熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

これもまた、レジェンド

どうしても点を取りたいチームが、アディショナルタイムのコーナーキックで、ゴールキーパーを攻撃に参加させることは、よくあることですが



そのキーパーがジャンプするのは、その状況では、当然ですが



ジャンプしたキーパーがボールを頭に当てるのも、たまに見ますが、



ここからは角度を変えて






そのキーパーのシュートがゴールに入ったのは、初めて見ました。



まぎれもなく、GKの得点です。



こんなこと、ホントにあるんだ…

本日未明のワールドカップで優勝しちゃった葛西選手もレジェンドですが、これもまた、レジェンドでしょう。

ヴァンフォーレ甲府が初めてJ1に昇格したときの、昇格する直前の札幌ドームでの大逆転劇、小瀬の停電(笑)、バレー大爆発といった流れを思い出します。

山形のサポーターのみなさんは、天皇杯もあって遠征費大変でしょうけど、こんなことは一生のうちに何度もあることではないでしょうから、がんばってください。

去年のJ1昇格プレーオフは「あーあ、なんで自分たちがあそこにいないんだよ〜」との思いが先行してしまったうえ、準決勝は2試合あったので(2試合あるのが本来の姿なんだが)、両方をチャンネル変えながら見ていて落ち着かなかったのですが、今年は、これといった感慨を抱くこともなく、普通に見てました(普通に見られました)。最終節で負けなかったのと、それ以上に、最終節の前にプレーオフ出場の可能性が絶たれていたから(コンサドーレが)、一般人として(?)見ることができた(できちゃった)んだろうな。

山形にはJ1レベルのプレースキッカーが左右揃ってますが(うらやましい)、今回の最後のCK蹴ったのは左のほうの選手。



一般的には日本がワールドユースで優勝したときのイングランド戦でフリーキックを決めた選手(そしてあのメンバーの中で唯一のアマチュアだった選手)としての印象が強いのでしょうが、個人的には02年の降格Vゴールを決められた選手としての記憶のほうが強烈です。



山形さんにおかれましては、右のキッカーを他チームに持っていかれないよう、ぜひ、J1に昇格してください。応援してます。

ちなみに上の写真は以下からとりました(撮りました)。



これはサッカーよく見てる人ならわかってもらえると思うんですが、今日の最後の山形のCKは、その直前のロングボールが入って磐田の選手がクリアしたところで、入りそうな予感があったんですよね。昨日の鳥栖のラストプレー直前の浦和のクリアのときもそうだったので、自分の予感を信じようと思いながらも(いや別に山形を応援していたわけでもないんですが)、でもそんなおもしろいことはそうそう起きないよなあ〜と自分の予感を否定したのですが(頭の中で)、まさか、まさか、もっとおもしろいことが起きてしまうとは。

札幌的にいうと、磐田とは最近5試合で2勝2分1敗と相性がいいので、J2に残ってくれるのはありがたいような気もするのですが、しかしねえ、磐田がJ2っていうのは、やっぱり、ちょっと違うんじゃないの?とも、思うんだよなあ。だって、これで、来季のJ2には、セレッソとジュビロがいるのよ。

しょせん他人の試合、ぐらいのつもりで、なんとなくテレビ中継を見ていただけなのに、ものすごくテンション上がっちゃってます(笑)。
Jリーグ2014 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

OBからの熱いエール

なんだかんだで今季最終戦。スカパーオンデマンドで、今日の試合後のセレモニーの場面を見てたら、解説者の中山雅史さんの言葉が素晴らしくて、こんなにコンサドーレのことを、札幌のことを、北海道のことを想ってくれるんだ、こんなすごい人がこんなに見てくれてるんだってことに感激しちゃったもんで、以下、文字に起こしてみました。

以下、ゴン中山さんの言葉だけ抜いてますが、これはもう一人の解説者である大森健作さんと、実況の岡崎アナウンサーとの掛け合いの一部です。ゴンさんの素晴らしい言葉を引き出してくれたのは、大森さんです。




河合がいなくても戦える集団にならなければダメなんですよ。どう考えても河合にずっと頼ってるわけにはいかないわけですよね。そういったところでじゃあどうするのかといったら、試合でやれなければというけれども、試合でやるためには練習なんですよね。練習の中でどれだけ自分をさらけ出せるのか、さらけ出した者どうしがぶつかりあって、己を、相手を高められるかっていうのが試合に出てくるわけですよね。それを続けていくしかないんですよ。そう考えた場合、伸二、砂川、竜二、稲本であっても、それを倒す、超える、いらない、ぐらいのメンタリティ、技術、戦術、いろんなものを高めなければいけないと思いますね。それができたときにはコンサドーレに確固たる力がついたということになるんじゃないですか。

いま与えられている環境というのは当たり前のことじゃないんです。ここでやれるということはすごい幸せなことなんですよね。そこで、自分が流されやすくなるんですよ。でも、そこで、いかに自分が、いろんなことを律して、サッカーに賭けられるか。当然、ストレス発散の場は必要です。ただ、やるとき、やっても2時間です、そこでどれだけ集中できるのか、そこでどれだけ戦えるのか。相手との戦い、味方との戦い、そして自分との戦い、それをグラウンドの上で展開する。それも日々の積み重ねが試合に活かされるんですよ。それができてるかっていうと、まだまだ、ぬるいところがあるんじゃないかなっていうのは、感じましたよ。ただ、それを、僕自身もプレーで見せられればよかったんですけど、僕自身情けなかったのは、リハビリに時間を費やしてしまったっていうところで、コンサドーレに加入できたんですけど、そこが申し訳なかったなというところなんですけどね。

やりきったとかね、これぐらいでいいやなんて、ないんですよ。それをやってたらどんどんどんどん落ちるだけで、もう、それに流されるだけなんですよ。もっと、もっと、もっと必要なんだっていう思いが必要ですし、そこからどう行動に移せていけるかっていうことと、行動に移したらそれをどれだけ継続できるかっていうことなんですよね。

けっこうね、簡単に試合に出れちゃう環境なんですよね。怪我したり、云々で。でもそうじゃないんだよと。出たら出たことに満足するんじゃなく、出たところでどれだけ自分を表現できるのか、それがチームのためになってるのかっていうものを、ぜひ、グラウンドの上で表現してもらいたいなと思いますよね。

言い訳を探してほしくないんですよ。とにかく、自分たちに何かあったときに、それはまずは自分の責任、自分がやれなかったことからの結果だというものを受け止めて、次につなげてもらいたい。そこで、あそこがいけなかったんだ、これがこうだったんだってことを、逃げずに、自己分析をして、次につなげてもらいたいなと考えますね。

(社長挨拶の中で名前を挙げられた中原彰吾について)
あそこまで体を持っていけてるんですよ。それは素晴らしいことなんです。じゃあ、あとそれを完結させるためにはどうしたらいいの?もう、技術磨くしかない。キーパーを見るしかない、ボールの持ち方を工夫するしかない。そういうことを感じて、次に活かせるかです。

(オファーを出したという稲本潤一について)
いろんな経験してもらいたいですよ、稲本にもね。僕も、伸二も、僕はなかなか活躍できませんでしたけど、これだけ恵まれたというか、それでも雪国ですよ、そういう厳しさもある。その中で経験することも、また一つ自分の人生の経験を大きくしてくれると思いますよ。だからね、そういう姿を、ぜひ、北海道のみなさんに、札幌のみなさんに、見せてもらいたいなあ。
Jリーグ2014 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

2014 J2 第42節 コンサドーレ札幌-ジュビロ磐田 + 2014年シーズン終了



粘り強い守備で相手の攻撃をしのぎ、2点目を奪うチャンスがありながら決められずに最後に追いつかれてしまう、でも勝ち越されるところまではいかないけれど勝ち越し点も奪えない、2万にわずかに足りない観客数、などなど、悪いわけではないけれど、ちょっとだけ足りない…というのは、この試合の結果なんですが、ちょっとだけ足りない、は、この試合のみならず、今シーズン通して、ずっと、そうでした。そして、そのまま、シーズンが終わってしまいました。

今だから言いますけど、ここまで財前監督を引っ張っておいて(5月の水戸戦であんな勝ち方しちゃったのが今にして思えばよかったのか悪かったのか)、交代後の監督がバルバリッチってどうなんだ?と思ったし、だから9月の岡山戦の快勝もなんとなくすっきりしてなくて、10月の厚別での千葉戦の敗戦後には、もう今年は上がらなくていいんじゃないかとすら思ってました。

去年はね、若い選手にギリギリの勝負という経験を積ませるという意味でも、プレーオフに出場することには意味はあると思ってたんです(もちろん経験だけでなく勝って昇格できればなおよろし)。でも、今年は、キャリア的には中堅の選手を補強して若手を修行に出した時点で、経験云々ではなく勝負を優先させていたわけで、それであれば、湘南とか、せめて松本ぐらいには突き抜けちゃわないと、こんな中途半端な状態で上がっても仕方がないんじゃないか、結局は、今年の徳島、去年の大分、一昨年のわれらのチームのごとく、惨敗してまたJ2に戻るだけなんじゃないか、ならば今年は上がらなくてもいいんじゃないかと、シーズン終盤のわりと早い時期から、じつは、考えてました(そういう思いを抱きながらスタジアムに足を運んでいたのは、ホント、申し訳なかったです)。

今日の試合で前半終了間際にショウゴが相手GKにシュートをぶつけちゃった(またかよ![※])のが象徴的で、ユースでは全国レベルだった若手選手は、まだまだ、なんです(というのが、今シーズンの終盤に来て、よくわかりました)。

※個人攻撃ではなく期待してるから言うんだが、アウェー水戸戦、アウェー福岡戦、今日の磐田戦と、三度の絶対的決定機をモノにしていれば、勝ち点65でプレーオフに進めていたのですね(だからもっと練習して上手くなってくれ)。

だから、そこが成長するのを待つというのであれば、小野伸二じゃないだろ、との思いはあったし(ましてや稲本じゃないだろ)、いやいやそうじゃないよ、そうじゃないから中堅やベテランを補強して(見方を変えれば去年の試合に出ていた若手の戦力としての期待値を今年は下げて)、さらには財前監督を切ったのだ、というであれば、これはやっぱりいくらどう説明しても去年からの継続というには苦しいわけで、そこまでやったのなら、せめて、ギリギリで自動昇格を逃した、ぐらいまでは、行かなきゃいけなかった(そういう意味では試合後に出たダンマクの問いかけは、まあ、わからないでもない<だからどうしろと言われても、正解はないんだろうけど)。

かたやで、クラブライセンスの問題もあったのでしょうし(それは正直ぼくらにはわかりにくい−だから社長の言葉がいまいち響いてこないんですが)、クラブに関わっている人たちがちゃんとやっていなかったなどと言うつもりはないけれど、なんですかね、なんか、歯車が噛み合わないまま、一年終わっちゃったなという印象です。

それは、逆に、どこかでうまく噛み合えば、すべてがうまく回転して、いい方向に進んだのかもしれないんですがね。そのぐらいの、微妙な不具合だったとは思います。決定的に何かが間違っていた、すべてを白紙にしなければならない、というような状況ではなかった、とは思います。

だから、余計に、もやもやが残っちゃうんだけど。

なんだかんだいっても、来季もシーズンチケットは買うだろうし、サポートシップパートナーも継続するだろうし、応援する以外は何もできない立場である以上は、クラブの経営陣を信じて戦うしかないのだからそうしますが、ただ、現時点では、やっぱり、すっきりしないです。

まあ、でも、人生って、そういうものですよね。



2014 J2第42節@札幌ドーム 11月23日(日)14:03/19,634人
屋内/気温22.6℃/湿度29%/R:佐藤隆治
コンサドーレ札幌 1(1-0,0-1)1 ジュビロ磐田
[得点]
前半08分(札幌)上里一将(1-0)
後半38分(磐田)フェルジナンド(1-1)

<札幌>
-------都倉----前俊-------
-荒野---中原--宮澤---日高-
-----------上里-----------
----櫛引---奈良--パウロン-
-----------金山-----------
(交代)
後半20分 前田→内村
後半43分 中原→小野

<磐田>
-----------前田-----------
---松浦----小林----松井---
-----宮崎--------藤田-----
--岡田--森下-伊野波-駒野--
-----------八田-----------
(交代)
後半01分 森下→フェルジナンド
後半23分 松井→山崎
後半36分 岡田→田中

Jリーグ2014 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

反省して反省して反省しろ(そしてバカになる)



結果知ってるのに(知ってるから)スカパーオンデマンドで終盤だけ見ました。アディショナルタイムの水戸の2得点は、いずれもスーパーゴールで、結果は知ってるし水戸にも大分にも思い入れはないはずなのに、その瞬間(いずれの場面でも)「わーっ!」と叫んでしまったのは、その瞬間、ホームの大分のサポーターの気持ちを慮ったから、なのかも。

そのぐらい、すごいシュートでしたよ、どちらも。
あれ決まっちゃったらどうしようもないってぐらいに。



15時前に札幌ドームの試合が終わって、選手が挨拶に来たときは、拍手できなかったんです。罵声を浴びせるような内容ではなかったけれど(そうだったとしても罵声は浴びせませんけど(^^;))、この状況のこの結果で、拍手はないだろうと思ったんです。他会場の試合結果がどうあろうと、この結果にこの内容では、もう、奇跡を信じろと言われても(誰も言ってないけど)信じようとするのが厳しい。

でも、それから3時間経って、6位の大分がホームで大逆転負けを食らって(といってもこんな状態でサッカー中継なんて見られるはずがなく相撲見てましたけど)、しばらくしてみれば、なんだ、まだ6位との勝ち点差は4のままじゃないか(得失点差を考えると実質的には5ですが)、あと2つ勝てば何が起こるかわからんぞ…(以下妄想が膨張を続ける…)

札幌ドームで、試合終了と同時にへなへなになったときも感じたのですが、ここんとこコンサドーレどころではない日常だからもうどうでもいいやと思ってたんだけど、やっぱり、おれ、コンサバカなんですね(^^;)。明日の新聞の見出しが「プレーオフ絶望」だとしても、別にいいよ勝手に言ってろまだまだ終わってないぜ!って思っちゃってるもん(深夜だから頭の中がブレーキきかなくなってるのもありますけど)。

前回の昇格のときだって、残り2試合でもう無理だろうと思ったところから、上にいた徳島が連敗(しかも1試合は大敗)して、最後にFC東京に勝ってひっくり返したし、その前だって、最終節を前にして順位を逆転されたのを最終節でひっくり返してるんだよなあ。

一時の気の迷いとはいえ、弱気になったことを反省しています。
(まあ、でも、ライブっていうのは、そういうものよね)

今日の相手は4-4-2というより44---2みたいな布陣でしたが(後ろの席の人は「8バックじゃねえか!」と言っていた)、次節はそんなこともないでしょうから、そんなことを意識せずに、無理にバランスを崩すこともなく(今日はパウロンがやりすぎちゃったんだよねえ<あれはあれで悪くはないんだけどさ)、でも勝負するところは勝負して(19番はもうちょっと正確にやろう)、がんばりましょう。

夜中に書くとテンション高いなあ(朝になったら反省するんだろうな〜(^^;))と思いつつ、このまま公開。

【以下、マニア向け追記】〜日程くんは本当に優秀です〜
残り2試合で、20位(J2残留)東京Vと21位(入替戦)讃岐の勝ち点差が5、で、次節に讃岐対大分があって、最終節に山形対東京Vと讃岐対千葉がある。さすがに千葉はもう問題なかろうと思うけど、去年の最終節で鳥取に苦しめられたのはまだまだ記憶に新しいところ。札幌はとにかく次節勝つしかないんだけど(「負けられない戦い」ではないぞ!)、日程くんの力をもってすれば、最終節を前にわかりやすい状況が作られることはないはず。がんばりましょう。
Jリーグ2014 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

2014 J2 第40節 コンサドーレ札幌-カマタマーレ讃岐



試合終了とともに全身脱力。

ひさしぶりに、座席から立ち上がれなかった。

前節で下から3番目のチームと引き分けて、普通に考えれば厳しい状況であることはわかっていても、いや、まだまだ、残り3試合でおもしろいものを見せてもらいましょうよ!と、絞れない雑巾をむりやり絞ってきたけれど、もう、これ以上、絞れません。

やっている選手たちが一生懸命やってないとは思わないけど、どうしても勝つんだ!っていうのが、伝わってこないんだなあ。こういうときは観客も一体となってチームを盛り上げていかねばならないのだ!とは思うけど、観客を引き込むような試合じゃないんだもの。

どちらかといえば、負けなくてよかったね、じゃないですか。

もちろん、まだ2試合残っているのだし、プレーオフ進出とその先のJ1昇格が消えたわけではないけれど、ここからテンション上げていくのは厳しいです(自分が)。

やっぱりベテラン不在はキツイのかなあ…

Jリーグ2014 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -