被災地は見捨られてしまうのか >>

周年だらけ

十勝・釧路・根室ウィーク終了。

帰りの列車内でパソコン使ってたら、石勝線から千歳線に入った途端に細かい揺れが激しくなり、気持ち悪くなった。線路の関係?

以下、いちばん上は帯広駅、あとの4枚は釧路駅。





釧路駅のみどりの窓口(1987年3月に謝恩フリーきっぷが並ばずとも買えたところ<私は発売日にはたまたま釧路にいたのです)の前のホワイトボードに「新発売!」の文字があり、その下にたくさん書いてあってよくわかんなかった(というか読むのが面倒だった)ので、幸いにしてみどりの窓口に人がいなかったこともあって「オレンジカード、上から全部」みたいな注文をしたら、オレンジカードは「釧路駅開業110周年」と「釧路〜白糠開通110周年」だけだった(ほかに書いてあったのは入場券とか入場券セットとかだった模様<こういうのは実用性がないから私は買わないのです)。


鉄道趣味 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1193077
この記事に対するトラックバック