熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

快速しれとこ摩周号



先日のブログに載せたのは、釧網本線の快速列車「しれとこ摩周号」の写真です。今年の3月のダイヤ改正で、それまでの快速「しれとこ」が「しれとこ摩周号」と名前を変えました。



上の写真の釧路駅の出発案内の表記は「快速しれとこ摩周号」、時刻表でも「快速しれとこ摩周号」だったから、「号」も愛称の一部になっていて「SL冬の湿原号」のごとくヘッドマークにも「号」の文字が入っているのだろうと思っていたのですが、先日、釧路駅で見たヘッドマークは「しれとこ摩周」だけでした(もっとも「流氷物語号」だってヘッドマークは「流氷物語」だけだと、後から気づいたのですが)。



描かれているのは、摩周湖、オジロワシ、神の子池。知る人ぞ知る秘境的スポットだった神の子池がこんなメジャーな存在になるとは、往時を知る者としては、感慨深いものがあります。あらためて、道東の奥深さを感じます。

今でこそ、ぼくのホームグラウンドは礼文島、みたいになってますけど、原点は、網走〜釧路〜根室界隈です。北海道ワイド周遊券があって、今よりももっと本数の多い釧網本線と根室本線(まだ「花咲線」ではなかった)があったから、ぼくはこのエリアを列車で行ったりきたりして、そのたびに北海道が好きになっていって、いま、北海道に住んでいる。だから、この列車は、とても気になる存在なのです。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ナウい時代の標準レンズ

今さらの感のある話題ですが、iPhone Xのカメラには望遠レンズが付いていて、画面上で「2倍」を選んで撮ると(見えている範囲の一部を切り取って大きく見せるのではなく)2倍の焦点距離の写真が撮れます。

広角側は(35mm換算で)28mm。



一方、望遠側は(35mm換算で)52mm。



52mmというのは、かつての一眼レフカメラの標準レンズ(50mm)とほぼ同じ。ぼくの少年時代には、これを使って順光かつ足回りもちゃんと写るように形式写真を撮るというのが鉄道写真の基本、みたいなところがありましたから、この角度は、とても、落ち着きます。

いつの頃からか、一眼レフには35−70mmズームが標準装備、みたいになっていきましたが、その昔は、まず50mmの標準レンズが付いているのを買って、その次が広角(28mm)と望遠(200mm)というのが夢の3点セットでした。

「鉄道ファン」1981年10月号に掲載されているキヤノンA-1の広告。


ボディにセットされているのは、50mmのf1.4です。

その1981年10月号というのは、こんな号。



表紙↑の「つばめ」の紹介記事↓



EF5861に牽引された青い客車が「ナウい14系座席車」だった頃。そう思うと、50mmが標準レンズで云々、なんてのは、もう、おそろしく、遠い昔の話なのですねえ。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

セイコーマート+JR北海道=オリジナルボックスティッシュ

早速買ってきましたよ(あんたも好きねえ)



JR北海道によるプレスリリース「北海道150年事業パートナーとしてJR北海道「北海道の恵み」シリーズ車両をデザインしたオリジナルボックスティッシュを発売します」(2018年7月9日)

セイコーマートによるプレスリリース「JR北海道様と150年事業にちなんだ「北海道の恵み」シリーズ車両とのコラボティッシュを発売!」(2018年7月9日)

セイコーマートとJR北海道の協力という点では、「わがまちご当地入場券」のアルバムのセイコーマートの通販サイトでの販売という実績がありましたが、今回は、そこからさらに踏み込んで、オリジナル商品を制作したことになります。

上から圧縮したわけではありません。


側面1


側面2


「北海道の恵み」シリーズ車両(キハ40)の運用は事前に発表されていないこともあり、ぼくは、まだ乗ったことは、ありません。実物は、先々週の釧路からの帰り(車窓)に見ました(これが唯一の遭遇)。




JR北海道プレスリリース「キハ40『北海道の恵み』シリーズ車両のデビュー」(2018年2月15日)
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

はるばる来たぜ



歓迎ありがとうございます。



みなさまのご協力のおかげです。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

大人の平日

なんでこんなに列車が混んでるんだ?と思ったら



「大人の休日パス」の利用可能期間だから、らしい。

「大人の休日パス」の期間は釧網本線もけっこう乗ってますよ、という話を、ついこの間、某所で事情通から聞いたばかりだったのですが、現在も、釧網本線の快速しれとこ摩周号は、利用者が多いため増結しているのだそうです(地元消息筋からの情報)。

改札を出たら、喫煙所の脇に、例のガチャガチャ発見。



夜遅くに行ったら、なくなってました。



このガチャガチャ、どうやらキヨスク(四季彩館)で管理しているらしく、四季彩館の閉店とともに、シャッターの中に収納されたようです。おかげで300円を無駄遣いせずに済みました(笑)。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -