熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< [2009-J2]第47節 仙台 vs 札幌 on TV | main | 「超」整理手帳2010エレファントA5 >>

時を告げる汽笛

先週、東京へ出張した際、某所で購入しました。



外箱にはいろんなことが書かれすぎていて商品名がよくわからないのですが、取扱説明書によると「EF58 61 めざまし時計」が正式名称のようです。

またこんなもの買ったの!<どこからか聞こえてくる声(^^;)

直近の私のテーマのひとつに「時間を強く意識する(≒集中力を高めてアウトプットを増やす)」というものがありまして、そのためには机の上に時計がほしいなと思っていたところに、こいつをたまたま見かけてしまったのです(<カラーバス効果ですかね)。

とてもよくできているのですが、マニアックすぎて鉄道ブームにも乗れなかったということなのか、お値段は半額になっておりまして、まあ、半額かどうかが大事なのではなく、半額後の価格(絶対額)が自分にとって見合うものかどうかが購入の際の判断基準になるのではありますが、見た瞬間に、迷わず買えよ買えばわかるさ、でありました(さて、購入価格はいくらだったのでしょう?)。

トミーテック社の製品なので、ホントによくできてます。じつは私は現物は見ないで(外箱だけで判断して)買ったのですが(これ一つだけ特価投げ売り状態でしたからね)、箱から出した瞬間「おおーっ、これはすごい…」と、5秒ほど、無言で見つめてしまったほどでした。べたべた触ると指紋がついて汚れるから注意しなきゃ、と思ったぐらいの光沢、小さな子供がいたら壊すこと間違いない部品の数々、などなど、さすが模型メーカーの製品です。

しかし、トミーテック製ゆえに、ライトな(鉄道ブームで旺盛な消費が期待できるような)顧客層には、受け入れられない商品なのでしょう(そもそもそういう人たちの目に止まる場所には置かれていなかったのかもしれません)。「EF58 61」の「61」だから意味がある、なんてことは、それなりに深い方でなければ、理解できないでしょう。いくら外箱に「前照灯点灯」「リアルサウンド/客車けん引通過音+ホイッスル」と書いてあっても、それが心に響く人は、かなり限られてくるのでしょう(一般人向け商品だったら「ライト点灯」と書くべきだろうと思うし)。

実際に机の上に置いてみると、意外に時刻表示が見づらいという問題が明らかになりましたが(笑)、インテリア的には、とてもすばらしい逸品です(爆)。私の仕事机の上に置かれたこの時計は、まるでここが定位置であるかのごとく、落ち着いています。

あえて問題を指摘すれば、細かい凸凹があまりに多いことでしょうか(商品に添えられていた「お願い」には「商品の形態的特徴からとがった所や鋭利な部分がありますので、落下等お取り扱いには充分ご注意下さい」と書いてあります)。こまめに手入れしてやって(<パソコン用のエアダスターとか使って)、埃っぽくならないよう、注意したいと思います。

ささやかな幸せだなあ(笑)。
モノ語り | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://work.kuma-i.com/trackback/1168502
この記事に対するトラックバック