熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

五輪影響 釧路湿原マラソンは日程変更

例年7月下旬に開催されている釧路湿原マラソン、来年は、9月20日開催になるようです。北海道新聞の報道では「東京五輪マラソン・競歩の札幌開催日前後は警備員の確保などが困難と判断」とされていますが、釧路湿原マラソンに毎年出場している川内優輝選手のツイッターは「東京五輪のマラソン・競歩の札幌移転に伴い、道警の要請により、7月最終日曜日から9月20日に変更になるそうです」。なるほどね。

例年どおりなら、釧路湿原マラソンの翌週(オリンピックの直前週)が当別スウェーデンマラソン。これは、さすがに、厳しいでしょうけど(当別は札幌の隣町です)、オリンピックが終わってから3週間後の北海道マラソンはどうなるのか。やるのかやらないのか(やらないってことはさすがに考えにくいですけど)、やるとすればいつなのか、コースはどうするのか。

北海道マラソンの開催時期を後ろにずらすというのは、現実的とは思えません。9月には、大通公園で、全道各地から出展者が集まるオータムフェストがあります。10月の第1日曜日は札幌マラソン。

とにかく、いずれにしても、早く決めてほしいものであります。

釧路湿原マラソンは、昨年、出ました。途中、人家も応援もなくなり、これといった景色の変化もなく、おまけに釧路らしからぬ暑さだったこともあり、ひたすらツラい大会でしたが、川内優輝選手と至近距離ですれ違えたのは楽しかったです。

去年の釧路湿原マラソンの直後、札幌に帰る前に寄り道しているボク

疲れた顔してるわあ。マラソンの結果が、不本意だったんだよねえ。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

使えないのか、使わないのか

先週末の北海道コンサドーレ札幌の今季最終戦で、スポンサーのトーホウリゾートさんからタオルをいただきました。



以前であればこういうものはきれいに取っておいたのですが、最近は、そんなことしてコレクションしているとキリがないことに(長く生きてきた末にようやく)気づき、実用品は使う、実用的でない品はさっさと処分することにしてます。今回のタオルも、元の形を残したままコレクションしておこうなんて思わなくなるように、さっさと開封して、外側の包装紙は処分しました。



これ、べつに、タオルマフラーとか、応援グッズの類ではなく、普通のタオルです。赤いのがインパクトありますが、普通に、お風呂で使うタオルです。猪木を演じるには少し短い、普通のタオルです。

しかし、だ。



タオルの入っている場所の底のほうには、こういうふうに、使っていないタオルが、結構、あるわけですよ。礼文島の民宿海憧の部屋に置いてある浴衣は着たことないんだけど(もうユースホステルから民宿になって20年以上も経っているのにボクの頭の中ではいまだユースのままだから備え付けの浴衣を着るとかバスタオルを使うとかってのがすごくヘンな感じがして使えないのだ)、タオルは、たまに、使います。しかし、これは、どう見ても、使ってない。

全日本玉入れ選手権のタオル。



全日本玉入れ選手権に出たのって、いつの話だよ?10年か、いや、もっと前か。ただ、これは、一度ぐらいは洗濯したと思われる形跡があります。新品にしては、少し、ごわごわ感があります。

天塩川温泉のタオル。未使用っぽい。



天塩川温泉に泊まったのは、もう、20年ぐらい前です。

さらに遡ること10年、これは30年前のものと思われるタオル。



ビニール袋に封をしているセロテープが茶色く変色してます。



もっとも、この「さよなら名寄線」のタオルは、実用品ではなく、どちらかといえば、記念品、でしょう。コンサドーレの赤いタオルも、民宿海憧のタオルも、全日本玉入れ選手権のピンクのタオルも、住民保養センター天塩川温泉のタオルも、すべて、参加するなり泊まるなりしてタダでもらったものですが、これだけは、買ったものです。どうしてこんなの買ったんでしょうかね?と、いまのボクは思いますけど(今だったらこれ売ってても買わないと思う)、当時は、ほしかったんでしょうね。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

Pより美味しいQなっつ

鳥塚さんがヤフーニュースに「ご当地あるある!『千葉県民は落花生を豆の品種で選ぶ』」を書かれたのは、昨年12月20日のことでした。この記事で、初めて、ピーナッツより美味しいからアルファベットのPの次のQを冠したという新品種「Qなっつ」の存在を知りました。

その4日後、復興クリスマストレイン



落花生の品種を説明する「ピーナッツ大使」鳥塚さん。



食べ比べたらなるほど味が違った、という話は、今年1月のブログに書きました。




今年の9月に台湾に行ったとき、いろんな種類の落花生が売られているのを見て、わざわざ違うパッケージの落花生を買ったのは、そのときの記憶があったから=あ、これは、ネタになるぞ、と思ったからです。



いまこうして見れば、左側のはニンニクっぽい感じだとわかるのですが、でも、落花生ですからね。まさか、ニンニク味の落花生があるなんて、想像もつかないわけで、口にしたときのインパクトは、とても強烈でした。



買ったのは金崙のセブンイレブン。



そんな台湾から、はや、3ヶ月。
Qなっつを知ってからは、もうすぐ、1年。

札幌のスーパーで、Qなっつを発見しました。



隣に置いてあった千葉県産落花生(ナカテユタカ種)と同じ値段ですが、内容量は、ナカテユタカが130gであるのに対し、Qなっつは100g。少し、お値段高めです。

でも、美味しい!

九里四里うまい十三里、Pより美味しいQなっつ。
ダジャレだっていい。とにかく、美味しいです。オススメ!
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

2020年1月18日開催「JR宗谷本線の未来を語る座談会」

来月(2020年1月)18日の土曜日、音威子府村で、「JR宗谷本線の未来を語る座談会」が開催されます(詳しくは音威子府村ホームページをご覧ください)。

当日のプログラムは、今のところ、3本立てで予定されています。まず、9時30分から、今年夏に運行された「風っこそうや」の歓迎おもてなしを実施した方々による振り返り会議「風っこそうやミーティング」。続いて、10時30分から「汽車旅を味わう、食のミニ祭典in音威子府」。ここでお腹を満たしたら、13時からは「JR宗谷本線の未来を語る座談会」 。進行は、ぼくが務めます。

みなさまのご来場をお待ちしております。

 

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

2019年7月6日 函館へ

しばらくぶりの、少し早めに(でもないか、もう)2019年を振り返るブログ積み残しネタシリーズ。

今年は(今年も)函館と札幌と稚内と網走でフルマラソンを走り、そのうち、稚内と網走は飛行機で往復しましたが、函館は、列車で行きました。

函館へ向かう列車の中で、やまべ鮭寿し。



函館駅のホームから見える、ともえ大橋。



函館マラソンでは、30kmを過ぎてから、この橋を往復します。片道だけでも大変なのに、往復です。復路に至っては、42.195kmの残り5kmまで来てから、ですから。しかも、何度も書いてますけど、往路はこれを渡る前、復路はこれを渡りきった後に、もうひとつ、線路を越える橋を上り下りしなきゃいけないんですから、このコースは、やはり、おかしい(笑)。

でも、この橋の上から見える函館港の眺めは、素晴らしいです。

函館はナンバーカード(ゼッケン)は事前に郵送されてきていて、参加賞も引き換えは当日でもOKだから、前日に会場に行く必要はないのですが、時間があったので、千代台まで行って、もらってきました。



函館駅から千代台へは、たまたま、箱館ハイカラ號。



千代台からの帰りの電車は、女性の運転士さん。




矢野直美さんの『ダイヤに輝く鉄おとめ』によると、函館市電の女性運転士採用は2005年から始まっているとのこと。ずいぶん前からやってるんですね。もう、完全に、定着してるんだな。

この日の最後の写真のタイムスタンプは、22時15分。



翌日にフルマラソンを走る人が、こんな時間までやきとり屋さんにいたら、ダメでしょ(笑)。函館マラソンは地元色あふれる給食が特徴の一つなのに、翌日、走っているとき、お腹がいっぱいで、最後のほうはもう食べものいらないってぐらいに、ちょっと、気持ち悪かった(<おいおい!)。もっとひどかったのは9月のオホーツク網走マラソンで、大会前日、地元在住の若い友人たちに勧められるまま、食べすぎたもので(食べすぎ=美味しかったということです)、網走は、エイドの給食、ほとんど取ってないです。

今年はフルマラソン8回走りましたが、いまだに、前日の夜と当日の朝は何を食べればよいのか、どういうふうに過ごすのがベストなのか、わかりません。前日にあれだけ動いて夜遅くにようやく現地に入った金沢マラソンがPB更新なのですから、ぼくのようなレベル、かつ、給食の出る大会であれば、その辺は神経質にならずに、自然体で過ごせばよいのではないかと思い始めています(ただし北海道マラソンは別だ<ぼくみたいな遅いランナーだと給食残ってないですから)。

来年の函館マラソンは7月5日開催。申込開始は2月中旬だそうです。

矢野 直美
ジェイティビィパブリッシング
¥ 1,738
(2010-02-27)

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

オリンピックのマラソンコースを走ってみる

北海道マラソンの現コースはスタートが大通西4丁目の札幌駅前通で、すすきのから中島公園へと南下して豊平区をまわってからまた中央区に戻ってきて北区に入るあたり、札幌駅のすぐ近くが10km地点です。東京オリンピックのマラソンコースから札幌ドーム発着案が消えて大通公園発着の周回コース案が出てきたとき、この10kmを4周するのかな?と考えたのですが、実際には、10km地点の先から、北海道マラソンの現コースにはない区間を走って、北海道マラソンの37.5km地点から北海道マラソンのコースに戻る、という形で、1周20kmのコースが設定されることになりました。

昨日の朝、その区間を、走ってみました。



大通公園のテレビ塔のそばからスタートして、少し手前に戻ってくるまで、手元計測で10.65km。勾配といえるほどの勾配はなく、曲がる箇所も少なくて、思った以上に、走りやすかったです。北海道マラソンだと、新川通に入るところがちょっとした登りになるし、新川通の交差点あるいはアンダーパスなどで多少のアップダウンがありますが、この区間には、そうした箇所もありません。

北海道マラソンの現在のコースは、創成川通(石狩街道)を北へ進んできた後、北8西1(「燔」の角)で左(西方向)へ曲がりますが、オリンピックのコースは、そのまま24条まで北上します。

ここ↓で曲がるのが北海道マラソン、曲がらないのがオリンピック


ここまで来て曲がります(写真の右から来て手前へ)。


地下鉄北24条駅の前を通って


北海道マラソンの37.5km地点から北海道マラソンのコースに復帰。


この先は、武蔵女子短大の脇を通ってから左折して北大構内に入って…という、ぼくにとってはおなじみのルート。この辺は、いつも、ランナーはたくさん走ってます。

それにしても来年の北海道マラソンはどうなるのか。時期をずらすといっても、大通公園はほぼ一年中、何かしらの予定が入ってます。今年の例でいうと、冬囲いが取れた後、5月半ばから月末近くまではライラックまつり、6月に入るとYOSAKOIソーラン祭りがあって、それが終わると花フェスタ。7月になったら8月半ばまでビアガーデン。9月はオータムフェスト。8月下旬の北海道マラソンは、その合間でやっているわけです。

オリンピックは、ランナーの人数は少ないですから、大通公園で何かやっていても、ちょっとスペースを空ければなんとかなるかもしれません。でも、北海道マラソンは、そうはいきません。2万人のランナーの受付はチカホや札幌駅南口広場に移せばどうにかなるでしょうが(どうせ前日受付なのだから受付場所とスタート地点が離れているのは問題ないです)、手荷物預かりはどうするのか。大通公園の年中行事の多さを日々目の当たりにしていると、来年の北海道マラソンも例年どおりの時期に開催するか、それが無理なら開催しないかコースを変えるかといった選択しかないように思えてくるのですが…

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

2019年シーズン 終了

本日は2019年J1リーグ最終節。

スポンサーさんから感謝のタオルをいただきました。



北海道コンサドーレ札幌は川崎フロンターレと対戦して、1-2で敗戦。点差以上の実力差があることを認めざるを得ない内容だったものの、その差は、以前に比べれば、だいぶ、縮まってきています。悔しくないことはないけれど、やれるだけのことをやっての結果ですから、試合後は、素直に、拍手を贈りました。

今季最終戦だったので、試合後に、ユースチームや女子チーム、バドミントンチーム、カーリングチームの紹介があって、野々村社長の挨拶があって、1年を振り返るVTR上映があって、ミシャ監督の挨拶があって(長かった(^^;))、選手やスタッフが場内を一周して、すべて終わる頃には、試合終了から1時間以上が過ぎてました。



昇格にも降格にも関係なく、去年の最終戦のようにACLがどうこうということもなかったから、淡々と、ああ、今シーズンは終わりなんだなあ、どころか、ああ、今年はもう終わりなんだなあと思えてきて、なんだか、ゆく年くる年を見ているような気分でした。

シーズンが終了したので、クラシックの安い店で、反省会。



外から見える席に、チャナティップのユニフォームを着たまま座っていたら、お店の外でキムミンテのユニフォームを来た人(ぜんぜん知らない人)がぼくのことを呼んでいて、外に出ていって、「ウィアーサッポロ!」と言いながらハイタッチ。順位は2桁に落ちたけど、今日の試合は負けたけど、今日はいい試合でしたよね!と言うキムミンテ(のユニフォームを着た人)。

はい、まったく、その通りです。

順位も、今日の試合の結果も、いいんです。ぼくらは、確実に、強くなってます。着実に、高いところへ上がりつつあります。だってさ、わずか3年前は、J2の最終節でツエーゲン金沢を相手に互いの利害が一致した攻めない引き分け試合やって、ようやく、J1昇格を決めていたようなチームだったんですよ。チームができて20年以上も経つのに、その間、J1でまともに戦えたのは、1シーズン(2001年)だけだったんですよ。それが、3年目のJ1を、降格を気にすることなく、前年までのチャンピオンチームと、堂々と渡り合って、普通に終えているんですよ。

たしかに、リーグ戦の順位は、10位です。だけど、今年は、ルヴァンカップで決勝戦まで進んだから試合数が他のチームより多かったし、主力選手が各国の代表に選ばれてチームを離れるという(これまでコンサドーレは経験したことのなかった)難しい状況も、シーズン中に、何度もありました。そういう中で、降格を気にすることなく10位でシーズンを終えられたことは、こういうレベルで戦うことが初めてのチームとしては、上出来です。

個人的なことをいえば、スカパーがJリーグ中継をやめた後はDAZNを契約することなく、もともと我が家にはNHK-BSもないから、去年からはJリーグの試合中継をほとんど見なくなっていて(見る機会がなくなっていて)、そのうえ近年はマラソン大会に出ることが楽しくなっちゃって、コンサドーレはホームゲームですら見ないことが多くて、以前はアウェーまで行っていたことを思えばすっかり熱が冷めてしまったような状態で、誤解を恐れずにいえば「濃い」「熱心な」サポーターの人たちが遠い存在に感じられるようになってきて、もう、シーズンチケットはやめようかと思ってました。どうせ見に行かないから、もったいないし、以前のような関心も持てないし、以前から親しくしている方々とは温度差を感じるようになってきていたし。

サポーター界(?)じゃない人から見れば、埼玉スタジアム2002まで決勝戦を見に行くようなヤツが何を言ってるんだよ、あんた十分に熱心なサポーターだよ、ってことになるんだろうけど。

試合を見に行くとか、ましてやアウェーまで時間とお金をかけて出かけるとか、ユニフォーム買うとか、そんな余裕があるなら、それは別のことにまわしたほうが、自分の将来のためになるんじゃないか。そんなことに時間をお金を使っている余裕は、オレの人生には、もう、ないんだよ!

そんなことも考えてました。

それと、以前、といっても、もう10年以上も前ですよ、ぼくが、コンサドーレの仕事をしていたのは、もはや遠い昔の出来事です。あの頃にやりたくてもできなかったことを、いま、野々村社長がどんどん実現させていることには、複雑な思いを抱いていました。あの頃いろいろやったことが、結局、すべて中途半端に終わってしまったことは、けっこうな深さの、心の傷でした。ずっと続けてきたサポートシップスポンサーも数年前から切れちゃったし。

もう、自分の役割はここにはない、自分がいても仕方ない、なんていう、ものすごく思い上がった考えも、ありました。

でも、それは、もう、みんな、過去のことです。

何をつまらんことを言ってるんだ、難しいことをごちゃごちゃ言ってないで、スタジアムで、手拍子を打ち、声援を送り、みんなと一緒に一喜一憂すればいいじゃないか。ユニフォームだって、買えばいいじゃないか(高いけどね)。

いまは、そう思ってます。シーズンチケットも、また、買います。その分、時間やお金がかかることに対しては、別の何かで、時間やお金を捻出する方法を考えましょう。一度きりの人生、本当はやりたいことを、やりたくないようなふりして心をごまかしているのは、じつに、くだらんことです。

あの飲み屋の前で手を振ってくれた、初めて会ったキムミンテ(のユニフォームを着た人)の笑顔のおかげです。やっぱりね、楽しいんだよ、勝っても負けても、コンサドーレがあるってことが。20年以上も、ずっと、そばにあるんだもの。近くに寄り過ぎて嫌な思いをすることがあって、その反動で少し引いたらますます近寄りたくなくなった、なんてことも、たぶん、あったんだけど、もう、いいよ。

野々村社長の言うとおり、クラブにずっと関わってきた人=サポーターを含む人々=のメンタルも、変わっていかなきゃいけないんです。10年ちょっと前、自分が関わってた頃のことを思えば、いまや、すっかり別のクラブ、別の会社です。こんなわずかな期間でも、変わるんです。変われるんです。

みなさん、1年間、お疲れさまでした!
また来シーズン、スタジアムで、お会いしましょう!

来年3月1日の東京マラソンは、コンサドーレで走るぞ(^^)

北海道コンサドーレ札幌2019 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

マラソンが好き

ちょっと、感動しちゃいました。



こういうテレビ番組があることすら知らず、ただ、マラソンというキーワードで引っかかってきたから録画しておいただけなのですが(放送は深夜でした)、途中でホントに泣いちゃいました。もらい泣きですわ。自分がマラソン走るからこそわかることが、たくさん、ありました。やっぱりね、こういう年齢の普通の(普通以上に太った)おじさんが、フルマラソンをこのぐらいの時間で走れるというのは、やらない人からしたらあり得ないような努力をしているのです。

小杉さんが、前年は時間制限に引っかかって通過できなかった30km関門をクリアして、35km、残り1kmと進んでいくときの、あの感覚!あれは、何度走っても、楽しくて苦しくて、ワクワクしてホッとして、フルマラソン以外では体験できない感覚です。ハーフじゃないんだ。あれは、フルでないと、わからんのだ。

そういうことが、この番組見てると、伝わってくるんだなあ。
これは、フル走ったことないと、わかんないだろうなあ。

番組を見ながら、「マラソン、好きなんだなあ」と呟いた自分にも、びっくりしました。4月からずっと大会続きだったのが、この先しばらく大会がないから、マラソン大会に飢えているのかもしれません。

でも、いいんだって、今月は、休んでもいいって、作田さんが言ってます。

クリスマス、賞与、年末休暇、そして忘年会など、思うようにトレーニング出来ないことで、ストレスを抱えてませんか?
皆さん、12月くらいは休みましょう(笑) 北海道を離れたら、この時期でも毎週大会が行われていて、ランナーにとっては休む間はありませんからね。
12月はスロージョグを増やし、スピードよりロング走で基礎作りもいいですね。(ただし、体重はプラス2kgまで!)
心身ともに健やかに、良いお年を迎えましょう!


体重が増えても、いいんです!

遠慮なく、食べましょう!(笑)





それにしても、大阪マラソン、楽しそうだったなあ。
来年は当選するといいなあ。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

来年のカレンダー 2

今年もまた、作.AC真駒内マラソンで、カレンダーもらいました。



去年もらった今年(2019年)のカレンダーの、毎月の素敵なメッセージの中でも、とくに好きなのが、これ。



上の画像だと文字が読めないので、以下、書き写します

自己ベストだけで比較されるのは、正直なところ、悔しいです。
涼しく、追い風で出したタイムと、猛暑のなか戦ったタイム。
競い相手に恵まれたタイムと、向かい風の中、一人で走り切ったタイム。
でも終わってしまえば、残るのは数字だけ。
出場した大会の違いで、記録が大きく変わることも少なくありません。
こんな時、仲間は何と声を掛けてくれるでしょう?またあなたは何と声をかけるでしょう?
積み上げた練習を見てくれていた仲間、そしてあなたを理解してくれる仲間は、掛けがえのない宝物です。


来年のカレンダーもまた、毎月、厳しくもやさしいメッセージが載ってます。

今年と来年の最大の違いは、8月に「北海道マラソン」の文字がないこと。



オリンピックが札幌開催となったことで、北海道マラソンは例年どおりの時期には開催できないのではないか、などと言われてますが、どうなるんでしょうね?

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -