熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ちゃんと決めろよ | main | 冬眠中なので >>

曽田雄志の喜怒哀楽

コンサドーレ札幌・曽田雄志選手の現役引退の挨拶(2009年11月29日@札幌ドーム)を、スカパーの録画見ながら、文字に起こしてみました。


まず、今日、このスタジアムに集まってくれたサポーターのみなさん、そしてこのセレモニーを企画してくれた会社のスタッフのみなさん、今日、僕をこの場に立たせてくれたチームのスタッフと監督、そして、認めてくれたチームメートに、まず、感謝したいと思います。ありがとうございます。

(場内から拍手)

変わる素晴らしさ、変わらない美しさ。このスタジアムにはこの二つがあると思います。必死で、生き残るための戦いがあって、それを見守ってくれるやさしさがあるから、僕にとっての9年間は、これに、気づかされる時間でした。

「何もおそれず 胸を張りたたかえ おお札幌 おお札幌」−このサポーターの声、この歌が、とても弱くて、とても下手だった僕に、どれほど勇気を与えてくれたかわかりません。

そのおかげで、強がってでも、前を向きながらサッカーをすることができました。

手術後、しばらくして、子供と、かけっこをすることもできなくなって、夢を見ても、夢の中でも、うまく走れなくなる自分を見て、今日の日のことを、考えるようになりました。心と体が、本当に一つなんだなと思いました。

体は、いつでも使える道具だと、思っていた自分が、恥ずかしくもなりました。

だから、何度も何度も謝って、今日のこの引退の決断を、僕自身の全部でしました。

そうしていまここにいますが、自分が思っていた以上に、さみしくて、思っていた以上に、悲しいです。

でも、こうやって、僕の終わり際を、こんなにたくさんのみなさんに見届けてもらうというのは、幸せなのかもしれません。

そして、この、切ない余韻が、これからの、僕の、人生に、いい色を、つけてくれるんだと、信じています。

サッカー選手が、僕にとってこんなに素晴らしかったから、僕らのチーム、僕らのサポーター、ありがとうございました。

活躍しきれなくてすいません。

(場内からかけ声と拍手)

僕の家族、僕の友達、そして僕のサポーター、本当にありがとうございました。

(拍手)

おかげで、素敵な思い出がたくさんできました。僕は、絶対忘れません。

(場内から「おれたちも忘れないぞ」などの声)

最後に、今日は、僕の、大事な、大事な息子の、誕生日です。

(拍手)

だから、この日を、去年までと(涙声)、同じように、楽しくて、幸せな日として、記憶したいと思います。

9年間、ほんとに楽しかったです。ありがとうございました。

(拍手)

そして、これからも、コンサドーレ札幌をよろしくお願いします。

(大拍手)



これだけの言葉を、原稿なしで、ほとんど詰まることなく、しゃべったのですよ。そんなやつはサッカー選手にはもちろん、一般の世の中にだって、そうそういませんよ。

スカパーでJリーグを見ることのできる方は、ぜひ、見てください。再放送は本日(現在185chで放送中)、12月1日に2回、12月2日、3日にそれぞれ1回、まだ残っています。

挨拶の前にオーロラビジョンで流れた映像(の、おれが泣いたところ)↓

スカパーでばっちり流れました(というか、あれ、スカパーで作ったのか?)。これ見ながら、また泣いたことはいうまでもありません(笑)。
J1昇格への熱き戦い | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1178176
この記事に対するトラックバック