熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 八雲町と『冬の派閥』 | main | 八雲駅前の尾張藩 >>

砂川誠 札幌ラストゲーム

本日、コンサドーレ札幌の今季最終戦。




前半の1点は、左サイドで高木がためてからオーバーラップした砂川にパス、砂川の柔らかいクロスが熊本の選手4人と藤田の頭を越えて、フリーになっていた三上が左足ボレー。後半は、なんと砂川の直接FKに、ゴール前のこぼれ球に突っ込んできた西嶋の地を這うミドルシュート、最後は藤田が右サイドをぶっちぎって上げたクロスに前で上原がつぶれて三上の右足で、終わってみればびっくり4得点。

いま思えば、前節の福岡戦(アウェー)でも、砂川の惜しいFKはありました。しかしね、やっぱり、砂川が直接FKを決めるというのは、なかなかイメージしづらかったわけで…あれが入るとは思わなかった。いや、正直、すまんかった。去年の曽田のPKといい、札幌ドームのあの辺には、何かいるんですかね?

終了後、ピッチの脇で「ありがとうハイタッチ」。



ものすごく待たされたのに、バックスタンドの下のスペース(なぜか曽田さんがスーツで一人ハイタッチと時間案内〜「ここから15分ぐらいです」〜を担当)の暗いところから、アリーナの光の下に出たら、そのまんま気分まで明るくなって、サッカーのピッチ(ホバリングステージ)のすぐ下を歩くという貴重な経験にさらにうきうきして、ようやく(2時間ぐらい並んだ後に)選手たちと触れ合ったら、なんだかわかんないけど妙に幸せな気持ちになった、不思議な企画でした。

長い時間にわたってものすごい数の人と掌を合わせた選手たちは大変だったろうに(<どこの新人アイドルよ)、石川主将はじめ、岡本、上里あたりは(半ばヤケ気味ながら)「バチーン」って感じで笑顔と大きな声で手を合わせてきてくれて、なんだかやけに楽しかったです。それ以外で印象に残っているのは、ものすごく爽やかな顔をしていた吉弘と、椅子に座っていたものの元気がよかった(営業のサラリーマンみたいだった)藤山かな。

帰宅して見るつもりだったJ1は、福住駅で地下鉄に乗る前に終了していました。

コンサドーレ札幌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1192936
この記事に対するトラックバック