熊式。

大熊一精(おおくま・いっせい)の日々あれこれです。
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

19年ぶり

北海道コンサドーレ札幌、鹿島アントラーズに19年ぶり勝利。

テレビ画面 鹿島0-2札幌

19年前って、長すぎるロスタイムにウィルが秋田豊に倒されてPKを得て勝った試合ですよ。あれはぎりぎりの勝利、かつ、最後のジャッジは満員のホームの観客が作ったんじゃないか的な空気すらあるような勝利でしたが(当時は札幌ドームの開業直前、まだプロ野球チームも来る前で、今では信じられないのですが、厚別のコンサドーレの試合はチケットを手に入れるのが大変でした)、今夜の試合は、得点シーン以外はやられっぱなしだったのになぜか2点差で勝っているという、まるでいつもアントラーズにやられているような内容と結果。

後半なんて菅のGK直撃以外はノーチャンスだったのに(アントラーズのシュートは2本も枠に当たってる)、最後の最後になって、駒井が敵陣の高い位置で奪って、そこからルーカスがひょひょっと決めちゃった、というのが、上の写真。この時間帯でリードを広げれば、勝ちますわな。

アウェーのカシマスタジアムでの勝利は初めてで、カシマスタジアムの試合といえば延長戦まで持ち込みながらもVゴール決められて降格決定とか、開幕戦でクライトンがFWで出てきていきなり大敗とか、7点取られて惨敗とか、そんな記憶ばかりが残っている、などと言うのは、今のチームには関係ないことだ。

本日正午からエントリーがスタートした「SAPPORO応援RUN SEASON1」は、参加費無料だし、14日間で合計21kmほど(ハーフマラソンの距離)を走れば完走という参加のハードルの低い企画だったんで、定員500名は早々に埋まるかもしれないと心配して(2000人かつ有料のオホーツク網走マラソンのオンライン大会はあっという間に埋まりましたからねー)、正午ぴったりに申込画面を開いて、エントリーしました。コンサドーレが協力というわりにはコンサドーレ側からの情報発信がなかったから、こちらもちょっと心配だったんですが、今日の午後、コンサドーレからもリリースが出ました。

SAPPORO応援RUNの案内画面

ハーフの距離ですから、その気になれば1日で走れるし、そんなに気合入れなくとも普通にやってれば14日間どころか2日か3日でクリアするわけで、TATTAアプリを使ったオンラインマラソンもこれが初めてではないですから、気楽に、楽しく走らせてもらいます。
北海道コンサドーレ札幌2020 | permalink | comments(0) | - | - | -

チャレンジ2020(連続2020日フルマラソン)まもなく大団円

2015年1月2日から始まった「2020年の東京五輪までの2020日間、毎日誰かがフルマラソン(42.195km)を走り、その者がその日の勝者として称えられる、市民参加型のイベント」チャレンジ2020は、いよいよ、来週月曜日、7月13日に、最終日の2020日目を迎えます。

毎日誰かが、の、誰か、は、単独でなく、チーム参加のリレーマラソンでもOK、と、そこだけ見ればゆるいルールですが、台風だろうが大雪だろうが、1日も休まずに、誰かが42.195kmを走らなければならないのだから、大変です。天候には問題がなくても申し込んでいた参加者が当日の朝になってみたら現れない、という事態に陥り、急遽、走れる人を呼んで記録をつないだ、という日もありました。

そして、もうここまで来れば大丈夫だろうという頃になって、コロナ禍に見舞われ、緊急避難的にコースを変えて42.195kmを確保した時期もありました。

ぼくがこのイベントを知ったのは、H氏が初めて走った989日目のこと。彼がフェイスブックに上げていたのを見て、へ〜、そんなイベントあるんだ〜、そのうち走ろうかな〜なんて言ったら、彼はすぐに予約を入れてくれて、といっても、その時点でチャレンジ2020はすでに大人気イベントになっていて、走れたのは約1年後の1360日(3人のリレーマラソン、3時間09分00秒)。

その後、公式には、3回、走らせてもらいました。

1580日目=平成最後の日=単独走、4時間57分18秒
1873日目=単独走、5時間12分10秒
1997日目=7人のリレーマラソン、3時間12分59秒

トロフィーとゼッケン

と、タイムを書いてはみたものの、タイムはどうでもいいんです。ここまで、2000日以上も、5年半以上もの間、1日も休むことなくこのイベントが続いてきたのは、毎日かならずランナーに立ち会って1周ごとにタイムを記録してきたスタッフのみなさんがいて、毎日かならず別所沼公園の周回コースを46周するランナーがいたからで、タイムじゃないんです。とにかく、毎日、誰かが42,195kmを走り続けてきたことが、すごいことなのです。

最終日、2020日目となる7月13日は、あいにく現地にはうかがえませんが、まずは無事にゴールが達成されることを祈っております。
ランニング | permalink | comments(0) | - | - | -

1年後に向けた函館マラソンの予習

本来であれば今日は函館マラソン開催日、でしたが、今年の大会は中止、なので、今週末は、函館マラソンに思いを馳せながら、札幌市内を走ってきました。

今年は中止になった函館マラソンですが、今年エントリーしていたランナーは、あらためて参加費を払わなくとも、来年の大会に出られます。1年後には走れるんだ!1年後に楽しみが待っているんだ!と思えば、よし、それに向けて頑張ろう!と、前向きなエネルギーが湧いてくるというものです。

ハーフマラソン大会として長い歴史を持つ函館マラソンにフルマラソンの部ができたのは4年前、2016年のこと。



2016年大会は出ていませんが、当日の朝、たまたま、別の用事で、函館にいました。夜が明けても空は暗く、テントの設置すら難しいのではないかと思うほどの暴風雨。もちろん大会は開催されたのですが、ランナーもボランティアの方も、みんな、大変だったようです。

2016年大会は、北海道新幹線の開業を記念して開催されたこともあり、参加賞は、ランニングバックパックとランニングキャップ(北海道新幹線のイラスト入り!)でした。あの帽子、かぶってる人を見るたび、羨ましくなります。

翌2017年は、エントリーしようかと思ってHクンに相談したら「今回は開催日が後ろにずれてより暑い時期になったからやめたほうがいい」と言われ、エントリーを見送りました。実際に、この年の大会は、前年とは打って変わって真夏の太陽ギラギラの猛暑の大会になりました。函館マラソンは制限時間が厳しいので、ぼくは、もし出ていたなら、完走できなかった可能性大です。

フル化の3回目、一昨年=2018年は、ぼくが初めて参加した大会。



ひどい土砂降りでした。制限時間ぎりぎりでゴールしたぼくは、走っている時間が長かったから終盤では雨が上がったのですが、3時間台でゴールした人は最後までずっと雨だったんじゃないかと思います。

そして去年、2019年は、マラソン課長いわく《過去最高のコンディション》。



函館駅の近くに泊まったので、スタート地点までは市電を利用。市電は臨時もたくさん出してますが、1両に乗れる人数は多くないですから、早すぎるんじゃないかと思うぐらい早めに出たのですが、それでもやっぱり混んでました。



スタートは陸上競技場内。トラックを4分の3周してから外へ。



上の写真で右側に「荷物預かり所入口」の表示が見えますが、これが昨年の函館マラソンで、唯一、残念だったところ。あまりにも時間がかかってスタート間に合わないんじゃないか?と焦ったほどの大行列ができたことは、マラソン課長コラムでお詫びされているので(「荷物預かり所について」2019年8月23日)、次回は改善されるでしょう。

序盤の難所、国鉄戸井線(路盤はできたけれど線路は敷かれなかった「未成線」)跡のルート。地図でみると海沿いのコースなのですが、下の写真のように左右の視界が遮られている場所が多く、海が見える区間はほんのわずかです。小刻みにアップダウンが続くうえに、沿道にこれといった目印もなければ応援もほとんどない一本道。慣れもあるんでしょうけど、ぼくは、北海道マラソンの新川通よりきつかったです。



24km過ぎの谷地頭往復もきつい!市電で立待岬や谷地頭温泉を訪れたことのある方ならわかると思いますが、よくこんなところを電車が走っているなというぐらいの急勾配を、ランナーは、下って、また同じところを戻ってくるのです。去年はちゃんと走りましたが、一昨年は折り返した後の上り坂は歩きました。



30km過ぎから始まる橋地獄(笑)。まずは函館本線の線路を越える跨線橋へ。



函館マラソンの話になると、ぼくはいつもこの話をするんですが、この先、ようやく上がりきったと思ったところで、ランナーが進むコースは右にカーブした後どんどん下っているのに、さらにもっと高いところにある橋の上をランナーが走っていて、最初に見たときは意味わかんなかったです。これから下りに差し掛かるのに、どうして自分より高いところを走っている人がいるのか?え、まさか、あれ、同じレースを走ってるランナーなの?と、函館マラソン最大の衝撃を受けた場所が、ここです。序盤ならまだ許せますが、30kmから31kmの間でこんなところ走らせるのかよ!



その最も高いところの橋=ともえ大橋は、左に函館駅、右に函館港。




ともえ大橋を下ったら、次の上りは七財橋。



上ったらまた下る。



30km過ぎから34kmの手前まで、4キロ弱の間に、跨線橋の上りと下り、ともえ大橋の上りと下り、七財橋の上りと下りと、3つの橋を上って下ることになります。さらに、この先で折り返した後、復路でまた同じコースを辿るのだから、このコースは本当にタフです。

35.8kmの緑の島は、最後のひと踏ん張りに向けて英気を養う場所。



メロン



ひとくち海鮮丼



がごめ昆布入りイカそーめん



冷やし塩ラーメン(煮玉子入り)



残り6キロちょっとなんだから、エイドで休んだりしてないでさっさと走ってゴールしちゃおうと考えるのが普通なんじゃないかと思いますが、函館マラソンは、ここから先がきついですから(さっき来た上って下っての繰り返しをまたやるんだから)、ここにいろんなもの食べられるエイドがあるのは、これで、いいんです。函館マラソンは、完走を目指す前に、まずはここまで関門に引っかかることなく制限時間内に辿り着くことが目標なのです。

折り返して、また、ともえ大橋を上る。



ともえ大橋の上にも、けっこうなアップダウンがあるのがわかります。



ともえ大橋を下りきったところ。



その先の跨線橋を上るところが最後の関門。



これも函館マラソンの話をするときにはよく言うことなのですが、この跨線橋の上り勾配の途中に40km地点があるのです。それで、跨線橋を下ったらあとはもう平地だ!と思うと全然そんなことなくて、最後の競技場に入る手前も、だらだらと上り坂が続くのです。おもしろすぎるぞ函館マラソン!



こんなコースでタイムなんか狙えるわけないんで、関門に引っかからない程度にエイドで時間を使いながらのんびり走るのが函館マラソンの楽しみ方。沿道の応援も温かくて、とても楽しい大会です。



1年後、函館でお会いしましょう!

ランニング | permalink | comments(0) | - | - | -

とりあえずよかった

本日よりJ1再開。4か月以上も前に1試合やっただけだから、気分的には再開というより開幕ですが、だからといって最初の1試合の結果が消えるわけではなく、北海道コンサドーレ札幌は初戦で大敗しているから18チーム中16位、対する横浜FCはJ2から2位で昇格してきたチームだから前年度成績でいうと実質最下位チームとはいえ開幕戦は引き分けで前節終了時は7位、というのが、試合前の状況でした。

観客なしの再開初戦、とりあえず勝ってよかった。

テレビ画面 コンサドーレ2−1横浜FC

試合開始早々に1点目が入ったときは楽勝なんじゃないかと思ったのは横浜FCに正直スマンかった。終わってみれば、ほとんど鈴木武蔵の能力だけで勝ったみたいな試合。ミシャ監督の「アラノ!(アとラとノに濁点を付けたくなるような声)」を聞きながら、最後までドキドキしてました。ついこの間まで降格にびくびくしてた側がこんなこと言うのはおこがましいが、いくら今季は降格がないとはいえ、そこそこの順位にはいたいわけで(あれこれ考えると来季のACL出場権はどうでもいいような気がする)、序盤のアウェー続きで一つぐらいは勝たないといかん、と考えると、やっぱり、この試合が、いちばん、取りやすいわけで。

COVID-19のほうは、札幌は約3か月ぶりに2日続きの新規感染者数ゼロである一方、東京都は不要不急の他県への移動を控えてほしいと言い出すような状態になっていて、不要不急ってなんだよといつも思うんですが(その人にとっては不要でも不急でもないから行くんだと思いますけど)、こういうことになるとやっぱり札幌から東京へは行きづらく、これまたへんな言い方なんだけど、うちの用事もあったんで、2週間前に行っておいてよかったです。

あれは、移動解禁になったから6月19日の飛行機に乗ったのではなく、もともと(正直いえば移動が解禁されようがなんだろうが)6月19日に東京へ行く予定にしていて、そしたらたまたまその日が解禁日だった、というだけです。「さすがオークマさんは政府の機密情報を知ってたんですね」と言われましたが、そんな立場にいるのであればもっとほかのこともいろいろうまくやってます(笑)。

とはいえ、その後、こんな状況になってきましたから、潜伏期間といわれる2週間を過ぎるまでは、なんとなく、落ち着かなかったのですが、これまでのところ何も起きていないので、これも、とりあえずは、よかったです。

Jリーグが観戦可能になっても、しばらくは、テレビかなあ。ゴールが決まっても黙ってなきゃいけないというのは、やっぱり、つまんないし、札幌ドームで5000人なら行きたい人たくさんいるでしょうから、そういう方々に譲ったほうがいいかもと思った本日の再開初戦でありました。

日常 | permalink | comments(0) | - | - | -

本日の買い物

昼下り、たまたまジュンク堂に入って、そうだ、丸山さん(の写真)が載っている「旅行読売」を見ておこうと、旅行雑誌のコーナーに行ったら、旅行読売を手にする前に「国鉄時代」vol62(特集「昭和50年代の上越線」)が目に入ってきちゃって、「国鉄時代」vol62はこれまで(本屋さんで)何度も目にしながらここまで(我慢して)買わずに来たのだから(買わないでおこう)…との思いは、一瞬にして吹き飛んだのでありました。

本の表紙 国鉄時代、旅行読売

「国鉄時代」は、お値段けっして安くないし、資料的な価値は(車両派ではないぼくにとっては)あんまりないし、サイズが大きいからステイホーム後たくさんのものを処分したばかりの(でもまだまだ十分なスペースの確保にはほど遠い)現状にあっては好ましくないブツ、なのですが、それでもこれほど気になるということは、もはや、理屈じゃないんだろうなあ。

生命を維持するためだけであればかならずしもなくても困らないものや、実用性のないものであっても、ときに、生きていくうえで、必要なものとなり得るのです。

理屈じゃないんだの文字が入った写真集

昭和50年代の上越線、というのは、1か月ほど前にこのブログに書いたこの頃で、あのときの目的地は越後中里駅よりも岩原スキー場前駅のほうが近かった(けれど、長岡行きの夜行鈍行は、普通列車とはいいながら岩原スキー場前は通過でした)。

昭和57年5月、当時は長い駅名として有名だった岩原スキー場前駅。

岩原スキー場前駅

今だったらアウトな写真(当時も厳密に言えばアウトですが)。

岩原駅ホーム

さて、昔話はそれぐらいにして、こちらは、旅行読売の目次。

旅行読売の目次

旅行読売の特集は「絶景!日本の夏50選」。全国の美しい夏の風景が並ぶ中にあって、「北の大地を列車が駆ける 北海道鉄道絶景」の選者&撮影者のお一人は、北海道鉄道観光資源研究会でお世話になっている丸山さん。

丸山さん顔写真

そんなわけで、この2冊を手にしてジュンク堂のレジに向かったら、そこにはびっくりするほどの大行列。原因は、レジ袋有料化から3日目、レジでまごつく人が多数いたことで、袋が有料になってるなんてわかってるだろ!と言われればそれまでですが、ぼくも、コンビニのレジ袋有料は意識していたけれど、本屋さんも袋が有料になっているのは(言われてみれば当然のことなんですが)盲点でした。レジに並んでいる途中で、どうしてこんなに行列してるんだ?と、レジの様子を観察して初めて気づいたぐらい。

どうしてかと考えてみるに、コンビニは毎日行くけれど、本屋さんは毎日は行かないですから、本屋さんとマイバッグが結びついてなかったんですね。ぼくも、あの行列で待機することなしにいきなりレジだったら、「袋どうしますか?」と尋ねられてから妙に焦って必要以上の時間を要したのではないかと思います。どうするもこうするも、自分のバッグに入れる、何円か出して袋に入れてもらう、袋なしで持って出る、の、3つの選択肢しかないのですが、想定していない場面に遭遇すると、人は、どぎまぎするものなのです。

「旅行読売」には、第三セクター鉄道等協議会加盟40社の共同企画「鉄印帳」の紹介記事もあります。

鉄印帳の記事

本屋さんで立ち読み、ではなく、ちゃんと、買いましょう。
ちゃんとお金を出して買うことが、出版文化を守ること、ひいては良質な情報の維持につながるのです。

 

旅と鉄道 | permalink | comments(0) | - | - | -

コンサドーレのシーズンチケットは払い戻しに

本日、北海道コンサドーレ札幌から、今季のシーズンチケットは全額払い戻しするとの発表がありました。

(7月3日追記)上記の翌日、払い戻しは「A.全額を現金で払い戻し」「B.払い戻しの権利を放棄してクラブに全額寄附」「C.半額を現金で払い戻し、半額をクラブに寄附する」の3パターンから選べることが発表されました。

これに先立ち、5月30日には「観客数の制限がかかっている間はシーズンチケット利用不可、観客数の制限が外れたら利用可能、シーズン終了後に利用不可試合数相当の金額を払い戻す」との連絡が来てました。今日の発表は、それを変更するものです。

5月30日のお知らせをもらったときは、それはありがたいことではあるものの、リーグ戦が再開した後にまた試合が中止(あるいは無観客の継続)になる可能性もあることを考えると、事務的にはかなり煩雑になることが予想されるわけで、自分が会社側だったらどうするかなあ、なんてことを(頭のトレーニング的に)考えてました。

今年のシーズンチケット

これで、今季は、札幌に来て19年目にして初めて、コンサドーレのシーズンチケットを持たない年=試合を見るためにいちいちチケットを買わねばならない年になることが確定しました。いちいちチケットを買うのはめんどくさいと思ったけど、いまはスマホで完結するんだから(去年のルヴァンカップの決勝戦も紙のチケットは買わなかった)、たいした手間ではないわね。

ということを考えながら、冷蔵庫から東光ストアで買ったサラダチキン出したら、パッケージがコンサドーレカラーではないですか。コンサドーレの正式なフラッグとは赤と黒の位置が逆ですが、試合会場で広げられるビッグフラッグの赤と黒はこういう位置関係です。

サラダチキンのパッケージ

J1再開まで、あと2日。
 
日常 | permalink | comments(2) | - | - | -

2020年の下期が始まる

今日から7月。

ハートランドフェリーのカレンダー、7月と8月は、桃岩です。

カレンダー

これは、やっぱり、礼文島へ行け、ってことだな。

札幌23時発の稚内行き深夜バスはいまだ運休中で運行再開時期は未定のまま。最北への旅は効率が悪いからどうしようか迷うのですが、羽田空港から稚内空港への直行便が今月いっぱい全便欠航であることを思えば、札幌に暮らすぼくがそんなことで文句を言っていては、罰が当たります。

また、たくさん、旅をしましょう。

日常 | permalink | comments(0) | - | - | -

2020年が半分終わる

半年というのは、逢えない恋人に指輪を送るぐらいの時間です。そこからさらに1年半が流れ去ると指にルビーのリングを探すようになるのですが、そんなことはどうでもよろしい。

とにかく、2020年になって、半年が過ぎました。

マラソンのコース上の折り返し点

1月28日、札幌駅。

札幌駅のホームに立つ外国人旅行者

インバウンドはいないものだと思っていたら結構な数の方がいらして、ずいぶんいるねえ、インバウンド減ってもこれなんだから新型肺炎がなかったらすごかったんだろうねえ、などと、いま思えばずいぶんと呑気な、まるで他人事の会話をしてました。

2月17日、さいたま市。

ゴールするわたし

チャレンジ2020の1873日目、42.195kmを一人で走りきり、「これだけ走れれば東京マラソンいけますよ!」と太鼓判を押されて札幌へ帰る途中で、東京マラソンの一般参加中止のニュースを知りました。それでも、この頃は、まだ、みなさん気をつけましょうね、という程度。その次の週末に開幕を迎えたJリーグは、一部で声出し応援の自粛はあったものの、普通に開催されていました。

2月28日、北海道知事が緊急事態宣言。

2月29日の新聞の一面 見出しは緊急事態宣言の見出し

ぼくはその前日が誕生日で、夜は、すすきので食事しました。レストランはがらがら、夜遅くなると人通りもほとんどなかったけれど、お店はみんなやってました。その直前までぼくは予定通りに(東京マラソンがなくても)東京へ行こうと思っていたし(結局は行かなかったのですが)、身内は(この時点でもまだ)海外旅行をやめるかどうか迷ってました(こちらも結局は行かなかった)。

そのぐらいに、まだまだ、危機感は薄かった、とはいえ、イベントの開催が「開催を強行」と報じられるようになってきたのがこの頃で、この辺から、だんだん、世の中が刺々しくなっていったように思います。

そこから4か月。

妙に攻撃的な人が出てきたかと思えば、そこに過剰反応する人も出てきたりで、自分はそんなことは気にせず無視しよう、と考える時点で、もう、気にしているわけです。みんながマスクをしているからマスクをしないといけない圧力が云々、なんて意見を見聞きすると、そういうことじゃないでしょう、他人に感染させちゃいけないからマスクを着用するんでしょうと、そのたびに思ったりすることも、みんな、ストレスになっていて、知らず知らずに、自分の心が蝕まれていく日々。

そりゃあ、疲れますよね。

ある日突然この状況ががらっと変わる、なんてことは、あり得ないのだから、結局のところ、この社会にどう向き合うかは、新しい生活様式がどうこうではなく、自分自身で創り上げていかなければなりません。

そんなことを、フェイスブックの【天塩弥生駅】旅人宿&田舎食堂さんの投稿(2020年6月28日)=《疑心暗鬼になって狼狽えるよりも、お互いに少しだけ気遣いを持つことで、きっと笑顔で気持ち良く過ごすことができると、わたしは思っています。》=を読んで、考えました。



明日から、新しい月、本格的な夏の到来。

また、たくさん、旅をしましょう。

日常 | permalink | comments(0) | - | - | -

ユニクロマスク その後

ユニクロのエアリズムマスクの購入から、今日で3日目。

今日は購入後初めての平日とあって、外を歩いたりデスクワークしたりで、ほぼ終日、着用してましたが、やっぱり、暑いです。札幌は最高気温20℃ちょっと、「えぞ梅雨」っぽくてやや湿度が高いものの、本州に比べればかなり過ごしやすいはず、ですが、ユニクロのマスクは、使い捨てマスクに比べると、かなり、暑いです。

そもそもユニクロのマスクは夏用ではないとのコメントがユニクロさんから出ているようで、それなら夏に着用する場合には暑く感じるのも仕方のないことなのですが、日経電子版の5月23日の記事(有料会員限定)には「ユニクロ、今夏マスク参入 高機能素材で通気性良く」の見出しが付されており、記事本文中には

ユニクロの主力商品である機能性肌着「エアリズム」の素材でマスクを作る。エアリズムは熱気や湿気を放出する働きがある。通気性や速乾性に優れて汗をかいても蒸れにくい。ユニクロの店舗のほか自社のサイトでも販売する

とあったから、ひんやりするところまでは求めていないけれど、エアリズムの下着のような心地よさを想像していたのです。

じゃあダメなのかというと、そんなことはないです。肌に接する面はさらさらしていて、使い捨てマスクのようなごわごわ感はありません。安い使い捨てマスクだとゴム紐が細くて耳の裏が圧迫されますが、ユニクロマスクは一日中着用していてもゴム紐で耳が痛くなることはありません。

1枚あたり363円(消費税込)だから、10回使えば1回36円で、20回使えば18円。ビフォーコロナの頃は耳が痛くならない箱マスクでも50枚入りが500〜600円ほどで買えましたが、いまや耳が痛くなるマスクですらそんなお値段では買えません。

ユニクロのマスクは、なにより、洗濯機で洗えるのが楽です。

ファーストインプレッションであれこれ言ったわりには、お気に入りになりつつあるユニクロのマスクなのでありました。

マスク着用の自撮り

日常 | permalink | comments(0) | - | - | -