熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

幻のシーフードカレー

長年お世話になっている民宿海憧では、今年から、香深港で、移動販売車を使ったランチの販売を始めました。メインメニューのシーフードカレーは、いわゆるスパイシーなカレーとは違う(子供でも食べられる甘い)カレーなんだけど、いろいろな出汁がきいていることに加え、具材がちょうどよい硬さで、とても美味しいです。



下の写真で奥に見えるのが香深港フェリーターミナル。船の姿も見えます。



シーフードカレーのほかには、「たこめし」もあります。



ぼくが食べたときは、カレーをテーブルで食べた人、「船に乗るときに持っていきたいので」と言いながら持ち帰り用のカレー(持ち帰り用は容器代+50円)とたこめしを買って行った人、などなど、旅行者の方々が、利用してました。船の中に持ち込むというのは、ぼくにはなかった発想だったのですが、考えてみたら、香深港フェリーターミナル内にあった売店が今年から営業をやめてしまい、あの界隈では食料を手に入れづらい状態になっているから、そういう需要もあるわけですね。

そんな便利で美味しいカレー屋さんなのですが、諸般の事情により、シーズン中でも営業する日があったりなかったり、で、今シーズンの営業は、本日が最後になるようです。どうしても食べてみたい方は、急いで礼文島へ行きましょう(このあと、稚内港11時05分発の船に乗れば、まだ、間に合います)。

おまけ(その1)


今回、ぼくは、礼文島を離れるに際し、宿から香深港まで、移動販売車で送ってもらいました。宿から香深港までは18kmあるから宿泊客の送迎は必須で、そのために宿では複数のドライバーと送迎車を抱えているのですが、この日は帰るお客さん来るお客さんの利用便が見事なまでにバラバラで、送迎車のスケジュールが組みづらかったため、ぼくは、移動販売車(定員2名)の助手席で送ってもらったのでした(常連客ゆえの逆特別待遇)。

おまけ(その2)


売れ残ったカレーは夕食に出されます…というわけではなく、「余ったのでどうですか」との案内が夕食時に(常連客&長期滞在のお客さん向けに)あったので、せっかくだから、いただいた次第(美味しいんですよ、このカレー)。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

島流れ

「オークマさん、いつ休みなんだっけ?」
「14日までです」
「わかった、14日までね、オークマ島流し、って書いておこう」
「島流しじゃないです、自分が望んで行くんで」
「じゃあ、島流れ、って書いておくよ」

というわけで、昨日の昼の便で島を離れ、夜、札幌に帰ってきました。



往路は「クマザサ」だったけど、復路は定番の「宗谷の塩」で。



今回は、往路がボレアース宗谷、復路がフィルイーズ宗谷でした。

島の旅での課題図書も、無事、読了。



こちらはヘビーで読みきれなかった。



今日の道内は大気の状態が不安定で大雨に注意、だそうです。
みなさま、くれぐれも、お気をつけて。
 
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

32年目

港にお客さんの迎えに行ったり




双葉でラーメン食べたり



お盆なのでとうさんの墓参りに行ったり(写真なし)

帰る人のお見送りをしたり



こんなところ行ったり



こんなところ行ったり



あれっ!?



土台だけ残して、案内板が見事になくなってる!

その昔、会社の寿命30年説というのがあって、あるいはまた、30年で代替わりなんてことを考えれば、初めてこの島を訪れてから32年目なのだから、自分にとっては当たり前だと思っていた構造物、建築物が、すっかりなくなっていたり、よく知っている家が廃屋寸前の空き家になっていたり、ついこの間まで営業していたお店が消えていたり、というのは、それほど驚くことではない、のかもしれないけれど、それにしても、ずいぶん変わってしまったなあと思うことが、多くなりました。

だからどうした、ということを考えるには、ちょっと、頭の中のネジが緩んでます。島で休日を過ごすというのは、そういうことです。
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

BBQD

今朝は、同室のHさんの「6時50分ですよ、晴れてるよ」の声で、起こされました。



という話はさておき、昨日は、バーベキューデーでした。



雨も直射日光もない、絶好の屋外食事日和。



宿の親戚の方々(毎年会っている)やスタッフや常連客のみなさんとともに、かあさんが用意してくれた食べきれないほどのさまざまな食材(基本は肉)を、もう入らなくなるまで食べ続ける耐久レース(せっかく用意してくれたのに残すのはもったいないと思ってしまうのですね)。

動けなくなって部屋で寝ていたら、晴れてきた。



だからといってどこかに行くわけではなく、うとうとしたり、本を読んだり。

コールマンのカップに注いだコーヒーとともに、宿の前の夕焼け。



「これMさんが好きなんだよ」といってYくんが持ってきた「よいとまけ」。



せっかくこんなにいい天気なのだから…と言われても、よくよく考えてみると、どこかへ行こうと思って礼文島に来ているわけではないから、暑いとか、眠いとか、行かない理由しか思い浮かばない。まだ読んでない本たくさんあるし、晴れてるけれどあえて行かないというのも、ありだよな…と思う午前8時15分、いま、ぼくの前では、宿の子供(小学1年生)が漫画を読んでます。
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

失いし自信の回復と不安

礼文島の船泊地区の生活を支える船泊漁業協同組合の購買部(マリンストア)は15日と16日がお休み、ガソリンスタンドはそれに加えて日曜日もお休み。15日と16日は平日ですが、お盆だから、休みです。



ストアーにはお供えセットも売ってます。



この近くに、長年お世話になっている宿の長年お世話になったとうさんのお墓があるので、お盆には少し早いのですが、手を合わせてきました。この宿に初めてきたのは、もう、30年以上も前のこと。こんなに長く続いているのは、鉄道趣味と、礼文島船泊ユースホステルあらため民宿海憧とのお付き合いぐらいかもしれません。

お昼は香深のフェリーターミナル前でシーフードカレー。



お世辞抜きに美味しい(ただし寒い)。



宿は、安い料金で泊めてもらっていることもあり、他の常連客の方々(「方々」なんていうほどの人ではない?)と一緒の相部屋なのですが、長い付き合いでもありますからお互い気兼ねすることはまったくなく、だからといってまったく気を使わないわけでもなく、お互いが空気のような存在になることが自然にできる関係であり、午前中は、天気はいまいちだし(初めて礼文島を訪れた人ならば外へ歩きに行くであろう=実際に行っていた=程度には悪くなかった)、やることないんで、みんな部屋でごろごろしていたと思ったら、いつの間にか居眠りしていて、ふと気づいたときは、自分以外のみなさんも適当な格好で眠ってました。

なんとも平和なことです。

それで、お昼は香深港まで(車で)行ってシーフードカレーを食べたわけですよ。そのまま車で帰ってくるという手もある(というがそれが普通である)のですが、ぼくの今回の旅の裏目的は(今年も去年に引き続き)マラソン強化合宿であるので、ぼくは、帰りは、船泊まで、走って帰ってきました。18kmを1時間58分、キロ6分35秒ペース。去年は途中でかなり休憩をとったのに対して今回は止まらずに走れて、おお、オレちゃんと走れるじゃん!と、ぜんせん走れなかった釧路湿原マラソンで失った自信を回復したものの、単純にタイムだけ見るとほんの少ししか縮まってない。でも、今回は途中で歩道にまで波が上がっている場所もあったし向かい風がむちゃくちゃきつくて、去年はいくらなんでもここまでの悪条件ではなかったはずと思いながら、だけどそれはそういうふうに思い込もうとしているだけなんじゃないか?と不安に感じてみたり。

でもでも、さすがにあんなに向かい風を受けていたらちゃんと記憶に残っていると思うのよね…というぐらいに、真正面からの風はきつかったし、歩道が波をかぶったりしているなんてのはかなりインパクトのある「画」だったから去年あれを見ていたら映像として記憶に残っていると思う。それに、去年は途中でかなり休んだ記憶がある、ということは、ペース的にはむちゃくちゃだったということで、その点からすると、やっぱり、今年のほうが走れてたんじゃないかとも思う。そりゃ当然でしょう、1年間の積み上げがあるのだから…というほどの積み上げ=走行距離=はなくて、かたやで1歳の加齢というマイナス要素があるのだから、去年より今年のほうがよくなるようにするのは、この年齢になったら、けっして、楽なことではないのです(でもそこに挑戦できるのが人生の自信にもつながっていくからこういう年齢でマラソンやる人が多いのだろうなと思う今日このごろ)。

2週間前の釧路湿原マラソン以来、すっかり走れなくなっていたのに、昨日、快調に走れたのは、もちろん(寒いぐらいに)涼しかったからでもあるのですが、それ以上に、香深から船泊までの18kmの間には信号が一つもないことが、大きな要素だったように思います。信号で止まることに気をつける必要がないから、余計な神経を使わなくて済む。だから、脳が疲れない、のだと思います。そして、それが、大会になればそこそこ走れることの理由でもあり、また、調子がいいと序盤で飛ばしちゃう(そして中盤で電池切れになる)ことの原因でもあるのだろうと思います。

体重を落とさなきゃいけないと思って米飯抜きの夕食にしているのに(それでも食べきれないぐらいの量が出るのがここの夕食です)、夜遅くになってから、生寿司(<北海道的表現)やら、クリームあんみつ(女性スタッフへの支給物の余剰品)が出てきて、よせばいいのに食べてしまったり、その前は、宿の子どもたち(0歳児だったのはついこの前のような気がするけれど漢字も英語も読むようになっている)と遊んでみたり。

というふうに、昨日のことを営業開始前のフロント前で書いていたら(傍らには旅のお供のマイカップに熱いコーヒー)、厨房からかあさんが出てきて「暗くない?電気つけようか」と言ってくれたけど、また、宿の営業的には、お客さんは起きる前の時間帯ですから、いいんです、これで(と書いたら今度は厨房から若女将が出てきて「暗いですね」と言っておもむろに電気をつけた)。

静かで、平和な時間が流れています。

この島に来ると、時間の流れが違うんだよな。何もしないでいることが苦にならない。それでいて、何もしてなくても、ちゃんと時間が過ぎている。このリズムって、だめな人はまったくだめだと思います…ということを考えるたび、30年以上も前に、ウトナイ湖の畔で、種村直樹先生に「君は乗りつぶし派じゃないんだね」と言われたことを思い出します。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

気分は里帰り

今日=土曜日から盆休みの人が多いだろうからと、一日早く、昨日=金曜日に出てきました。今日からは高くなる飛行機の運賃も、昨日ならまだ安くて、新千歳空港→稚内空港は旅割75で6,800円。札幌〜稚内の都市間バスは片道6,200円だから、あんまり変わらない。もっとも、飛行機の場合は、札幌〜新千歳空港(JRで1,070円)と稚内空港〜稚内市内(バスで600円)が必要になるんだけど、それを足しても8,470円。バスよりは割高ですが、バスだと乗車時間は6時間ぐらいであるのに対し、新千歳空港〜稚内のフライトは1時間弱(実際に飛んでいる時間は40分ぐらい)。一応書いておくと鉄道だと札幌〜稚内が5時間ちょっとで特急料金込で9,930円(さらに一応書いておくと今日以降だと飛行機の運賃は事前購入割引でも鉄道よりも高くなります)。

手土産(大人向け)。



子供向けには新千歳空港のロイズでキャラクターのチョコレートを買いました。

飛行機。



プロペラのかからない窓側席を選んだものの、雲が厚くて外が見えないので読書。

離島へ行くのだからこれを読もうと持ってきた課題図書。



稚内空港に着いたら予想以上に寒かった。



何度も来ているから札幌との比較でもかなり涼しいであろうことはわかっていたのですが、8月の中旬の真っ昼間にしてこの寒さ(涼しさではない)は想定外でした(長袖1枚しか持ってこなかったので念のためもう1枚買い足しました)。

稚内フェリーターミナル。



お約束の流氷まんじゅう。



そしていつもの島へ(今年二度目、通算は不明=50回以上100回未満ぐらい?)。



宿に着くなり、かあさんが「今年は常連あんまり来ないんだよ」。はい、それは知ってます。いつも来ているのに来ない人もいれば、いつもとぜんぜん違う時期に来てもう帰っちゃった人もいるから、お盆休みにしては、例年になく、常連さんが少なそうです。そういうぼくも、今年のお盆休みはもういいかな、別の時期でもいいかなとも思ってたんですが、かあさんが寂しそうだったんで、来年もやっぱりこの時期に来ることにします(って、まだ今年の滞在も終わってないうちから何を言ってるんだって話ですが)。
 
旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

北海道マラソンまで16日

「道内道外、いろんな大会があって、いろんなところに出てますけど、北海道マラソンは特別なんですよ!そうですよね!!」

テレビ塔の下のビアガーデンで、ジンギスカン鍋を前に、跳ね返りの油でべとべとになりながら、彼は、そう言ったのである。

これまでに打ち合わせの席で何度か顔を合わせてはいるものの、ちゃんと話をするのは、これが初めて。もともとは、彼の上司がランナーである、というところから始まって、今年も北海道マラソンに出るそうですねと(その上司の名前を上げて)話を振ったら「私も出ます」という流れで、そこから、マラソン話が盛り上がり、二人して、トイメンにいる(「私なんか1キロも走れないですよ」などと言っている)人たちに、マラソンについて、語り始めてしまったのである。

「みなさんわからないと思いますけどね、オークマさんとの間では通じてるんですよ!ね!!わかりますよね!」

それはたとえばこういうこと。

UHB「みんなの北海道マラソン2018」8月8日放送分から:


そうなんだよ!新川通は「難所」なんだけど、あの、沿道に人家がほとんど見えなくなるあたりでも、途切れなく、応援の人がいるから、走りきれるのだ。応援のみなさんの中には、飲み物やら食べ物やらを提供してくれる人までいるのだ(ぼくも去年は新川通で沿道の方が貸してくれたコールドスプレーをふくらはぎにシュッとやってだいぶ助かった)。

そういうのをいちいち説明しなくても、走った人ならわかる。
走った人にしかわからない「行間」を前提に、話ができる。

というか、
話しているうちに、あ、この人は自分と同じ「行間」が読めるんだなとわかる。

あー、ホント、去年、いっぱいいっぱいになりながらも、4時間台で完走できてよかったよ。あれがあるから、今年はEブロックなんだもの。彼は、持っている記録からすればCブロックなんだけど、仕事が忙しくてしばらく走ってないそうで、ゆえに北海道マラソンの申告対象である直近2年間の公認記録がなくて、今年はぼくより一つ後ろ(実質的には二つ後ろ)のFブロックからのスタートである由(EとFの間にはファンランの前のほうのグループ=オレが一昨年の大会で宗男先生と一緒に走ったグループ=があるから、ギリギリ完走を目指すレベルだと、EとFでは大違いなのだ)。

「いま大通公園ビアガーデンやってるじゃないですか。あれは終わると北海盆踊りがあって、その次には、あそこが北海道マラソンの荷物預かりになるんですよ」「そうそう、棚がたくさん並んでね」

そんな会話の終盤に出てきたのが「北海道マラソンは特別」との言葉。ああ、そうなんだ。それでいいんだ。オレ一人で勝手に盛り上がってるみたいな気がして、まわりの人たちからみればこの人やたらとマラソン大会出てるから北海道マラソンも出るんだろうな、ぐらいなんだろうけれど、違うんだよ。北海道マラソンは、やっぱり、特別なのだ。

去年、ゴールした直後から、もう、来年のことを考えていたもんね。ゴールしてメダルをもらって完走証を受け取って、傾き始めた西日を浴びながら自宅へ戻るバス停へと動かない脚を引きずっていたあのとき、早くも、来年のことを考えていた。

その「来年」が、あと、2週間ちょっとでやってくる。

その割には練習不足は否めず、去年よりはたくさん大会に出て経験を積んでいるとはいえ、それらの大会での結果はいずれも去年の北海道マラソンに及ばないのだから、けっして自信にはつながっておらず、むしろ、不安しかない。でも、不安とともに、走れる喜びも感じているのだから、スタートしちゃえば、不安なんかどこかに消えちゃうんだろうな。

今年の春から、豊平川(ハーフ)、黒部(フル)、礼文(10km)、函館(フル)、釧路(30km)と参戦してきて、それは、いつも、同じなのね。スタートラインに立ったときは練習不足で不安で仕方がないのに、2キロか3キロぐらい走ると、楽しくなってきちゃう(そこで調子に乗ってペースを上げちゃうから後半で走れなくなるのもまたいつものこと〜そろそろ反省しましょう)。

あー、楽しみだ!!!

ランニング | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

煙だらけのテレビ塔

古い奴だとお思いでしょうが、ぼくは、仕事をする相手とは飲まなきゃいけないと考えるほうです(飲まないんだけど)。通り一遍のお付き合いならいいんだけど、それなり以上の仕事をしようと思ったら、飲んでなかよくなってお互いをさらけ出さなきゃいかんのです(っていうのは、やっぱり、古いんだろうなあ)。

スタートしたときは、まだ、明るかった。



何から何まで真っ暗闇になるには、まだ、早い。



打ち合わせの場で何度か顔を合わせている人がランナーであることを初めて知り、北海道マラソンについて熱く語り合えたのは、ビールとジンギスカンのなせる技。別れ際、「北海道マラソン、がんばりましょう!」と握手されたとき、隣にいた某氏が「そっちなの!」と言ったのは、今日の会合の本題であるプロジェクトをがんばるんじゃないのか!という軽い驚きだったのかもしれませんが、許してください。この感覚、あの会話の中には、ぼくたち二人にしかわからない世界があったのです。



もう夏は終わったんじゃないかと思うぐらいに、朝晩の涼しさ(というか寒さ)が日ごとに増してきています。こういう時刻になると、半袖だと、ちょっと肌寒いぐらいです。ビアガーデンが終わって、北海盆踊りが終わると夏が終わる、というのがいつもの夏だと思うのですが(ネイティブじゃないけどぼくももう札幌在住17年目です)、今年は、ちょっと、早い感じ。でも、この空気は、もう、秋です(ということをみんながお互いに確認し合っている今日このごろ〜どこ行っても「涼しくなりましたねえ」「もう秋ですよねえ」という会話ばっかりだもの、今週は)。

日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

北海道三大秘境

2018年秘境駅カレンダー、今月は小幌駅です。



その小幌駅周辺をテーマにした「秘境小幌フォトコンテスト」が、昨年に引き続き、今年も開催され、今月から作品の募集が始まっています。そしてもう一つ、「豊浦町小幌駅秘境到達証明書」の発行も、今月から始まりました。



今あるものを活用して町に人を呼び込む、人を呼び込むことにとどまらずに、町に新たなお金の流れを作り出す仕掛けとして、注目すべき取り組みです。

北海道三大◯◯、といえば、すぐに思い浮かぶのは北海道三大◯◯◯◯ユース=えりも、斜里、桃岩荘。いまや、残っているのは桃岩荘だけになり、それも当時とはだいぶ雰囲気が変わりましたが(といってもぼくは泊まったことはなくて港で見ているだけですが)、それもまた、時代、なのでしょうなあ。

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -