熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 礼文町のカントリーサイン | main | 街場のメディア論/内田樹 >>

scherzo(スケルツォ)「ものの見方が変わる公演」

札幌出身のステージパフォーマー加賀城匡貴(紹介=PDF)さんの5年ぶりのツアーのお知らせが届きました。札幌公演はちょうど1ヵ月後の9月23日、東京は10月3日。

以下、案内文です。

---

意外なところから、ものを見る。それが、加賀城匡貴の「笑い」(スケルツォ)。日常の中の不思議がふえる、映像、ナレーション、音楽のライブです。前回のツアー(佐藤雅彦監督・短編映画集『kino』との二本立て)以来、5年ぶりのツアー! どうぞおでかけください。

[札幌]

2010年9月23日(木・祝)
cube garden(キューブガーデン)
札幌市中央区北2条東3丁目2-5 tel. 011-210-9500

1回目 開場 17:30 開演 18:00
2回目 開場 20:30 開演 21:00

前売2,500円 当日2,900円(税込)
1ドリンク別途500円/各回指定/全席自由/整理番号付
前売チケットはローソンチケット(Lコード 13507)にて販売

[東京]

2010年10月3日(日)
SuperDeluxe(スーパー・デラックス)
東京都港区西麻布3-1-5 tel. 03-5412-0515

開場 19:00 開演 20:00

前売2,500円 当日2,900円(税込)
全席自由
前売チケットはローソンチケット(Lコード 39618)にて販売


問合せ:
スケルツォ tel. 090-6219-7626 info@scherzosketch.com


<出演>
narration_加賀城匡貴、上ノ大作、森脇俊文、土屋昌之 pc & keyboards_加賀城史典 keyboards_工藤拓人 guitar_横辻清夫 bass_竹内聖 sax_小野健悟 sax & flute_竹内睦 trumpet_菅生泰礼 watchman_吉川聡志、 ルドルフライフ

<プロフィール>
加賀城匡貴 パフォーマー。ステージ+映像で、「笑い」を表現する。1999年、『scherzo(スケルツォ)』第1回公演(札幌)。2005年、全国ツアー。06年、Zepp 公演(札幌)。09年、チェコ・プラハ日本人学校 で、ワークショップ『scherzo 脳トレ!ツアー in チェコ』など。著書に、学校図書『脳トレ!パッとブック』(全4巻/教育画劇)。

加賀城史典 DJ、音楽プロデューサー。国内外のクラブ、ラウンジ、ファッションショーなどで活躍する。兄・匡貴のパフォーマンス『scherzo(スケルツォ)』の音楽を担当。2009年、米・サンフランシスコの Fatsouls Records から、 『Jazz Spectrum EP』をリリース。10年、英・ロンドンの Trippin Records から、『Spells From Sapporo EP』、米・ニューヨークの King Street Sounds から、英国の女性シンガー Adeoloa Ranson をフューチャーした、『Piece of Heaven』をリリース予定。 リミックス・ワークに、The Baker Brothers feat. Bird『Soul Shine Remix EP』。Kats'ushi Okada とのユニット Rawtech 45 Adaptors としての楽曲提供に、スウェーデンの G.A.M.M のコンピレーション、『Doin' James』など。

公式サイト
http://www.scherzosketch.com

---

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1192858
この記事に対するトラックバック