熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『書評の星座 吉田豪の格闘技本メッタ斬り2005-2019』

本の表紙

《この本は、2005年から始まった『ゴング格闘技』の書評連載をまとめたものだ。(中略)ハッキリ言えるのは、格闘技関係者でもこれだけの本をちゃんと読み続けている人は確実に存在しないはずなので、約15年間の格闘技史をかなりいびつに網羅した貴重な史料になっていること確実なのである。》(「はじめに」から)という、帯に曰く「この一冊でわかる 格闘技『裏面史』!」。

もっとも、ぼくは、格闘技「オモテ面史」だってよくわかってない。この本で紹介されている165冊のうち、読んだことがあるのが10冊で、発刊当時に読んでみようかなと思ったのが10冊ぐらい、あとの145冊ぐらいは存在すら知らないような本ばかり、というボクでも、むちゃくちゃおもしろかった!本を紹介するこの本自体がとてもおもしろい本になってます。

全部で485ページもあるから読み通すのは大変なんですが、あまりにおもしろいもんで、寝食を忘れてはいないけれど他のすべてのことよりも優先させるぐらいの勢いで読んだら、読み終えた頃には吉田豪さんが自分の中に降臨している!と、吉田豪チックに「!」を付けたくなったりするわけですよ(ただ、これは、吉田豪さんの本を読んだ直後には、いつも起きる現象なんだけど)。

どんなことであれ、仕事というのは「動機」×「熱量」なのだなあと思わされた本、でありました。
 
読書 | permalink | comments(0) | - | - | -

『それでも俺は、妻としたい』



世の中にダメ男が主人公の物語はよくあるけれど、ここまでリアルなダメっぷりを描いた物語は珍しい。森見登美彦の『太陽の塔』または『夜は短し歩けよ乙女』の20年後、みたいな、ただ、年齢を重ねた分、妄想がストレートになっていくような、そんなお話。あるいは、みうらじゅん的、というか、

でも、最後は、泣きました(笑)。こんな(下品な)小説で泣くってどういうことだよ!と腹を立てながら、じんわりと。

今年読んだ本の中の最高傑作、は、言いすぎかな。
いや、それは、これを最高傑作とする自分が恥ずかしいと思っているだけ、かも。


 
読書 | permalink | comments(0) | - | - | -

『昭和四十一年日本一周最果て鉄道旅』

傑作。読みましょう

本の表紙

昭和41年、といっても、今の若い人にはピンとこないかもしれません。ぼくだって、まだ、生まれてませんから。1966年、戦後まだ20年ちょっとのときに、20歳の鉄道好きの若者二人が、上野からただひたすら列車を乗り継いで稚内を目指し、稚内で反転して今度は枕崎を目指し、枕崎から神戸へと戻る17日間の旅の記録が、第一部「昭和最果て巡礼記」。これだけだとただの個人の旅行記で終わってしまうところ、それに続く第二部「巡礼から五〇年。最果ての鉄路は今…」があることで、第一部、すなわち、50年前のこの旅で著者が見聞きしたものが貴重な記録として浮かび上がってきます。

自分よりも二回りの上の方に対してこんなことを言うのはおこがましいのですが、著者にへんな使命感や意気込みが感じられず、むしろ、《所詮は著者の体験を振り返る懐古趣味の所産に過ぎない》(p.186)、《死に行くシニア層の「引かれ者の小唄」だと軽く聞き流して頂きたい》(p.187)というスタンスで書いていることが、マニアものにありがちな独善性を排することにつながっています。そして、懐古趣味だろうがなんだろうが、とにかくこの本を書きたかったんだ!出したかったんだ!という思いが伝わってくる。この「熱」ですよ、出版物(に限らず世に出すもの)に必要なのは。

第二部の第二章「日本一周旅行のその後」の《観察した愛すべき昭和の風景が旅行後の約五〇年間にどのように変貌したのかを以下に順次述べる》の「以下」を読むだけでも、勉強になります。ここには、いろんなことを考えるためのヒントが、たくさんあります。

本の裏表紙と帯に書かれた目次

「日本一周旅行のその後」には、たとえば、こんな見出しが載ってます。

ヤマの消滅
雄別炭礦
羽幌炭礦
天塩炭礦
昭和炭礦ほか留萌炭田(雨竜炭田)のヤマ
悲劇を語るクラウス一七号
私鉄帝国主義の終焉
定山渓鉄道の興亡
「五島ドクトリン」との訣別
高知県交通の消滅
網走交通の変容
駅前風景の消滅

ここを読むだけでも十分におもしろいのですが、これをさらに理解する(頭の中でわかったような気になるだけでなく「腹に収める」状態にする)には、やっぱり、旅行記を読まねばなりません。旅行記を読めば、さらによくわかります。そして、いまぼくらの目の前で起きていることはこういうことなのかと、これまで気づかなかった視点が見えてきます。

この本の最後は、こう結ばれています。

《令和元年一〇月八日、鉄路のみで道内を再巡礼後、我ら信徒の西の総本山・梅小路の鉄博にお礼参り、園内のC六二出発ドラフト音に聞き入りつつ傍らの旧型客車オハフ五〇内で往時を偲び校正の朱筆を執る》
 

読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

今年も出ました!『あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド!2020』

ふらっと立ち寄ったジュンク堂の地下2階で発見!



表紙の文字をそのまま書き写すと「さらなる細かさを求める日本全国の箱根駅伝マニアに捧ぐ EKIDEN NEWS の あまりに細かすぎる箱根駅伝ガイド!2020」。表紙をめくると、例によって小さな文字がびっしり書かれたページがあって、見出しにいわく「さらに細かくなった3年目」。本文にいわく《ありがたいことに今年も出すことになりました。細かいリニューアルポイントはたくさんあるのですが、大きな改定としては、大手町だけでなく、各中継所の地図を加え、さらに監督から選手へ最後の檄が飛ぶポイントにもマッピング。もちろん用語集も2020年度版に改定します》とのこと。

かつては世界最強タッグが始まってオリンピアが流れるようになると年の瀬を感じたものですが(その「かつて」って30年以上前だろ!)、そのうち、この本を見かけると「ああ、今年も終わりだなあ」と思うようになる日が来るのか来ないのか。
 

読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

『50歳ゼロからの世界挑戦 MINDSET』



「あとがき」から:
《私と同世代であれば20代、30代のような無謀な挑戦は今後できないかもしれません。己の経験を駆使した40代のような挑戦も難しいでしょう。でも、50歳なりの戦い方、挑み方というのが見つかるはずです。常に心のセッティングをして、いくつになってもあなたらしい挑戦を続けてください。「楽しむ勇気」を持って、人生最期の瞬間まで楽しんでください。》

というわけで、20代、30代、あるいは40代になったばかり、のような方には、わかりづらい内容かもしれません。文章は平易ですし、トレイルランニングの日本国内における第一人者である著者の鏑木毅さんは、トレイルランニングとはいかなるものかを、実体験に即して記していますから、その意味ではとてもわかりやすい本なのですが、肉体の衰えを感じることがない年齢では、ここに書かれていることを理解するのは難しいかもしれない。

この本の全体を貫いているのは、著者のやさしさ、諦めない気持ちです。ただ闇雲に前に進むのではなく、ときに弱音を吐き、周囲に当たり散らすといったみっともない部分も、正直に、書かれている。だけど、著者は、どこまでも、やさしいのです。だから、そうしたイヤな部分を読んでもイヤな気分になることなく、最後まで一気に読み進めることができる。

巻頭のカラー写真=世界最高峰のトレイルランニングレースであるUTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン)の様子=も美しく、こういう本を手にすると、やっぱり、電子書籍じゃなくて紙の本だな、と思います。
 
読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -