熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

強くなったねえ…(2019年版)



戦術がどうこう以前に、まずは、1対1、球際なんです。気持ちなんです。

2019年版、というのは、去年の8月、FC東京相手に2点を先制されながら3点を取ってひっくり返したときにも同じことを考えたからで、20年以上もこのチームを見てきた身としては、マリノスを相手にこれだけの試合がやれるようになったのかと思うと、じつに、感慨深いわけであります。でも、いまの選手たちは(苦しかった頃を知っている宮澤裕樹はともかく)そんなことは考えることもなく、上を見ているわけでありまして、この程度のことで感心しているこちらが頭の中をアップデートしなきゃいけないのでしょうね。

ともあれ、3連敗の後の2連勝(しかも2試合とも無失点)。3連敗の間は、つねに、早い時間帯に失点したうえに前半のうちに2点差をつけられていたのが、今日は、開始早々にロペスが自陣でボールを奪ってぐいぐいドリブルから絶妙スルーパス(清水戦のときのお返しみたいな)で中央の武蔵をスルーして遠くのチャナが(DFに対応されてGKと2人を相手にしなきゃならなくなったのに)ストイコビッチみたいな細かいターンでかわして先制、これだけでも相当に楽になったのが、さらに、ロングボールを競った武蔵がゴール正面でファウルを受けて福森のカッコイイFKで2点のリード。

でもでも、今日のMVPは、深井一希でしょう。開始早々の三好への体当たりに始まり、宮澤が目立たなくなるほどに、深井が広い範囲をカバーして、相手の攻撃の芽をことごとく摘んでくれました(後半はだいぶ消えましたが)。進藤−ミンテ−福森−菅の4バックもうまくはまって、なにしろ中央に入ってきたところを福森と深井でほぼ完全に封じたことが大きかった。それと、ルーカスだね。4バックで守備の負担が減ったからなのか、日本に慣れてきたということなのか、ルヴァンカップの湘南戦(4月10日)のときと同様に、ぐいぐい、不思議なリズムのドリブルで攻め上がっていって、あの2人を抜いてからのシュートがポストを直撃したときの驚きといったら、ああ、これ、生観戦してよかったなあってな感じですよ。

これで、8試合消化して、川崎と勝ち点1差の8位。得失点差はゼロになり、なにより、降格圏との勝ち点差が8に広がり、下を気にしなくてよくなったのが、精神的に楽だわあ〜

北海道コンサドーレ札幌2019 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ミッドウィークの4ゴール



取るときは取るんだよねえ。何試合かに分けて取ってくれればいいのに(^^;

カップ戦はリーグ戦とは別物だとはいえ、リーグ戦の3連敗直後、しかも3連敗のうちの2つ目は0−4の大敗で、このままずるずる行きかねない状況だったから、こういう形で勝てたのは(カップ戦ではあるけれど)よかったです。これで、泥沼からは抜け出したはず。次のリーグ戦の試合まで中2日しかないのに武蔵と宮澤と福森を先発させてまで勝ちに行ったのはちょっとした賭けだったような気もするけれど、最高の結果を得ることができました。

試合前の選手紹介で「スズキ〜 ムッ!サッ!シィ〜〜〜!!!」と叫ぶスタジアムDJ栗谷昌宏さんも、ホッとされていることでしょう。

檀崎はあと2点取れるチャンスあったけどね(^^;
北海道コンサドーレ札幌2019 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

3連敗



後ろの席の老夫婦は、強いコンサドーレを、コンサドーレが勝つことを、見に来たんだろうなあ。開始早々に失点して、さらに前半のうちにもう1点取られたら、文句ばっかり言ってるんだもの。そりゃ、今日のあの展開では、2点差をひっくり返すのは厳しいだろうとは思ったけれど、コンサドーレを応援するおれたちが逆転を信じないでどうするんだよ。最後の最後まで信じて信じて信じ抜く、それで結果は裏切られたって、それでいいじゃないか。なんで1点差で負けてるっていうのに、残り数分のところで、あんなに席を立つ人がいるのかなあ。

とか言うと、そんなものは見る人の自由だろう、という反論を食らうのが常なのですが、そりゃ、まあ、自由だけどさ、札幌ドームに集う地元の人には、やっぱり、最後まで、応援してほしいわけですよ。べつに声を出せとは言わないし、ましてや歌えとは言わない。だけど、心の中でいいから、最後の最後まで、味方(だよね?)を信じてやってほしいのだよ。あの選手のあれがダメだとかって話は、終わってからすればいいじゃないか。



去年のシーズンが終わってから、社長が、しょっちゅう、言ってたもんね。去年は出来すぎ、今年は過大な期待を抱かないでほしい、仮に去年のように勝てなくても応援してほしいってことを、あちこちで、言ってたよね。まあ、まだ6節ではあるんですけど、ACLどころか降格ラインを気にしなきゃいけないところにいるっていうのは、気持ちが悪い(ああ、なんと贅沢な立場になったことか!)。高望みはしないから、まずは次節、引き分けでもいいから、連敗を止めて、札幌に帰ってきてほしい。次節の相手チームはヤツがいるチームだ。やりがいあるだろ。

ゆけ札幌 勝利信じ 最後まで戦え(まだ6節ですけど)

北海道コンサドーレ札幌2019 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

北海道コンサドーレ札幌2019 ホーム開幕戦

びっくり。



コンサドーレは他のチームに比べるとキャンプの期間がものすごく長くて(札幌に帰ってきても積雪があって練習できないから)、ゆえに開幕戦の頃は心身ともに疲労が蓄積していて、だから2週間前の開幕戦(アウェー湘南ベルマーレ戦)で敗れても「まあ、いつものことだよね」って思えたし、先週の2戦目(アウェー浦和レッドダイヤモンズ戦)を2−0で完勝しても(わー今年のチームすごいな!と驚きつつも)きっと浦和の調子もまだまだ上がっていないに違いない、浮かれてはいけない、勘違いしてはいけないと、気持ちを引き締めて今日のホーム開幕戦に臨んだのでありますが、例年ならすっきりしない試合を続けていることの多いこの時期にこんな勝ち方ができちゃうってことは、ホントに強くなっているのかもしれない。

かもしれない、じゃなくて、強くなってるのよ。ひとりひとりが、うまくなってる。5点も取っちゃうなんて、J2ならともかく、J1で、しかも、相手は清水エスパルスですからねえ。20年以上も見てきた身にとっては、まさか、こんなことが自分の生きているうちに起きるとは、という感じでありますね。

今年の必勝弁当は「RED」または「BLACK」で、今日は「RED」の日。





減量中の身にとってはこれだけでも本日分の糖質摂取量オーバーです。

それなのに、さらにあれこれ、いただいてしまう(^^;



これ↓は、試合中、ずっと映し出されてました。



ロペスがゴール裏に落ちてくれたんで、今年もJ2に落ちることはないでしょう。いや、それにしても、あのロペスの2点目の直後のゴール裏への転落、チャナとか荒野とかがものすごく深刻な表情で(正確にいうとぼくの席からだと表情まではわからないんだけどえらく慌ててかつ深刻な空気で)、ぼくのところからだと落ちた先の様子は全然見えないから、ひょっとして骨折でもしてないか?と、心配しちゃいました。今日の試合前、スクリーンであのフクアリの内村のゴールが二度も流れてたから、ロペスはあれにインスパイアされて自分も同じことをやってみたくなっちゃったのかも。まあ、でも、笑い話で済んで、よかったです。

北海道コンサドーレ札幌2019 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -