熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『新鉄客商売 本気になって何が悪い』

2017年9月刊。著者は、JR九州の唐池恒二会長です。

本の表紙

《あるとき、新聞記者の方にふいに尋ねられた。
「JR九州はなぜ、あんなことやこんなことを”やってのける”ことができたのでしょうか」
とっさに答えた。
「”本気”でやったから」
「”本気”で?」
「はい。本気になって何が悪い。夢をみて何が悪い。そう思いながら、ここまでやってきました」》
(p.3「本気にまえがき」)

こんな調子で、著者のビジネスマンとしての経験が綴られていきます。

各章の後ろには、著者と水戸岡鋭治氏との対談が載っています。

水戸岡 そういう唐池さんですが、長年一緒に仕事をしていても悲壮感のようなものを感じたことはなかった。一緒にいると、わーっと楽しい空気にしてくれる。そこに集った皆さんの顔を見ていると、なんだか私も嬉しくなってくるんですね。》
(p.26)

これ、ぼくは、わりと最近になって、ようやく気づいたことなんですけど、眉間に皺寄せて仕事をしていると、なんか、仕事やってるような雰囲気になるんですよね。だけど、そんな顔してたら、まわりの人だって楽しくないし、楽しくない中で仕事をしていたところで、よい成果は得られないんです。楽しくやっているからこそ、自分の持っている力が十分に発揮されるのです。

ただし、楽しくやる、というのは、適当にやる、という意味ではなくて、目的を達成するためには、一生懸命、努力しなくちゃいけない。その努力が苦労とは感じられないぐらいに、努力しなくちゃいけない。そういう努力が(自然に)できる(できちゃう)のは、正しい夢に向かって、楽しくやっているとき、なのだと思います。

もう一箇所、紹介します。
(以下、太字は、本書の中でも太字になっている部分です)

唐池 そのちょっと変わったリーダーは(笑)、JR発足二年目のころ、新しい列車の在り方を模索し、「ゆふいんの森」や「あそBOY」といった観光列車、つまり後のD&S(デザイン&ストーリー)列車に取り組んだわけなんですが、そのころ参考にしたのは北海道の列車だったんですよね。
水戸岡 「アルファリゾート・トマム」スキー場などに乗り入れた、いわゆるジョイフルトレインですね。民間企業と旧国鉄のタイアップに始まった列車。それから、JR北海道は創業当初からデンマーク国鉄と協力関係にあるから、駅舎や列車のデザインにも北欧デザインがずいぶん取り入れられたんですよね。
(中略)
唐池 言ってみれば、当時の北海道の取り組みを通じて、私たちは同じ感性を育んでいたということですね。
水戸岡 JRが誕生して、三年くらいは北海道のデザインへの意識が非常に高かったから。》
(p.40〜41)

ここ、感心するところじゃないです。ましてや、どうだすごいだろ北海道は九州のお手本なんだぞと胸を張るようなところでもないです。そうかといって、フェイスブックで「悲しいね」を押すところでもないです。

北海道には、そういう土壌があったのだから、今はひっくり返されちゃったけれども、今度はぼくらが九州を参考にしながら、北海道の鉄道を、楽しく稼げるものにしていけばいいんです。

JR九州が、北海道を参考にしながら新しい列車づくりを始めてから、世界一を目指す列車を作るまでが、30年弱。ぼくはたぶんあと30年ぐらいは死なないと思うんで(うちの家系はみんな長生きだし、ぼく自身も一度死にかけて死ななかったですから)、まだ、時間はある。

いや、べつに30年かかるなんて誰も言ってないんだから、もっと早く実現させちゃったっていいんです。 この本を読んで、みんなで夢を語りましょう。夢を語っているうちに、本気になって、人が集まって、お金が集まって、実現しちゃうかもしれないじゃないですか。だから、とりあえず、夢を語って、いいんです。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

台風は過ぎ去ったけれど

今朝の5時55分、NHKラジオ第一が北海道の気象情報に切り替わってすぐに、「さきほど5時30分、礼文町全域に出されていた避難勧告が解除されました」とのニュースが流れて、ああそうか、まだ台風の影響が続いているのか…と、札幌に住んでいるぼくが思ったぐらいなのだから、西日本にお住まいの多くの方にとっては、台風なんて、もう、とっくに、過去の出来事になっているかもしれません。

今回の台風18号は、観測史上初めて、九州・四国・本州・北海道と、すべての島に上陸した由(瀬戸大橋と青函トンネルができたときのキャッチコピー「一本列島」を思い出します)。

気象庁台風経路図から)
台風進路図

利礼航路は、予想通り、今日も、朝は、出ません。

ハートランドフェリーのホームページ画面 09月19日の運航は台風の影響により一部欠航が生じております。

礼文島から稚内への船(昨日は全便欠航)は、今日は、8:45発と12:25発は欠航が決定していて、13:25発と17:05発は運航するかどうかを9時に決定するとのこと。

一昨日の最終便で島を出てきたぼくは、結果的に、ギリギリで帰ってこられたわけですが、運がよかったわけではなく、リスク管理の結果です。一昨日の時点では、昨日の朝の船が出るかどうかはわからなかったから、せっかく来たのだからもう1泊という思いも、多少は、ありました。そっちに引っ張られて、もう1泊していたら、今日もまだ帰ってこられなくて、仕事の打ち合わせ2件をキャンセルしなきゃならなかった。

そういう判断ができたのはぼくが偉かったからでもなんでもなくて、ぼくが乗った一昨日の礼文島からの最終便(17:05発)に、ぼくが泊まった民宿とは別の民宿のお客さんがまとまって乗っていたのも、たぶん(話はしてないけど)、民宿が、帰ることを勧めたからでしょう。島で生活するというのはそういうことで、船は欠航することがあるという前提で暮らしているから、たとえば冬に何日も続けて欠航したとしても、とりあえずの生活はできる。数日間の欠航で物資が入ってこないから日常生活が云々、というのは、都会の人の発想です。

あんまりこういうことばかり書くと、そうか島へ行くと欠航リスクがあるのか、じゃあ島に観光に行くのはやめよう、ってことになるから、書かないほうがいいのかなと思ったりすることもあるのですが、でも、やっぱりそれが実態であって、そうしたことを受け入れられるだけの余裕(日程的な余裕というよりは気持ちの余裕)がある方だけが、離島へ行けばいいんです。そういう考え方をしてそういう旅行者を増やしていけば、稚内を朝に出て午前に礼文島をまわって午後に利尻島をまわって夜にはまた稚内に帰る、みたいな団体旅行に頼らなくても、やっていけるんじゃないかなあと思ったりもします。そういうツアーでは島にお金が落ちないことは、みんなわかってるのだから、やっぱり、連泊する人を増やすしかないと思うのです。

思い起こせば、若者がこぞって「愛とロマンの8時間コース」を歩いていた頃は、ほとんどの旅行者が、島で2泊以上していたわけです。当時とは旅行者の気質が違う、旅行のスタイルが違うとか、いろんなことを言い出せばキリがない。それはそうなんだけど、じゃあ今のままでいいんですか…と、つい勢いで書いちゃったけど、今のままでもいいのかもしれません。だって、そういう島に、ぼくは、毎年、足を運んでいるのですからね。

早く利礼航路の運航が再開されますように…

(追記)利礼航路は、稚内10時50分発以降、運航が再開されました。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

台風回避

礼文島から帰ってきました。

テレビ塔の時計は午前5時26分

もともとの予定では、今ごろはまだ、宿でゆっくりと朝食をとっているはずでした。朝の稚内行きは、3連休の最終日とあって混みそうだから、午後の船に乗って、稚内からは飛行機で帰ってくる予定になっていました…が、北海道の日本海側が台風のコースになりそうだったのは出発前からわかっていたことで、もしかするとこんなことになるんじゃないかと、札幌〜稚内の都市間バスの回数券は、あらかじめ、持って出てきていたのでした。

バスの回数券と荷物札

上の写真の「バス」というのは、荷物札の裏面です。大通バスセンターで降車するから「バス」。終点の札幌駅前バスターミナルまで乗る場合は「エキ」。大通バスセンターで降車したら、ぼくの荷物は、トランクルームのいちばん手前に置いてありました。

礼文島から最終便(香深港17時05分発→稚内港19時00分着)で帰るのも、行きも帰りも夜行バスを使うのも、「あのとき」以来です(<わかる人だけわかればいい)。そんなわけで、ようやく、「あのとき」の禊を終えた気分です。長かった。

日没が早くなっているので、最終便で稚内に着くと、もう、真っ暗。

夜の稚内フェリーターミナル 船の上から

海面を見ればわかるように、昨夜の稚内は、穏やかでした。風はなく、それほど寒くもなく、快適に感じるぐらい。礼文島を出るときは、曇ってはいたものの、利尻富士は上から下まできれいに見えてました。15時頃までは晴れていて、船に乗っちゃってからはテレビのニュースを目にすることもなかったから、札幌に着いたら雨が降っているということのリアリティが感じられなくて、バスを降りたときに体が濡れたことが、なんだか不思議な感覚でした。

タクシーの窓にたくさんの水滴 向こう側にバスセンター

以前には、「明日になると船が出ないかもしれないから今日中に出たほうがいい」と言われて最終便で出て稚内に泊まったら翌朝は晴れていた、ということも、ありました。だから、今回も、もしかしたら明日は船が出るかもしれないんだし、もう1泊してから…とは、ならなかったのは、今回は、到着直後からずっと天気がよくて、やるべきことはやった感があって、それと、2日前には、ANAから「手数料なしで払い戻します」という連絡も来ていて、変更を決断しやすかったから、でありまして、さらに、もう1泊したところで雨が降るのは確実なのだから残ってもあんまり意味がないわけで、そんなわけで、昨日の朝には、稚内からの夜行バスを予約して(その時点でもう2号車になっていて決断が遅かったらたぶん乗れなかった)、宿には「明日の最終で帰るわ」と伝えたのでありました。

そうはいっても、同宿の(20年以上も前から知っている常連客である)Iクンは、けっこう、ギリギリまで、迷ってたんだよねえ。彼はぼくみたいに気軽に年に何度も来られる身じゃないし、昨日のうちに帰るとなったら1泊しかしないで帰ることになっちゃうから、迷うのは、わからないではない。そのうえ、彼は、最終便で島を出たところで、そこから先、東京へのフライトは翌日までないから、最終便に乗っても早く帰宅できるわけでもなく、もし朝の船が出るのであれば、それに賭けたくなるのも、わからないではない。

昨日の朝の時点で、宿主さんの見解並びにぼくの見解は、「明日(=現時点での今日)の朝の初便だけは走るんじゃないか、その後は確実に欠航」。ただ、台風の速度はわからないもの(その時点ではこんなに速度が上がるという予報ではなかった)、台風のコースが直撃コースである限りは、遅かれ早かれ影響は受けるわけで、万が一、明日(=現時点での今日)の朝から欠航になっちゃったら翌日も帰れなくなっちゃうかもしれないよ…と、Iクンを、さんざん脅かして(?)最終便に乗せたのでした。

今朝、バスの中で「おはようございます、バスはただいま札幌市内に入ってまいりました」とのアナウンスに起こされて、もう関係ないんだけどなと思いつつ、ハートランドフェリーの運航情報を開いてみたら、すでに全便欠航が決まってました。

全便欠航のお知らせ

天気予報によると、今日の波の高さは「3メートルのち6メートル」。3メートルなら、風向き次第では出るはずなんだけど、「のち6メートル」では、出たはいいけど途中でアウト、なんてことになっても困るから、やめたのでしょう。明日も「6メートルのち2.5メートル」ではあるものの、風向きも考えると、終日欠航の可能性は大。仮に出るにしても朝の便は出ないだろうから、帰ってこられるのは早くても明日の夜になっちゃう。

そんなこともあってか、昨日の礼文島からの最終便は、この時期の最終便にしては、よく乗ってました。ボレアース宗谷の船内の座敷席はほぼ一杯(詰めればまだどうにか入れるぐらいのレベル)、デッキ部分にも結構な人数が乗ってました。

やっぱり、こういうときは、早めのリスク回避だなあ。せっかく来たんだから、なんて言ってないで、さっさと帰る、あるいは、今回みたいに台風接近がわかっているときは旅行そのものを中止する。そういう行動が大事なのです。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

午前6時の窓の外

今回は海側の部屋なので、朝起きると、出漁の船が見えたりすることもあります(今朝は=自分的には珍しく=早く起きられなかったので5時半の組合からのお知らせ放送が何を言っているか聞き取れなかった=何か言っていたのは布団の中で聞いた=ものの、とにかく5時半に今日は何かの漁ですよという放送は流れていた<あとから聞いたらノナ漁だそうです)。

2階客室の窓から見えるトド島

部屋のWi-Fiがいまいちつながりにくいので、現在、1階に下りてきて、コーヒー片手に、宿主さんと老犬と3人(?)で語らいながらこれ書いてますが、宿主さんもぼくも、半袖です。ぼくは、今回は、室内では、ずっとTシャツ1枚で過ごしてます。札幌よりも暑いんじゃないかってぐらいに、寒くない(暑いとか寒いとか暖かいとか言葉の使い方が難しい時期です)。9月でこんなに半袖着てるのは珍しい(とはいえ、ほとんどの人は、長袖に上着まで着用してたりしてますけどね<ぼくも北海道暮らしが長くなって体が北海道仕様になってるってのもあるのかもしれない)。

(9:40 追記 部屋でWi-Fiがつながらなかったのは、夜中に停電があって、機器がリセットされてしまったことが原因だったようです)

短い旅だけど、とても、よい旅になりました。

やっぱり9月の礼文がいちばん好き。
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

荒天前の好天

今日は(今日も)天気がよいので礼文岳登山。



礼文島には何十回も来てますけど、礼文島でいちばん高いところである礼文岳の頂上からこういう景色を眺めたのは、もしかすると初めてかもしれない。頂上には何度か来ているけれど、いつも、途中からガスっちゃって、こんなふうには見えないのです。

今日は晴れているだけでなく風もなく、最高のコンディションです。約1ヶ月前に来たときよりも暑いぐらい。そして、秋模様の礼文島は夏よりも空気が澄んでいるから、今日の礼文岳の頂上からは、サハリンはもちろんのこと、天売・焼尻の島影まで見ることができました。

礼文岳の頂上から下山する途中で、シマリスに遭遇。



9月は、やっぱり、楽しいです。今日は午後からは(ものすごく天気がよくて出かけないのはもったいなく思えるんですけど)昼寝と、部屋でごろごろと、その辺を散策、ぐらいのつもり。このまったり感が、夏の観光のハイシーズンでは得られないもので、だから、礼文島は、ぼくにとっては、9月が、やっぱり、ベストシーズンなんです。

とはいえ、台風接近中とあっては、今は、嵐の前の静けさ、なのかもしれません。
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

1ヶ月ぶり今年3度目

稚内行き都市間バスの深夜便(とバス会社は言っているがいわゆる夜行バス)に乗るのは今年二度目。8月の下旬に電話で予約入れたとき、2号車と言われて、え、休前日でもないのに2号車なんだ、と、ちょっと驚いて、でもどうせ1台だと少し超過しちゃうぐらいの数なんだろうから、それならむしろそのほうが楽だ…と思ってたんですが、2台とも、びっしり乗ってました。

バスの回数券

びっしりといっても、3列シートで、使わない席もあるから、2台合わせて50人まで行くかどうか、だとは思うのですが、その程度の需要はあるってことです。終着のフェリーターミナルまで乗る人が多いものの、途中の稚内市内のバス停での降車もちらほら。

珍しく定時(5時半)より少し遅れて、稚内フェリーターミナル到着。

稚内行きのバス

和寒!(わっ!寒!)と言う準備をしてバスを降りたら、ぜんぜん、寒くないの。寒いのを覚悟していたことを割り引いても、空気がぬるい感じで、1ヶ月前のほうがずっと寒かった。

どのくらい寒くないかというと、船室内の空気がよくないので(団体がけっこう乗ってました<礼文行きの朝イチはいつもそうですけど)、ずっとデッキにいたけれど寒くならなかった、というぐらいに、寒くなかったです。

雲の写真をたくさん撮った。

海と雲
海と雲
海と雲
海と雲
利尻が下のほうだけ見えている

これ、全部、iPhone6sですからねえ。大きく伸ばすとかってことになると話は別ですが、PCで見るレベルならば、広角しかないことさえ我慢すれば(あるいはそういうものだと思って使えば)、もう、これで十分じゃないかと思えてきます。

そんなことをしている間に、キンコンカンコンキン、と音が鳴り

緊急速報の画面

ここんとこ地震雲がどうこう言ってる人が多いし、この間の浦河沖の地震は札幌でもかなり揺れたから、鳴った瞬間、あ、ついに大地震だ!と思っちゃったボクは、平和ボケなのかもしれません。前回のときは札幌の自宅にいましたが、今回は日本海の海上の船の上だったわけで、奥尻島の沖に落下したときのことを思い出して、うろたえることはなかったものの(うろたえても仕方ないし)、ちょっとだけ、緊張してしまいました。

ボレアース宗谷のデッキ席

先月に島を離れてから32日目、今年3度目の礼文島へ。

船から見た礼文と空と雲

今年の過去2回は悪天候続きで、これで今回もダメだったらその原因は自分にあることになると、出発前からかなり気にしていたのでありますが、今回は、利尻こそ見えないものの、まずまずのお天気になりそうです。

朝便で着いたのに、なぜか昼便の写真(わかる人にはわかる)。

香深港に入港してくる船

たぶん今日は夕日も見られるでしょう。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

カッパのバッジは もらえません

札幌マラソンのナンバーカードやら何やらが届きました。



北海道マラソンで42.195kmを走ったのだから、札幌マラソン(ハーフマラソン)は問題なかろうと思いきや、それはそれでありまして、ハーフだったら制限時間ギリギリでいいから完走を目指そうってことにはならないわけで、とはいうものの、練習はしてないし、北海道マラソンが終わってから不摂生が続いていて体重も増えてるし、適当に走ろうかなあという思い(または言い訳)がないわけでもない。

北海道マラソンは都心部は最初のちょっとだけしか走らないのですが、札幌マラソンは、中島公園から大通の間の駅前通りを往復できるのが楽しみです。で、そこを楽しんで走ろうって思ってるってことは、やっぱり、記録とかどうでもいいから、ってことになっちゃうのかなあ。関門はスタートから80分後の10km地点が最後だから、余裕だろうし。

というか、いろんな人に話を聞いてみると、北海道マラソンは、季節も、足切り時刻も、多くのマラソン大会に比べると、かなり、厳しい条件のようで、あれを基準にしたらどんな大会も楽に感じちゃうのかもしれません。まあ、完走したといっても、しょせんは、ギリギリランナーですけどね(^^;)

◯の中にいるのがワタシです(北海道マラソンのゴール)

 
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

されどシベリア鉄道

先日、大先輩のHさんから、この夏のシベリア鉄道の旅のお話を聞かせていただく機会がありました。いわく、シベリア鉄道の旅は「50年来の夢」だった由。素敵です。

ポストカードまでいただいてしまいました(ありがとうございます!)。

ポストカード

昔だったらプリントした写真を見ながら、ってことになっただろうし、その場合には(ぼくが見せていただいたのはごく一部でしたが)こんなにたくさんの写真を撮ってくるってわけにはいかなかったでしょうし、撮る撮らない以前に撮れない被写体や場所も多数存在していたでしょうから、いい時代になったなあと、つくづく、思います。

前にも書いたかもしれませんが、かつて、鉄道ジャーナル社が季刊で出していた頃の「旅と鉄道」誌には、表紙の次のページにシベリア鉄道のツアーの広告が載っていて、ぼく、資料を取り寄せたことがあります。

まだ「ソ連」の頃です。

ソ連の文字のある広告

写真を見せていただきながら話をお聞きしたシベリア鉄道の旅は、比較的簡素な設備で、かつ、何時間も同じ景色の中を走って、もしかすると退屈するかもしれないようなものではありましたが(「貨物列車がたくさん来るから退屈しないよ」と言われましたけど(^^;)、でも、ず〜っと乗り続けて、でもずっと走っているわけではなくて途中の駅では何十分も停車して、という列車の旅には、憧れます。

お金と時間さえあれば行けないことはないのかもしれないし、それだってちょっと無理すればいつでも作り出せるのかもしれないけれども、人生には、手が届きそうで届かないところにある憧れ、みたいなものがあったほうが、いいんです。もうちょっと、のパワーがほしいとき、原動力になってくれるのは、そういうものなのですから。

 
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

セプテンバーレイン

今日の札幌は3週間ぶりの本格的な雨。

9月の雨は冷たくて、上着がないと寒い。

傘と道庁赤レンガ庁舎

2週間ちょっと前、ここを走ったんだよなあ…なんてことばかり考えてるとキリがないぐらいに、北海道マラソンの終盤のコースは、ごく普通に、しょっちゅう、用事があって、歩いているわけですが、でも、今日もまた思い出しちゃって、あえて、走ったコースと同じ方向から撮ってみたのですが、やっぱりよく思い出せない。左端を走ってて、そっち側にいる人の顔ばかり見てたからかなあ。道庁の赤レンガの記憶が、さっぱり、ないんですよねえ。

あまりに人がいないので、こんなのも撮ってみた。

道庁赤レンガ庁舎を真正面から

肌寒いとはいってもまだ9月、9月の雨は優しくて傘があれば歩けないことはないんだけど、それでも今日の雨は、観光客が歩きまわるには厳しかったのかな。

今年がどうこうというには、まだ日数が残りすぎてるんだけど、今年の(個人的な)ヤマ場は乗りきったような気がしてます。なんとなく、あとは楽しく過ごせそうな、そんな予感。
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -