熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

「最初から自分たちのプライドをチラつかせられたら、誰も応援しようとは思わない」

2019年4月30日第一刷発行。



きわめて個人的なことなのであまり口外してませんが、この半年ばかりの間にいろんなことがありすぎて、ようやく、ただ楽しむだけのための短い旅に出ることができるようになったときに、しかし、そういう状況は本当にしばらくぶりだったから、旅の作法をすっかり忘れていて、移動中に読むものを持ってこなかったことに札幌駅で気づき、札幌駅の駅ビルの本屋さんに入って、限られた時間でとりあえず何か買おう…という中で買ったのが、この文庫本でした。

結局、その旅の中では最初の「文庫版のためのまえがき」すら読まなかったんだけど、帰ってきてからちょっとだけ読んだら、おもしろくておもしろくて、しかし日常のあれこれの中では一気に読むわけにもいかず、寝床でちまちまと読んでたんですけど(寝床でiPhoneいじってるよりはいいでしょ)、ついに、昨日、コンサドーレの試合から帰った後、ほかにもやることあるんだけどなあと思いつつ、最後まで一気読みしてしまいました。

プロレスの本じゃないんです。

どっちかというと、ビジネスの本、生き方の本、それも薄っぺらな教訓めいた言葉を並べただけの本とは段違いの迫力を持ったノンフィクション、だと思うんです。ぼくは、こういう本、大好きです。

いちばん印象に残ったのは、これです。

《マスコミの前でははっきりと口にしないものの、新団体を作った選手たちの本音は「大仁田レベルで成功するなら、元より格上の俺が失敗するはずがない」であり、「サスケみたいな若僧の無名レスラーが認められるなら、俺だって大丈夫だろ」だった。(中略)しかし、大仁田がファンから支持されたのは、ちっぽけなネームバリューは利用しつつも、過去の栄光をバッサリと捨て去り、本来ならかっこ悪くてとてもできないと思うほどの恥を前面に曝け出すことで共感を得たから。最初から自分たちのプライドをチラつかせられたら、誰も応援しようとは思わない。》

すべての原点は、こういうことなのですよ。「本来ならかっこ悪くてとてもできないと思うほどの」ことを、恥ずかしげもなくできるのかどうか。目指すところ、手に入れたいものがはっきりしていれば、できるはずなんだ。自分にとって何がいちばん大事なのか。本当にそれを手に入れたいのであれば、他人にどう思われようが、そんなの関係ないですから。

《「うるせぇな!なんで君を介して話をしなくちゃいけないの?だったら、俺の回答を伝えておいてよ。そんなに邪魔だったら、お望み通り、消えてやるよ。週プロ辞めてやるよ!」それまで週プロを辞めるつもりなんて、まったくなかった。(中略)実際のところ、本当に辞めたかったわけではない。(中略)人間とは不思議なもので、一度、口に出してしまった思いは、どんどん肥大化してくる。ただでさえ割が合わない過酷な仕事。それを雑誌に対する愛、そして自分が働かないと週プロが出ないという責任感だけでこなしてきた。気力だけで働いてきた。しかし、その気持ちが音を立てて折れてしまったら、これまで喜びだった忙しさは、単なる苦痛でしかなくなってしまう。たったそれだけの理由で?そう、それだけの理由だった。》

そうなのだ。本気でないことでも、言葉にしてしまうと、それが現実になっていってしまうのだ。だからキミは本心でもないこと、さほど強く思ってもいないことを口にしたりこういうところに書いたりしてはいかんのだ!と、最近、反省するようになりました。言葉って恐ろしい力を持ってるんですよね(だからオレは今はツイッターはやらないのだ<あれはホントに怖いよ)。

《周囲のサポートもあって健康を取り戻した僕は「死」というものを強烈に意識するようになった。週プロ時代は「明日、死んでもいい」と思っていたが、いまはそんなことは考えてもいない。もちろん、長生きはしたい。ただ、人はいつ死んでしまうかわからない。だったら、やりたいと思っていた仕事を全部やろう。》

そうだね。人はいつ死んでしまうかわからない。そんなことは、若いときは考えたこともなかったけど、最近は、やっぱり、考えますよ、そういうことを。だからやりたいことを云々、というのは、これも若いときだったら、刹那的な快楽に走ったりしそうなんだけど、もう、50年以上も生きてますからね。わかりますよ。そういうことじゃないんだよな。

 
読書 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

強くなったねえ…(2019年版)



戦術がどうこう以前に、まずは、1対1、球際なんです。気持ちなんです。

2019年版、というのは、去年の8月、FC東京相手に2点を先制されながら3点を取ってひっくり返したときにも同じことを考えたからで、20年以上もこのチームを見てきた身としては、マリノスを相手にこれだけの試合がやれるようになったのかと思うと、じつに、感慨深いわけであります。でも、いまの選手たちは(苦しかった頃を知っている宮澤裕樹はともかく)そんなことは考えることもなく、上を見ているわけでありまして、この程度のことで感心しているこちらが頭の中をアップデートしなきゃいけないのでしょうね。

ともあれ、3連敗の後の2連勝(しかも2試合とも無失点)。3連敗の間は、つねに、早い時間帯に失点したうえに前半のうちに2点差をつけられていたのが、今日は、開始早々にロペスが自陣でボールを奪ってぐいぐいドリブルから絶妙スルーパス(清水戦のときのお返しみたいな)で中央の武蔵をスルーして遠くのチャナが(DFに対応されてGKと2人を相手にしなきゃならなくなったのに)ストイコビッチみたいな細かいターンでかわして先制、これだけでも相当に楽になったのが、さらに、ロングボールを競った武蔵がゴール正面でファウルを受けて福森のカッコイイFKで2点のリード。

でもでも、今日のMVPは、深井一希でしょう。開始早々の三好への体当たりに始まり、宮澤が目立たなくなるほどに、深井が広い範囲をカバーして、相手の攻撃の芽をことごとく摘んでくれました(後半はだいぶ消えましたが)。進藤−ミンテ−福森−菅の4バックもうまくはまって、なにしろ中央に入ってきたところを福森と深井でほぼ完全に封じたことが大きかった。それと、ルーカスだね。4バックで守備の負担が減ったからなのか、日本に慣れてきたということなのか、ルヴァンカップの湘南戦(4月10日)のときと同様に、ぐいぐい、不思議なリズムのドリブルで攻め上がっていって、あの2人を抜いてからのシュートがポストを直撃したときの驚きといったら、ああ、これ、生観戦してよかったなあってな感じですよ。

これで、8試合消化して、川崎と勝ち点1差の8位。得失点差はゼロになり、なにより、降格圏との勝ち点差が8に広がり、下を気にしなくてよくなったのが、精神的に楽だわあ〜

北海道コンサドーレ札幌2019 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

第2回日本最北端わっかない平和マラソンまで134日

4月1日にエントリーを済ませた第2回日本最北端わっかない平和マラソン、いまさら気づいたんですけど、なんと、コースが去年と違うではありませんか。

コース&アクセス|第2回日本最北端わっかない平和マラソン【公式】

国道から内陸へ入る折り返し部分が短くなっていて、その分、稚内駅からノシャップ岬の方向へとコースが延びてます。線路が見える場所は、去年は40km過ぎでしたが、今年は35kmあたり。

ここです



出会える可能性のある列車は、稚内駅13時01分発の特急サロベツ4号。
ぼくの去年の35kmの通過時刻は13時06分。

おお、十分、可能性あるぞ。興奮してきたな(笑)。

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

道の駅あびら D51ステーション 明日オープン

安平町の「道の駅あびら D51ステーション」は、いよいよ、明日、オープンです。営業時間は9時から18時まで。オープン直後は混雑が予想され、混雑時には右折での入場はできなくなるそうですので(案内=PDF)、ご注意ください。

「道の駅」ではありますが、安平町追分という鉄道のまち(国鉄蒸気機関車終焉の地)に位置し、施設内には「D51鉄道資料館」をはじめ鉄道に関連したコンテンツもたくさんありますから、蒸気機関車華やかなりし頃を偲びつつ、追分駅まで列車で行ってから、追分駅から徒歩で訪れるのも、おすすめです。「道の駅あびら D51ステーション」は、追分駅から、じゅうぶん、徒歩圏内です。

ちょうど1年前、2018年4月18日は、北海道鉄道観光資源研究会の一員として現地を訪れ、鉄道車両(D51蒸気機関車とキハ183北海道型特急ディーゼルカー)の移設に関する打ち合わせを行った日でした。



思えば、キハ183スラントノーズ型をクラウドファンディング使って保存しよう!という話が持ち上がったのが2017年(2年前)の3月31日の夜。その後、わりと早くにJR北海道さんから「場所が決まれば譲渡は可能」とのお話をいただいたものの、受け入れてくれる場所がなかなか見つからず、もう時間切れ寸前のところで安平町役場におじゃましたのがその年の11月6日のこと。

その時点で道の駅の設計図はもう出来上がっていて、蒸気機関車を置く場所も決まっていて、そこに新たにディーゼルカーを置くなんてのは普通なら嫌がられるはずなのに、安平町の瀧町長(当時・現在は退任)や及川教育次長(当時・現在は町長)をはじめ、役場のみなさんは、驚異的なスピードで仕事を進めてくれました。

安平町から正式にOKが出て、安平町役場の方々とともにJR北海道本社へ正式依頼にうかがったのは、最初の訪問からわずかに23日後の11月29日。そして、これを受けて、クラウドファンディングの準備を始め、クラウドファンディングサイトが立ち上がったのが昨年の元日、2018年1月1日。ここで、思いのほか多額のお金を全国のみなさまから頂戴し、キハ183を道の駅に移設できること、2両目のキハ183を(従来の)安平町鉄道資料館に格納することができることが決まったのが、2018年3月30日。

そして、ちょうど1年前の今日、現地で、具体的な話をしたのです。



安平町のみなさん、道の駅オープン、おめでとうございます。

及川町長、役場の**さん、ご多忙な毎日かと思いますが、北海道マラソンまでは、あと129日です。今年の夏も、一緒に、がんばりましょう!



※写真はいずれも2018年4月18日撮影。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

釧路管内全国ニュース日

昨日は、釧路管内の話題が全国ニュースになった日でした。

まずは、朝、モンキー・パンチさんの訃報。



このパネルは、霧多布温泉ゆうゆに掲げられているもの。霧多布のある浜中町がモンキー・パンチさんの故郷であり、浜中町へ行くと町内の各所でルパン三世のキャラクターを見かけます。花咲線こと根室本線釧路〜根室間を走る列車の中には、ルパン三世のキャラクターをラッピングした車両もあります。



そして夜のニュースは鶴居村。
「今日全国で最も気温が高かったのは北海道の鶴居村で…」

2ヶ月半前の鶴居村。真っ昼間なのに気温マイナス11度。



鶴居村には鉄道路線がないから、幼い頃から鉄道路線図≒日本地図だったぼくには馴染みのない地名だったはず、なのですが、がきデカのおかげで、鶴居村という名前は知ってました(が、鶴居村から鶴が来る〜ですから、鶴居村って、架空の地名だと思ってました)。



釧路管内、というのは、おそらくは北海道内でしか通用しない言葉なのでしょうが、浜中町も鶴居村も、釧路総合振興局に属する、という意味です。釧路管内の自治体の構成は、ヒートボイスさんが歌う「わくわくくしろが近くなる」の歌詞に出てくる順番でいうと、白糠・厚岸・浜中・鶴居・弟子屈・標茶に釧路町と釧路市の1市6町1村。こういう仕事(どういう仕事?)を長くやっているから、道内の各市町村がどの振興局に属するかぐらいはわかるけれども、振興局ごとの市町村名なんてのは言えない、けれど、釧路総合振興局管内の市町村は、ヒートボイスさんの歌のおかげで、諳んずることができます。

もはや遠い昔の話ですが、ぼくが学生の頃、道内の某YH(ユースホステル)のペアレント(経営者)が、九州のYHはどうして各県ごとにキャンペーンをやるんだろう、旅行する人にとっては九州は九州であって県なんて関係ないのに、と言っていたことを、今でも、ときどき、思い出します。

それと同じで、旅行する人にとっては釧路管内だろうが根室管内だろうが関係ないのですが、浜中町も釧路管内に属するというのはどういうことかというと、花咲線こと根室本線釧路〜根室間は、釧路側からいうと、釧路市、釧路町、厚岸町、浜中町までが釧路管内で、末端の根室市だけが根室管内だから、自治体間の連携という話になると、根室市だけが別扱いになりかねない(念のため言っておくとこれらの各市町の仲が悪いとか連携が悪いとかを指摘したいわけではなく、自治体というのはそういうものである、ということです)。花咲線の活性化については、根室市ばかりが熱心にやっているように見えますが(浜中町もルパン列車で頑張ってますが)、それは、根室が末端であるからということとともに、そういう側面もあるのだろうと思うわけであります。

さっきから「花咲線こと根室本線釧路〜根室間」と書いてますが、これもまた、一般の人(?)にとっては、どうでもいいことなんですよね。マニア(と敢えて言うよ)は正式名称にこだわるけれど、そんなことでいちいちクレーム入れたりするから、マニアはめんどくさい、相手にしないほうがいい、ってことになるわけで、そうはいってもこだわらなきゃいけない場合もあるんですけど(言葉は大事です)、釧路〜根室間は、もう、花咲線、で、いいんです。

今日もまた、気温が上がるようですが、明日からはまた平年並みに戻るようですから、みなさま、くれぐれも、体調管理にご注意くださいませ。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

続・クマのマークの

参考書ならぬスニーカーを買って(その話は前回のブログに書きました)、靴が増えて玄関が狭くなったので、冬用のブーツをかたづけようと、物置を開けた瞬間、「あっ!」と、吃驚したのである。



クロスカントリースキーのストックに書かれた文字は、この間買ったスニーカーと同じ、KARHU、ではないですか。そうか、あのスニーカー(と来たら「は、もう捨てたかい」と続けたくなるところだが、そうではなくて)を見たとき、KARHUの文字になんとなく見覚えがあるような気がしたのは、そういうことだったのか。

久しく使っていないクロスカントリースキーの靴を出してみた。



これも、KARHU、と書かれているではないですか。
よーく見ると、クマのマークらしきものも、付いている。

探したら、この靴の箱に、大きなクマがいました。



上の写真の、上はスキー靴の箱に描かれたクマのマークで、下(お店のフライヤー)はついこの間買ったスニーカーに付いているのと同じクマのマーク。どうやら、マークが変わったらしい。

「KARHU」とはフィンランド語で「熊」を意味する、とのことで、そんなことまで知ってしまうと、ランニングシューズもKARHUに替えようかと思っちゃったりしちゃうぞ。ボクは甲高の幅広だからランニングシューズはもっぱらアシックスだと思ってたんだけど、KARHUのスニーカーは、とても、いい。このサイズ感なら、オレの足でもフィットするサイズがあるに違いない、のだが、KARHUのランニングシューズは、けっこう、難しそうな靴なんだよなあ。少なくとも札幌市内では、売っているお店はなさそうであり、試し履きは無理っぽい。

靴のことなんか考えてる暇があるならその分少しでもいいからちゃんとトレーニングしろよ!早く寝てしっかりと睡眠を取りなさいよ!と、頭の中にいるもうひとりの自分が怒っているので、今夜はこの辺で。おやすみなさい。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

クマのマークの

参考書、ではなく、スニーカー。



そもそも、参考書のほうは、クマじゃなくて、ウマだ。

靴の中には、クマと、「FINLAND 1916」の文字。



お店のブログに載っていた、クマのマークが両サイドと踵に計3つ入っているモデル、を、買うつもりだったのですが、実物を見たら、タンの部分に赤いクマが入っているのがいい感じなのですよ。こちらのモデルだとクマは1つ、かつ、クマは外からは見えづらい場所になってしまうのですが、見れば見るほどこれがいい。

「これください」

「こちらのモデルは大人気で、このカラーはその中でも一番人気なんです」

そう言われて、そうなのか、一番人気なのか、そんなものを選んでしまったオレはなんてつまらないヤツなんだと、自分に軽く腹を立てていたこの人は、やっぱり、めんどくさい。

で、この週末、この靴を履いて、だいぶ歩いたのですが、まったく疲れることなく、今日になっても脚のどこかが痛むようなことはまったくない!

ごきげんな旅を演出してくれたクマのスニーカーは、とても優秀です。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

開業目前!道の駅あびら D51ステーション

道の駅あびら D51ステーションは、いよいよ、4月19日金曜日にオープンします。昨年9月に発生した北海道胆振東部地震の影響で、蒸気機関車(D51 320)と北海道型特急ディーゼルカー(キハ183)の移設は6月以降に延期になりましたが、D51が保管される予定のSL倉庫の内部を車両がない状態で見られるのは今だけです。

4月19日から21日までと、4月27日から5月6日までの間は、オープニングイベントが開催されます。リンク先にも紹介されておりますが、まだ蒸気機関車が入っていないSL倉庫では、北海道鉄道観光資源研究会の特別パネル展「北海道の鉄道のあゆみ」を開催いたします(6月8日まで)。

開業当初は大変な混雑が予想され、駐車場へ車を入れるのも大変かと思いますので、汽車旅派のみなさまにおかれましては、室蘭本線追分駅から歩いて行かれることをおすすめします(追分駅から道の駅までは、無理なく歩いていける距離です)。蒸気機関車が活躍していた頃に思いを馳せながら(ぼくだってそんな時代は知りませんが想像しながら)、追分駅で列車を乗り降りしてみてはいかがでしょうか。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

日の出が4時台になる

本日4月12日の札幌の日の出の時刻は、4時59分。
いよいよ、今日から、日の出は4時台になるのです。

この、日の長くなるのがウキウキする感覚、東京に住んでた頃はまったくわからなかったけど、今は、日の出が早くなっていくのが、楽しくて仕方がない。

(これ↓は網走の日の出と日の入りです)

なつかしい硬券ホルダー風カレンダー オホーツク鉄道ガイド2019
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -